1980年代

清水国明は三度目の正直で離婚した?!





アウトドア愛好者として有名な「清水国明」さん。
独特のコミカルな曲が人気を呼び、1970年代のフォークシーンをリードした清水国明さん・原田伸郎さんのデュオ「あのねのね」としても有名です。
また、私生活では1976年9月に、タヒチで合同結婚式を挙げたことも大きな話題となりました。

名前:清水国明(しみずくにあき)
生年月日:1950年10月15日 (68歳)
職業:タレント、歌手、作家、冒険家、実業家
所属:株式会社 kuniaki.plus
出身:福井県大野郡和泉村(現・大野市)
学歴:京都産業大学法学部



Sponsored Links
 

原田伸郎さんの相手は元モデルの喜美子さん、清水国明さんはタレントとして活躍していたクーコさん(親谷邦子)と結婚しました。

中でも物議を醸したのは清水さんとクーコさんです。
理由は、結婚直後から不仲報道が流れていたからです。

現在アウトドア愛好家として知られる清水さんですが、当時は家にこもって本を読むのが趣味というほどの外出嫌い。
夜になると飲みに行ったり、ディスコに行ったりするクーコさんを「ネオン中毒」と呼んでいました。

最初のうちは主婦業を頑張っていたクーコさんですが、その後、テレビ出演が多くなるにつれ、二人はゴタゴタが絶えないようになっていきます。

そうして1977年秋、クーコさんは清水さんの元を飛び出して別居に踏み切りました。
けれども籍は入ったまま。

郵便受けの名前は「清水」ではなく、旧姓の「親谷」…
さらに「自分なりに全てを整理したつもり」と語ったことで、「離婚を決意」と書き立てられる騒ぎになったのです。

当時、清水さんには歌手の松本ちえこさんとの熱愛報道も流れていました。
しかし、クーコさんは「浮気だなんてとんでもない。原因は私のわがままです」と否定しています。

その後、しばらく大きな動きはなかったのですが、別居から2年が過ぎた1979年11月2日。
「あのねのね」の清水さんと原田さんは何と前代未聞の「同時電撃離婚会見」開いたのです。

吉祥寺のディスコで行われた新曲発表会で清水さんは「清水夫妻と原田夫妻、両方とも離婚します」と宣言しました。
「もっと悲しそうな顔せえ。離婚発表なんやから」と、清水さんは原田さんに声をかけていたのです。

会見には「私も仲間に入っていいかしら」とクーコさんも参加。
清水さんは「我々は新婚旅行をタヒチでやったんですわ。離婚旅行もタヒチでやりたいと思ってます」と発言しました。

「本当に別れるつもりなんですか?新曲の宣伝ではないですか?」という質問には「それもあります」と答えた清水さん。
マスコミは半ばあきれながら会場を後にしたと言います。

離婚会見は1982年5月にも開かれました。
今度は金屏風を背にマリンルックで現れた2人。

「もう3年前から夫婦関係はない」と語る清水さんに、「私も毎晩フラフラ遊んでるし」と返すクーコさん。

「周りから祝福されて一緒になったので、別れる時もみんなの意見を聞いて」という二人は、テレビで自分たちの現状を語った上で、離婚した方がいいかどうかを視聴者に尋ねて、署名が100人集まったら離婚すると宣言していたのですが、この時も離婚届は提出されませんでした。

冗談とも本気ともつかない離婚劇に終止符が打たれたのは1982年9月のことです。
六本木のディスコで24日に開かれたクーコさんの30歳の誕生パーティーに現れた清水さん(当時31歳)は、「(誕生日)プレゼントは何がいいかと考えたんですが、一番のお祝いだと思って今日の4時に離婚届を出してきました」とスピーチしたのです。

会場からは「ダマされんぞ」という声も飛んだのですが、その時が正真正銘の正式離婚でした。

その後は友人として付き合いが続き、1991年にクーコさんが子宮頚癌で倒れた時には、亡くなる前に清水さんは何度も見舞いに訪れて元気づけたといいます。

クーコさんは享年38歳。
葬儀の喪主は清水さんが務めました。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 加納典明が写真集「きクぜ!2」で逮捕された真相は如何に?!
  2. なべやかん…替え玉受験の真相と現在
  3. 荒牧陽子…干された理由と現在の活動状況は?
  4. たかまつなな…父親は創価学会ではない?!実家(高松家)の驚くべき家系
  5. 清原和博…母が難病!病名はアルツハイマーだけじゃなかった!?

関連記事

  1. 1980年代

    シャネルズ…なぜ2か月間も活動停止したのか?!

    22年にわたり活動を休止している音楽バンドのラッツ&スター(R…

  2. 1980年代

    武田久美子・近藤真彦の「ハイティーン・ブギ」の裏側

    武田久美子さんと言えば、東京大学アイド…

  3. 1980年代

    甲斐バンド…1986年の解散理由に感動させられる件

    1974年のシングル曲「バス通り」でデ…

  4. 1980年代

    MALTA(サックス奏者)…4度の離婚と5回の結婚の経緯とは?!

    有名なサックス演奏者である「MALTA(マルタ)」さん。かつては若…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    宝生舞…女優引退後に結婚、今は何をしている?
  2. 1970年代

    桃井かおり…つかこうへいとの結婚を破棄した理由とは?
  3. 2000年代

    瀬戸内寂聴…秘書が辞めた意外な理由とは?!
  4. 2000年代

    松嶋菜々子と反町隆史…結婚会見の服装もラフで淡白すぎた件
  5. 1970年代

    樫山文枝…夫・綿引勝彦との馴れ初めと極秘結婚の秘話とは?!
PAGE TOP