2000年代

大林宣彦…肺がんをオプジーボで治療して効果テキメン?!




 

「HOUSEハウス」や「時をかける少女」などの映画監督して知られている「大林宣彦」監督。
そんな大林監督が肺癌(はいがん)を患っているのが判明したのは、2016年8月のことでした。

名前:大林宣彦(おおばやしのぶひこ)
生年月日:1938年1月9日(81歳)
職業:映画監督、長岡造形大学客員教授
出身:広島県尾道市東土堂町
学歴:成城大学文芸学部(中退)




Sponsored Links
 

当初は医師より余命6ヵ月とも3ヵ月とも宣告されていた大林監督…
しかし、その後は病状が一転し、「余命は未定」となったことを2017年5月11日に明らかにしています。

それからさらに時が経過し、2019年4月17日現在も大林監督は存命です。
その理由に大林監督のがん治療にオプジーボを使用したからではないか?という話がありました。

オプジーボとは一般名称を「ニボルマブ」と言い、人が本来持っている免疫力を利用してがんを攻撃・退治する免疫チェックポイント阻害剤のことです。

2018年にノーベル医学生理学賞受賞者した京都大学高等研究院・本庶佑特別教授の研究を基に開発されたのが、このニボルマブ(商品名がオプジーボ)なのです。

オプジーボは2014年に初めて承認されたとき、対象となるのはメラノーマという皮膚がんだけでした。
対象人数が少ないため、薬価は非常に高額に設定されていたのです。

その金額は日本人の男性の平均体重66キログラムの人が1年間投与した場合、月に約300万円という高額の薬価となっていました。
その後、2015年12月にオプジーボは肺がんの治療薬として適応が拡大されます。

肺がんの患者数は多いため、2017年2月の薬価改定時に当初の半額に引き下げられました。
その後も腎細胞がん、頭頸部がん、胃がんなどに適用が広がり、それに応じて薬価も引き下げられたのです。

こうして現在は月に91万円ほどとなりました。
ただ、こちらは薬価(病院で処方される薬の公定価格のこと)で、ここから年齢や所得によって負担割合が変わってきます。

肺がんが明らかになった2016年8月時点で大林監督は75歳以上で通常は1割負担となります。
ただし、現役並み所得者は3割負担となり、現役の映画監督である大林監督の場合、年齢に関わらず3割負担だった可能性もあります。

そうなってくると、肺がんが発覚した2016年8月から2017年2月の改定までの月額はおよそ300万円×3割負担の90万円、2017年2月から「余命は未定」となった2017年5月までの月額はおよそ150万円×3割負担で45万円という計算になります。

ざっくりとですが、負担額は総額で720万円ほどであったのではないでしょうか。
ちなみに、これが1割負担の場合は総額で240万円となります。

数々の名作を手掛けた来た大林監督です。
720万円で余命3カ月が延びるのであれば安いものだと感じていたのかもしれません。

ステージ4まで進行していた大林監督ですが、2017年12月に公開された「花筐(HANAGATAMI)」の撮影と並行して抗がん剤治療が行われました。
そして、この抗がん剤が目覚ましい効果を上げ、監督は順調に撮影や編集作業することができたのです。

がんは完全に治ったわけではないのですが、妻で映画プロデューサーの大林恭子さんは「医学の進歩のおかげで、お薬が効き、奇跡が起きました」とコメントしています。
このことからもオプジーボが使用されたのではないかと推測されます。

とは言え、4ステージであることが判明した際には、「身体がフワっとなって嬉しくなっちゃって」と、その時の心境を表しており、こういった気持ちの持ちようも延命に関係しているのかもしれません。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1988年度)
  2. 坂上忍は飲酒運転事故で山本未来との交際が発覚した?!
  3. 野々村竜太郎の家族(主に母親)って一体どうなってるの?
  4. 飯田覚士…星野敬太郎の元妻・美紀と不倫関係がヤバい?!
  5. 八千草薫…結婚式で語られた夫の言葉

関連記事

  1. 2000年代

    紺野まひる…「夫が亡くなる」という話は完全にガセ?!その理由は…

    元・宝塚歌劇団雪組トップ娘役だった女優の「紺野…

  2. 2000年代

    8.6秒バズーカーの現在と消えた3つの理由をリアルに分析!

    通称「ハチロク」とも呼ばれ、コンビ名「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 桑田佳祐と原由子…子供「祐宜」の出産秘話とは?!
  2. 新田恵利…熱海の家は「伊豆山エリア」or「多賀・網代エリア」…
  3. 紺野美沙子…息子は慶應義塾大学を卒業している?!
  4. 金村義明…息子がキャディを始めたワケとは一体?!
  5. 紺野ぶるま…旦那はオードリー若林似の会社員?!
  6. 佐藤二朗…嫁のルミは息子に「オジサンみたい」と言われたことが…
  7. 清貴…LGBTをカミングアウトして本来の自分を取り戻す?!
  8. つちやかおり…娘(次女)は病気を乗り越えグラフィックを学んで…
  9. 山本譲二…交通事故で全治2ヵ月の重傷を負ったことがある?!
  10. 古尾谷雅人の息子・高藤疾土は父親の名前で再び役者を志す?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    吉沢京子…結婚から離婚の真相とは?
  2. 1990年代

    叶和貴子…白浜雅昭と結婚・離婚を経た現在の様子とは?!
  3. 2000年代

    菊川怜「とくダネ!」卒業後の女性司会者って誰?
  4. 2000年代

    森末慎二…宮古島の住所は島の北側のこんな場所だったの?!
  5. 1990年代

    上原さくら…元旦那と泥沼離婚を経て現在は「東海大」の大学生?!
PAGE TOP