2000年代

佐良直美…現在は認知症を患っているという話は完全にガセ?!





歌手として1967年にデビューし、デビュー曲の「世界は二人のために」で、第9回日本レコード大賞の新人賞を受賞…
1969年の「いいじゃないの幸せならば」で第11回日本レコード大賞を受賞し、史上初、女性歌手として日本レコード大賞の新人賞・大賞を両方受賞したのが「佐良直美」さんです。

そんな佐良さんをインターネットで検索してみると、「佐良直美 現在 認知症」というキーワードが出てくることがあります。
言葉通りの意味であれば、現在、佐良さんが認知症を患っているという話になりますが…
この真相は事実なのでしょうか?

名前:佐良直美(さがらなおみ)
出生名:山口納堡子(やまぐちなほこ)
生年月日:1945年1月10日(74歳)
職業:歌手、タレント、女優、作曲家、実業家
出身:東京都
学歴:日本大学藝術学部




Sponsored Links
 

佐良直美…デビューから現在の活動まで

1971年には独立した佐良直美さんは、(株)佐良直美音楽事務所を設立し、歌手だけでなく、作曲家やタレントとして活動の幅を広げていきました。

しかし、1978年に師匠と仰いでいたジャズ歌手の水島早苗さんが亡くなります。
また、1980年にタレントのキャッシー(森栖キャサリン)さんとのスキャンダル報道がされてから次第にメディアから離れていきました。

それでもしばらく歌手活動はしていましたが、1987年頃からは声帯ポリープの手術で1年ほど声が出なくなったり、実家の事業を手伝うようになったことで、歌手活動も含めて芸能活動は長期休業…
佐良さんは表舞台から完全に姿を消してしまいました。

その後の佐良さんは、1993年からは、栃木県那須塩原市で家庭犬のしつけ教室「アニマルファンスィアーズクラブ(AFC)」を主宰します。
アメリカから一流の講師を招き、犬を中心に動物に関するセミナーを開催したり、動物愛護の啓蒙に貢献しました。
同時に優良家庭犬普及協会専務理事をも務めています。

そもそも、なぜ、佐良さんが歌手やタレントから一変して、家庭犬のしつけ教室を始めることになったのか?…
それは彼女が育った環境にありました。

佐良さんは動物好きの一家に生まれ、「猫が乳母、犬がきょうだい」というような環境で育ったと言います。
歌手として各地を飛び回っていた時にも、巡業先で捨て犬を拾って来たことも一度や二度ではありませんでした。

佐良さんは歌手活動を休業した後は、ペット用品の輸入・販売の事業を手がけたのですが、売れるのは、動物の健康よりファッション性を重視した商品ばかりでした。
一方で東京から移り住んだ那須では、自宅の敷地に犬や猫が捨てられるのが後を絶ちません…
そんな状況にも憤りを感じていました。

そうして佐良さんは「飼い主に正しい知識を持ってもらい、意識を向上させるための教育が必要」と考えに行きつき、現在も運営している「しつけ教室」を開くことになったのです。




Sponsored Links
 

佐良直美…現在は認知症だという話は完全にガセ?!

さて、肝心の佐良さんが現在、認知症を患っているか?という点ですが、それはこのアニマルファンスィアーズクラブ(AFC)での活動から読み解くことができます。

2011年頃の記事によると、佐良さんは犬の散歩のために毎日1万歩は歩いているそうで、ボールを投げて犬と遊ぶ身のこなしは、還暦を過ぎたとは思えない軽やかさだったと言います。
また、アニマルファンスィアーズクラブのホームページには代表者と動物取扱葉青任者に佐良さんの名前がしっかりとあります。

最近でも2018年8月2日には、日本海側最大級の動物系総合専門学校・職業実践専門課程認定校である「国際ペットワールド専門学校(WaN)」がアニマルファンスィアーズクラブに研修に来ています。

WaNのホームページによると、「施設の代表である佐良直美先生から犬に関する様々なお話をお聞きしました。」との記載があり、写真では11人の生徒さんの前で佐良さんが話をしている写真が掲載されていました。

これらのことからも、佐良さんが現在、認知症を患っているという話は完全にガセであることが証明されたかと思います。
認知症の人が毎日犬と1万歩も歩いたり、ボール遊びをしたり、さらには会社の代表や責任者として名前が掲載されていることなど中々ないことだと思います。
まして、生徒の前で授業・講演を行うなどできるとは到底思えません。

以上から、佐良直美…現在は認知症を患っているという話は完全にガセだと考えられます。

さて、そんな佐良さんは最近になって、バラエティー番組に出演したり、音楽活動を再開したリと、少しずつメディア露出が増えて来ています。
2013年で74歳となる佐良さんですが、まだまだ認知症とは程遠いようですね。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 俳優・谷川功…遠藤要に六本木のバーでボコボコにされてはいない?!
  2. 松原桃太郎(元CHA-CHA)…番組収録中に盗塁して骨折したことがある?!
  3. 飯島愛…死の真相は未だ明らかにならず
  4. なべやかん…替え玉受験の真相と現在
  5. 堤大二郎…ロケ中の自動車事故の真相とは?

関連記事

  1. 2000年代

    にしおかすみこ…干された理由と現在について

    2000年代にSM女王様風のボンデージ…

  2. 2000年代

    中川礼二の「生涯禁酒」宣言は何処に?

    2001年のM-1グランプリ初代王者……

  3. 2000年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(2001年度)

    メジャーリーグ・レッドソックスの野茂英雄さんが…

  4. 2000年代

    大野愛友佳…グループ脱退理由はこの3つだったの?!

    幼い頃から子役タレントとして活動してい…

  5. 2000年代

    西城秀樹…脳梗塞の再発や後遺症を経て

    絶唱型の独特の歌唱法と激しいアクションで一時代…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 橋幸夫…占いに基づいて15億円の豪邸を新築したことがある?!…
  2. 西川のりお…暴露本を出して前田五郎に訴えられそうになった?!…
  3. 紳助・竜介…解散会見で引退理由はどのように語られた?!
  4. 人見きよし…家族に看取られて心不全でこの世から去る
  5. 浅沼正人(Johnny)…妻・世津子との馴れ初めから結婚まで…
  6. 藤田弓子…夫の河野洋との馴れ初めから結婚まで
  7. 鳳啓助…元嫁(鏡子)に勝手に離婚届を出されていた?!
  8. シャネルズ…なぜ2か月間も活動停止したのか?!
  9. 島田洋七…目薬と水虫薬を間違えて失明の危機に陥ったことがある…
  10. 左とん平…過去に賭博容疑で逮捕されたことがあった?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    紺野美沙子…息子は慶應義塾大学を卒業している?!
  2. 1980年代

    萩原健一…倍賞美津子の前でカメラマンに殴りかかる?!
  3. 2000年代

    木佐彩子…石井一久との馴れ初めから結婚に至るまで
  4. 1980年代

    三宅裕司…嫁・正子との婚約会見と馴れ初めとは?!
  5. 2000年代

    冠二郎が患った虚血性心不全とはどんな病気だったのか?!
PAGE TOP