1980年代

志村けんとビートたけしの有名な美談はガセだった?!





日本のお笑い会の大御所、「志村けん」さんと「ビートたけし」さん…
誰もが知るお二人ですが、過去に志村けんさんがビートたけしさんを救った、という二人の感動的な友情話(美談)が急速に広まりました。
その美談はどのようなもので、本当の話だったのでしょうか?

名前:志村けん(しむらけん)
本名:志村康徳(しむらやすのり)
生年月日:1950年2月20日(68歳)
職業:コメディアン、お笑いタレント、司会者
所属:イザワオフィス
出身:東京都東村山市

囲み枠名前:ビートたけし
本名:北野武(きたのたけし)
生年月日:1947年1月18日(71歳)
職業:お笑いタレント、俳優、映画監督
所属:オフィス北野
出身:東京都足立区島根




Sponsored Links
 

2013年ごろネット上で急速に広まったのが「志村けんとビートたけしの友情」…
美談の内容とは、1986年のフライデー襲撃事件の直後、謹慎し収入が無くなったビートたけしさん、およびその家族と軍団の生活費3億円を志村けんさんが負担したというものです。

当時ビートたけしさんと志村けんさんは、「カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ」と「オレたちひょうきん族」という土曜のゴールデンタイムで視聴率を争うライバル関係でした。
それにもかかわらず志村さんは、あえてたけしさんを支援しました。

謹慎がとけ、たけしさんがそのお金を返済しようとすると、志村さんはこれを断り、こう言ったそうです。
「お金は返さなくてもいい、これからもお笑いをやってください。ライバルでいてほしい」と。
この話がFacebookに紹介されたときには、13万人以上が「いいね!」を付けており、出典はたけしさんの著書とされていました。

しかし、これが根も葉もないデマだったということが、当事者の1人であるグレード義太夫さんから明かされたのです。
これはいったいどういうことなのでしょうか。

以前、こんな美談が流布されていました。
以下の美談を変容したものが、今回の話ではないでしょうか?

1981年、ザ・ドリフターズが窮地に陥ったことがあります。
仲本工事さんと志村けんさんが賭博で逮捕され、ドリフターズがテレビに出られなくなる可能性が浮上し、リーダーのいかりや長介さんも「8時だョ!全員集合」の打ち切りの覚悟を決めていました。

しかし、当時ライバルだった萩本欽一さんが「絶対にやめちゃいけない。辞めるんだったら僕も一緒に全員集合の最終回に出て大暴れする。そして一緒に芸能界を引退する」と言ってくれたのです。

この言葉に感動したいかりやさんはドリフターズの活動を続ける決意を新たにしたのだといいます。
この話はいかりや長介さんの著作「だめだこりゃ」にも登場しており、こちらはおそらく実話だったと思われます。

いかがでしょうか?…
志村さんが欽ちゃんに、たけしさんがいかりやさんに入れ替わってはいますが、著作からの引用という設定、お笑いタレントがライバルを助けるという物語展開がまったく同じなのです。

この話を記憶違いで覚えていた人が流した結果、騒動につながったのではないでしょうか。

いったい、なぜこのような説が飛び出たのか不明ですが、考えてみればフライデー襲撃事件前後のたけしさんはテレビに出ない日はないほどの売れっ子でした。
そのため、フライデー編集部から損害賠償を求められない限り、お金にはさほど困っていなかったと思われ、よくよく考えれば怪しい話とわかるはずです。

しかし、たけしさん自身がフライデー襲撃事件後にチラッと「引退」の二文字が頭をよぎったのは事実であり、一緒にフライデーへ突撃したたけし軍団のメンバーには「責任もって一生お前らを食って行かせる」と語ったのは事実であるといいます。
志村けんさんとたけしさんの美談はデマでしたが、ビートたけしさんとたけし軍団の友情に偽りはなかったようですね。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 布袋寅泰…妻・今井美樹の父親の葬儀で大怪我する?!
  2. 清原和博…自宅の広尾マンションは「サマセット麻布イースト」だった!
  3. 市川猿翁と元妻・浜木綿子…45年前の離婚劇の真実
  4. 松崎しげるの「国際免許無効」の真相とは?
  5. 長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1978年度)

関連記事

  1. 1980年代

    宮川大助・花子の闘病の日々

    夫婦漫才の大御所といえば、「宮川大助・花子」さ…

  2. 1980年代

    黛ジュン…デビューから現在までを振り返る

    1983年、ゴールデンウィーク初日の4月29日…

  3. 1980年代

    たこ八郎…死因とあき竹城の最後の言葉

    1985年7月、元プロボクサーでコメディアンの…

  4. 1980年代

    藤真利子…マッチ(近藤真彦)との親密な関係?!

    純文学から中間小説…エンターテイメントまで…

  5. 1980年代

    マリアン…現在は娘「ERICA」と「AMI」の裏方として活動している?!

    1980年代に人形のような可愛らしい外見にと、…

  6. 1980年代

    藤谷美和子…現在は小田原市内で徘徊している?!

    1978年に放送された人気学園ドラマ「ゆうひが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    北大路欣也…父・市川右太衛門の老人ホーム入居騒動の真相
  2. 1970年代

    加山雄三…父・上原謙と共にホテルの経営破たんに頭を悩ませた日々
  3. 1970年代

    松任谷由実…夫・松任谷正隆との結婚までの馴れ初め
  4. 2000年代

    尾崎亜衣…彼氏との関係と今後の姉妹の活動について
  5. 1980年代

    黛ジュン…デビューから現在までを振り返る
PAGE TOP