1960年代

佐藤慶の「一夫多妻宣言」とは何だったのか?




 

先祖代々会津藩士で、戊辰戦争に敗れて漆器材料の卸商を営んでいた佐藤家…
そんな家系に生まれたのが「佐藤慶」さんでした。

佐藤さんは過去にあることをきっかけに「一夫多妻宣言」をしています。
それには一体どのような背景があったのでしょうか。

名前:佐藤慶(さとうけい)
本名:佐藤慶之助(さとうけいのすけ)
生年月日:1928年12月21日~2010年5月2日(享年81歳)
職業:俳優、ナレーター
出生地:福島県会津若松市
学歴:福島県立会津工業学校染織科



Sponsored Links
 

1996年5月10日に佐藤さんに関係するある事件が起きます…
午前10時30分に東京・南青山のアパートから女性が飛び出しテラスで倒れました。

向かいの家で掃除をしていた人が気づき、119番…
救急車が駆けつけたものの、本人が「もう大丈夫」と言ったので、一旦は引き揚げたのでした。

しかし、その晩の19時30分、友人と名乗る人物から「やはり容体がおかしい」と通報があり再び救急車が出動…
女性は渋谷病院に搬送され入院することとなりました。

病名は一酸化炭素中毒…
この女性は部屋でガス栓を開き、自殺を図っていたのです。

幸い症状は軽く、2日後に退院…
女性は大阪の高級バーの元ママで、Iさん(当時28歳)で、前月から妻子ある俳優の佐藤慶(当時40歳)さんの子どもを妊娠していると報じられ、芸能マスコミが騒がせていた人物でもありました。

佐藤さんがIさんと出会ったのは3年前NHKのドラマの仕事で大阪を訪れた際…
たまたま北新町のバーに入ったのがきっかけでした。

何度か店に顔を出しているうち、2人は男女の関係になったのです。
最初の出会いから2年数カ月が経過した頃に妊娠がわかり、Iさんは店を閉め上京しました。

女性誌のインタビューで佐藤さんは「カミさん以外に女がいて、どうしていけないのかな。ボクにはわからない。」と答えました。
すると、女性誌は「佐藤慶の一夫多妻宣言」と報じたのです。

佐藤さんは俳優になる前、故郷の会津若松市役所で戸籍係を務めていました。
婚姻届や離婚届を受け付けながら、「こんな紙切れ一枚で男と女がくっついたり別れたりするのはナンセンス」といつも考えていたといいます。

また佐藤さんは役所勤め時代に、妻となるナホ子さんと知り合っています。
そうして間もなく、佐藤さんは俳優を目指し上京…
銀行勤めをしていたナホ子さんも東京に転勤なり、同棲生活を始めたのでした。

そして不本意ながら婚姻届を提出…
佐藤さんはそれを「契約結婚」と呼んでいました。

佐藤さんは「子どもは生理的に嫌い」と公言していた人物でもあります。
ナホ子夫人の妊娠が判明した際も産むことに反対していました。

しかし夫人は「何か起こったら私には何も残らない。あなたとの愛の証しにせめて子どもだけは産んでおきたい。」と譲らず、佐藤さんも同意するしかありませんでした。

このような背景があり、Iさんが「産みたい」と言った時も佐藤さんは反対したのです。
しかし、Iさんもナホ子さんと同様の理由で頑なでした…
何度も話し合った末、佐藤さんが折れたのです。

雑誌記者から「奥さんとIさんと両立する試算は?」と問われ、佐藤さんはこう答えました。

仲良くするということでしょう。彼女が子どもを連れて僕の家に遊びに来てもいいし。人間はみな兄弟みたいなものだもの…

さらに佐藤さんは、

両立できる自信はあったが、こうしてあなたたちマスコミが外から邪魔をした今は別

と続けたのです。

自殺未遂を起こし、入院したIさんは渋谷病院を退院すると、その足で横浜病院に向かいました。
妊娠中絶の手術を受けるためでした。
以降、Iさんの消息は不明となります。

その後もニヒルな性格の俳優として活躍した佐藤さんは2010年5月、肺炎のため都内の病院で81歳で亡くなっています。
2009年に公開された映画「カイジ 人生逆転ゲーム」(2008年11月収録)への出演が佐藤さんの遺作となりました。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 吉幾三…嫁の寿佐子と10年目の結婚式を津軽で挙げる?!
  2. 田中裕子…沢田研二との出会いと馴れ初め
  3. 眉村卓…娘の村上知子が「妻に捧げた1778話」を解説する?!
  4. 今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで
  5. 鈴木麻奈美…業界を卒業した現在は実業家に転身している?!

関連記事

  1. 1960年代

    若尾文子の泥沼離婚騒動の真相とは?…

    日本映画を代表する正統派美人女優として活躍し、近年は犬のカイくんの母親…

  2. 1960年代

    小森和子…若い頃の驚くべき男性遍歴と武勇伝?!

    愛称は「(小森の)おばちゃま」…92歳で亡…

  3. 1960年代

    石立鉄男と吉村実子…別居から離婚までの30年間

    以前よりウワサのあった「石立鉄男」さん…

  4. 1960年代

    藤山寛美が松竹新喜劇を除籍された驚くべき理由とは?

    アホを演じさせたらこの人を超える役者は今もいな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2010年代

    栞菜智世(本名:生田若菜)の大学はフェリス!?
  2. 1990年代

    酒井法子と野島伸司の熱愛から破局…その原因とは?
  3. 1980年代

    若原瞳…元夫・ビンセントとの離婚理由は何だったのか?!
  4. 1980年代

    中森明菜…盗難事件で300万円の被害にあったことがある?!
  5. 1970年代

    欧陽菲菲…夫・式場壮吉との馴れ初めと結婚を振り返る
PAGE TOP