1990年代

美川憲一…自動車事故にあって顔に6針縫う怪我をする?!




 

シャンソン歌手でタレントの「美川憲一」さん。
過去には所属事務所が空き巣に入られたり、パリの高級ブティックでバッグを盗まれた(芸能界史上最高額)と、様々な被害にあっている美川さんですが、実は1991年に自動車事故にあって、顔に6針も縫う怪我をしたことがあったのです。

名前:美川憲一(みかわけんいち)
本名:百瀬由一(ももせよしかず)
生年月日:1946年5月15日(74歳)
職業:演歌歌手、俳優、タレント、シャンソン歌手
出身:長野県諏訪市
所属:株式会社オフィス・ミカワ
学歴:東宝芸能学校




Sponsored Links
 

事故は1991年2月8日、21時50分頃に起きました。
場所は東京都港区芝公園4丁目の交差点で、美川憲一さんが乗っていたロールスロイスと乗用車が正面衝突したのです。

この日、美川さんは千葉県八千代市でのコンサートを終え、東京都目黒にある自宅へ向かう途中でした。
美川さんの白いリムジン型ロールスロイス(約3500万円)を運転していたのは、美川さんのマネージャーを務めていた今村良久さんです。

車は芝公園の交差点を日比谷方面へと向かうところでした。
時速は約40キロほどで、信号は青だったのです。

そこへ反対方向から直進してきた23歳の会社員が運転する国産車が強引に右折…
美川さんの車とほぼ正面から激突したです。

運転していた今村さんは、咄嗟に左へハンドルを切ったのですが間に合わず、2台の車はそのまま一緒に横滑りして、歩道のガードレールを突き破り、電柱に激突してようやく止まりました。
美川さんのロールスロイスは前部が大破し、フロントガラスは粉々に砕け散ってしまうという凄まじさだったのです。

美川さんと今村さんの2人は、救急車で近くの広尾病院へ運ばれましたが、今村さんは前歯を2本折り、美川さんは頸椎捻挫と、唇の左側部分と鼻の間を6針も縫う裂傷でした。

事故を担当した愛宕署では、相手の会社員が対向車をよく確認せず、前方不注意のまま右折しようとしたため起こった事故だと判断しています。
一方で金曜日であったにもかかわらず、事故の起きた時間は人も少なく、交通量も少なかったため大事に至らなかったものの、一つ間違えば大惨事になりかねなかったと語っていました。

美川さんは一夜あけた2月9日、東京女子医大病院で精密検査を受けたところ、レントゲン検査でも異常は見られず、不幸中の幸いだったと胸をなでおろしたのです。
また、事故当時のことをこのようにコメントしていました。

とにかくビックリしたわよ。うちのマネージャーの眼鏡は飛んじゃって前が見えなくなって、電信柱にぶつかってやっと止まったのよ。目の前に電信柱が迫ったときは、いくらあたしが気丈だといっても震えが止まらなかったわ

美川さんはロールスロイスの後部座席に、横座りの状態でいました。
実はたまたま自動車電話を取ろうと腰を浮かしたところ、正面から車がぶつかってくるのが見え、一瞬身構えたのです。
これが功を奏しました。

衝突のショックで体が投げ出されて、前の座席に顔を激しくぶつけ、腹部も強打しましたが、無防備のままよりも対応が一瞬早くできたのです。

とは言え、事故の当夜は痛みと精神的ショックで、一睡もできなかった美川さん。

顔のキズが残るかしらとか、打ったところの筋肉が痛くて、それに熱っぽいし、そりゃあ心配したわよ。まあ唇の下だからドーランで誤魔化そうと思えば誤魔化せるんだけど、ステージじゃわかんなくてもドラマがあるから…

と語った美川さんは事故の翌日、目深にかぶった帽子とサングラス、さらに大きなマスクで顔全体を隠して、東京女子医大病院を訪れ検査を受けました。

当時の美川さん人と言えば、今以上に人気絶頂で休む暇もない状況でした。
この事故で2月13日までの仕事6本をキャンセルしなければならなくなったのです。

中でもものまねタレントのコロッケさんとのジョイントコンサートが3本も入っていました。
しかし事故で出演ができなくなり、相棒のコロッケさんは「姉に何があったときは妹が頑張らなくっちゃ」とコンサート中止の声をよそに、福岡県浮羽郡浮羽町の町民ホールでの、「美川憲一&コロッケ仲良しコンサート」の昼夜2回公演を一人で受け持ったのです。

このステージでコロッケさんは、

お姉さんが交通事故で10日ほどお休みします。昨日、会ってきたんですが元気そうなんで安心してください。そうそう、「ごめんなさいねえ~」(美川さんのモノマネ)と言ってました

と客席に挨拶しました。

コロッケさん、美川さんからもらったという紫色のスパンコールの上着を着て、美川さんの大ヒット曲「さそり座の女」を披露したり、自転車に乗って「タンスにゴン」(大日本除虫菊・金鳥)のCMを再現したりと、一人で合計4時間の舞台を盛り上げたのです。

コンサートが終わった後には、

2人はそろって初めてつがいですからね。これから先も2人でやっていくんですから。こういう時にこそ、妹が家財道具を売り払ってでも頑張らなくっちゃ。美川さんには、「安心して休んでいてください」と言ってきました。とにかく大先輩の美川さんには1日も早く治って舞台に立って欲しいです、と今はそれだけですね

と語っていました。






Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 小川菜摘と浜田雅功…馴れ初めと結婚式のエピソード
  2. 麻美ゆま…デビューまでの経緯と癌(境界悪性卵巣腫瘍)からの復帰
  3. 松原桃太郎(元CHA-CHA)…番組収録中に盗塁して骨折したことがある?!
  4. 泉浩…仕事場は大田市場の大都魚類株式会社(卸業者)なの?!
  5. 長者番付からわかる芸能人の年収(2003年度)

関連記事

  1. 1990年代

    上嶋祐佳(岡田祐佳)の病気とこれからの活動

    「上嶋祐佳(岡田祐佳)」さんと言えば、…

  2. 1990年代

    城達也…ジェットストリームの最終回で語った言葉とは?

    甘い声が魅力で「プラチナの低音」と呼ば…

  3. 1990年代

    奈美悦子…乳首の手術で損害賠償に訴え出る?!

    1996年におきた前代未聞の芸能ゴシッ…

  4. 1990年代

    羽生善治と畠田理恵の馴れ初めと結婚式の裏話

    将棋界の7冠を制覇して注目の人だった棋士の「羽生善治」さん(当時25歳…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    ドリーミングの寺田千代・嘉代は1963年1月8日生まれ?
  2. 1980年代

    堀江しのぶ…死因の「スキルス性胃がん」を知らずにこの世を去る
  3. 1990年代

    山崎浩子…統一教会脱退後の今はスポーツライター?!
  4. 2000年代

    西城秀樹…脳梗塞の再発や後遺症を経て
  5. 1980年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1985年度)
PAGE TOP