1980年代

志垣太郎…嫁・白坂紀子との馴れ初めから結婚




 

テレビドラマ“おれは男だ!”や“あかんたれ”などに出演していた俳優の「志垣太郎」さん。
プライベートでは、1985年に元・女優の白坂紀子さんと結婚しています。

さて、そんな志垣さんと嫁の白坂さんの結婚や馴れ初めには、どのような経緯があったのでしょうか。

名前:志垣太郎(しがきたろう)
本名:河村稔
生年月日:1951年9月22日(67歳)
職業:俳優、声優
所属:オスカープロモーション
出身:東京都大田区山王
学歴:日本大学藝術学部




Sponsored Links
 

志垣太郎さん(当時33歳)が、3年越しの恋を実らせて、当時テレビタレントだった白坂紀子さん(27歳)と結婚したのは1985年6月のことでした。

2人の出会いは1982年3月、テレビドラマ「水戸黄門」(TBS系)の京都ロケで一緒になった時に、志垣さんが一目惚れしたことがきっかけでだったのです。

前から「夕やけロンちゃん」(TBSの児童向けワイドショー)の司会をしてた彼女を見て、感じのいい子だと思ってたんです。たまたま「水戸黄門」で会ったんで「君と話たいな」ってアプローチしました。下心があって声をかける男性が一杯いたみたいで、最初は僕もそんな目で見られたんじゃないかな。3、4回話したり電話をかけたりして、1ヵ月後にやっと初デートに漕ぎつけました。付き合ってみると、明るい性格で常識もきちんとあるし、すごく聞き上手なんですね。お互いに異性交際を古風に考えているところも共通で、これはウマが合いそうだと自信を持ったんです。

と、志垣さんは2人の馴れ初めに関して語っていました。

一方の白坂さんはと言えばプレイボーイの噂もあった志垣さんに警戒心を抱いていたのですが、押しと熱心さに負けて電話番号を教え、なりゆきでデートに応じたのです。

六本木でお寿司を食べたんですが、楽しくて気さくな人だし、意外と真面目なんですよね。私の頭にあったイメージと違うんだなって、彼を見直しちゃって…

と語る白坂さん。

こうして2人はデートを重ね、志垣さんはその度に白坂さんを調布の自宅まで送り届けていました。
しかし毎回だと、青山から調布まで大変なので、そのうち家へ着いたら電話するようになったと言います。

志垣さんは2人の交際から結婚までに関して、

2人とも割りと淡々としてましたね。カーッと燃え上がるんじゃなくて、水の流れるような感じだった。余計なことは言わずに彼女は僕について来てくれました。キッチンでまな板の音をトントンとさせながら食事を作ってくれる時なんか、しみじみ「いいなァ」と思ったりして。結婚を焦らなかった僕が、やっと相手が欲しくなった時期に、たまたま彼女と出会ったんですよ。

とコメントしています。

プロポーズしたのは、1984年12月24日のクリスマス·イブでした。
その日は、白坂さんが志垣さんの部屋へ遊びに行き、2人で料理を作っていたのです。

部屋を暗くしてキャンドルに火を灯し、ワインで乾杯…
その時、志垣さんから「来年は一緒になろうね」とプロポーズされ、白坂さんは何となくニコニコしながら「そうね」と頷きました。

そうして、翌年の元日には双方の親に挨拶をしに行き、白坂さんの誕生日でもある1月10日に、志垣さんからイニシャルを入れたリングをプレゼントされたのです。
白坂さんの本名である“朱実”のAや志垣さんの本名“稔”に加え、日付である「’85.1.10」が彫られていました。

他にも志垣さんはコートを送ったりしましたが、白坂さんが一番喜んでくれたのは志垣さんが旅行先のサイパンからくれた絵ハガキだと言います。
「人に手紙を書いた経験は1度もなかった」という志垣さんが、1週間に8通も手紙を送って来てくれたことに感動したのでした。

2人とも血液型は0型で、彼女も芯は強いはずだけど、100円のローソクを僕が買ってきても無邪気に喜ぶみたいなところがあるんです。役者としての僕をきちんと把握してくれるし、人前では出しゃばらずに、ちゃんと僕を立てる。彼女だって最初から、僕と結婚する予感があったんじゃないですか。

と語る志垣さん。

結婚式は志垣さんが誕生日を迎える1985年の9月と考えていた2人でしたが、双方の両親が「なるべく早い方がいい」という意見があり、前倒しで6月になりました。

クリスチャンの志垣さんが選んだ式場は教会で、披露宴はホテルニューオータニのクリスタルルーム。
新婚旅行はハワイにしました。
1988年5月13日には、俳優として活躍している長男の匠(たくみ)さんが生まれています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 倉沢淳美…握手会でファンに襲われてから現在まで
  2. 松方弘樹…仁科亜季子との結婚から離婚に至るまで
  3. 近藤真彦…母の遺骨盗難事件の真相や犯人は?!
  4. 勝新太郎…「影武者」降板の原因は何だったのか?!
  5. 三浦浩一の息子(長男・次男・三男)がこれから大活躍?!

関連記事

  1. 1980年代

    さだまさし…借金の理由と完済までの日々を振り返る

    ファンとスタッフの間では「まっさん」の…

  2. 1980年代

    佐々木つとむ殺人事件の経緯や真相とは何だったのか?!

    ものまねタレントの神奈月さんの師匠で、はたけん…

  3. 1980年代

    武田久美子・近藤真彦の「ハイティーン・ブギ」の裏側

    武田久美子さんと言えば、東京大学アイド…

  4. 1980年代

    水原茂(元監督)…弟子・長嶋茂雄に見送られこの世を去る

    プロ野球界において巨人の第2期黄金時代…

  5. 1980年代

    奥村雄大…座頭市での事故を経て現在は110キロの巨漢に?!

    座頭市シリーズといえば、「勝新太郎」さんのライ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 佐々木太一が合格したウィスキー最難度の試験MWとは?!
  2. 式守与之吉…休場の原因となった「ギラン・バレー症候群」とは?…
  3. 柴俊夫…嫁の真野響子との馴れ初めや結婚会見のサプライズとは?…
  4. 水原茂(元監督)…弟子・長嶋茂雄に見送られこの世を去る
  5. シャネルズ(CHANELS)改名の理由にシャネルは関係なかっ…
  6. 岡田彰布…嫁の大関陽子とは知り合って2ヵ月で結婚していた?!…
  7. 大林宣彦…肺がんをオプジーボで治療して効果テキメン?!
  8. さいたまんぞう…現在やっている野球審判のギャラっていくらなの…
  9. なかむらみなみ(ラッパー)…衝撃的な過去から現在まで
  10. 藤村有弘…天涯孤独の中、死去する?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    菅野美穂…なぜ「ヌーディ」発売で号泣したのか?
  2. 2000年代

    一柳亜矢子アナウンサー…バツ2から3度目の結婚相手Tまでの経緯
  3. 1970年代

    中山千夏…佐藤雅彦と結婚・離婚は何となく?!
  4. 2000年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(2002年度)
  5. 1980年代

    奥村雄大…座頭市での事故を経て現在は110キロの巨漢に?!
PAGE TOP