1980年代

峰竜太…浮気相手・朝比奈順子と妻・美どりとの和解




 

誕生日が閏日(うるうび)の2月29日で、「4年に1度しか誕生日がこないのはかわいそうだから…」と、1日ずらしてもらった「峰竜太」さん。
「大都会」や「西部警察」など、石原プロのドラマで刑事を演じ、情報・バラエティー番組でも主婦層を中心に人気者となった人物です。

そんな峰さんの石原プロ入りのきっかけは1975年、初代・林家三平さんの長女、海老名美どりさんとの結婚だったのですが、愛妻家として知られていた峰さんが1982年2月に女優のマンションに通う姿が女性誌にキャッチされてしまいました。

名前:峰竜太(みねりゅうた)
本名:下嶋清志(しもじまきよし)
生年月日:1952年3月1日(67歳)
職業:俳優、タレント、司会者
出生地:長野県下伊那郡下條村
学歴:長野県阿南高等学校



Sponsored Links
 

1982年2月16日、夜8時前のことでした。
日活ロマンポルノの人気女優、朝比奈順子さんのマンション前に峰さん(当時29歳)の車が止まり、程なく朝比奈さんが助手席に乗り込みました。
しかし走り出した後、信号でいったん停車した車の前に女性誌のカメラマンが立ちはだかったのです。

朝比奈さんは顔を伏せ、峰さんはハンドルを持った腕で顔を隠しながら急発進させましたが、2人の慌てる姿はカメラにバッチリ収められたのです。

浮気や熱愛の現場を押さえられた時、「単なる友達」と言い逃れをする芸能人は多いのですが、ウソをつけない性格の峰さんは意外な行動に出ました。
なんと峰さんは美どり夫人に電話をかけ、「写真撮られちゃった、ごめんなさい」と浮気を告白し、今後の対応を相談したのです。
電話を受けた美どりさんは最初、冗談だと思ったといいます。

峰さんはかつて遊んでいましたが、結婚して7年…
美どりさんは露ほども峰を疑っていなかったそうです。

それだけに本当だとわかった途端、大噴火…
帰宅した峰さんはひっぱたかれるわ、殴られるわ、蹴られるわで散々でした。

そんな修羅場に割って入ったのが、美どりさんの母であり、初代三平夫人の香葉子さんでした。
「私もお父さんには散々泣かされたのよ」と二人を仲裁…
美どりさんは朝比奈さんときっぱり別れることを条件に矛を収めたのです。

翌々日の18日、峰さん、朝比奈さん、美どりさんの3者が都内某所で”対決”…
これ以上深入りしないということで3人で握手、騒動は解決しました。

そして、ケジメだけはきちんとつけようと23日には、夫婦そろっての”浮気謝罪・和解会見”が開かれたのです。

美どりさんは「騒ぎをこれ以上深刻にしたくない」と笑顔を見せましたが、峰さんは「何も言うことはありません」と小さくなるばかり…
また「二度と浮気はしません」と誓いました。

そうして、しばらくの間は分刻みで居所を美どりさんに報告する日々が続いたのです。

一連の騒動に対し、香葉子さんは「“雨降って地固まる”の言葉通り、2人はこれからうまくやっていきそう」と語っていました。

事件後、行われた3者会談では峰さんに「もっと上手にやらなきゃ」、美どりさんに対しては「キュウキュウ押さえつけてもだめなのよ」と余裕の大岡裁きぶりだったと言います。

その後の峰さんですが、「浮気会見で開き直れた。カミさんに頭が上がらないというキャラクターもできて、仕事もやりやすくなった」と、恐妻家キャラを売りに仕事の幅を広げていきました。

浮気については「一応俳優ですから色気を持っていたい…」とアブナイ発言もありながら、証拠を握られたときは、美どりさんからいきなりパンチという場面もあるということもあってか、夫婦仲は良好のようです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. いかりや長介…アフリカに「長さん村」を持つ?!
  2. 沢尻エリカ…「別に」の理由は何だったのか?!
  3. 小嶺麗奈…現在は田口淳之介との結婚に期待!
  4. 福田明日香の脱退理由はイジメだった事を告白 イジメていたのは…
  5. さだまさし…借金の理由と完済までの日々を振り返る

関連記事

  1. 1980年代

    衣笠祥雄…なぜ広島カープの監督になれなかったのか?

    2215試合の連続試合出場で日本記録(世界第2…

  2. 1980年代

    斉藤とも子…28歳年の差で芦屋小雁と結婚?!

    1979年の映画「悪魔が来りて笛を吹く」や19…

  3. 1980年代

    サム・シェパードとジェシカ・ラングの27年の交際を紐解く

    2017年7月27日に亡くなり、日本では俳優と…

  4. 1980年代

    国広富之・水沢アキ…まさかの婚約破棄会見の真相とは?!

    俳優として今なお活躍中の「国広富之」さ…

  5. 1980年代

    武田久美子・近藤真彦の「ハイティーン・ブギ」の裏側

    武田久美子さんと言えば、東京大学アイド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 高樹澪…元夫・田中博信との結婚秘話や馴れ初めとは?
  2. 森進一…緑内障を患い失明の危機に陥ったことがあった?!
  3. 諸星和己…若い頃に胸骨骨折の状態でコンサートに出たことがある…
  4. 杉村尚美…阿部信雄と結婚して現在は美容アドバイザー?!
  5. 尾崎豊…死因となった覚醒剤に手を出した理由とは!?
  6. 石野真子と長渕剛の離婚原因は「君と僕が見た空は高かった」?!…
  7. 秋野暢子…若い頃に「卵管狭窄」という病気を疑われたことある?…
  8. 朝加真由美…元夫・篠塚勝との馴れ初めとは?!
  9. 渡哲也…闘病(直腸癌)について弟・渡瀬恒彦が会見する
  10. 熊田康則…妻の杉本定和子との結婚から馴れ初めまで
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    清水美砂(美沙)は長渕剛とも冤罪不倫関係でフェイドアウトした?!
  2. 1990年代

    加納典明が写真集「きクぜ!2」で逮捕された真相は如何に?!
  3. 2000年代

    鶴ひろみ…首都高車内での死因は「心臓突然死」?!
  4. 1990年代

    脚本家・ジェームス三木…女性関係を元妻に暴露され泥沼離婚
  5. 1970年代

    寺尾聰…范文雀との馴れ初めとスピード離婚
PAGE TOP