1990年代

長井秀和のドイツ人の彼女は18歳も年下の美人?!





1992年にデビューし、「爆笑オンエアバトル」や「エンタの神様」などでブレイク…
「間違いない!」と言えば、お笑いタレントの「長井秀和」さんです。

名前:長井秀和(ながいひでかず)
生年月日:1970年1月3日(47歳)
職業:お笑いタレント、漫談家
所属:タイタン
出身地:東京都武蔵村山市
学歴:創価大学文学部



Sponsored Links
 

芸能界には、一発屋と呼ばれる芸人が数多くいます…
おそらく、長井秀和さんもその部類に振り分けられるのではないでしょうか。

一発屋の多くは、メディアへの露出が増えることで芸が浪費され、飽きられていくのがお決まりのパターン…
しかし、長井さんの凋落の様相はそれとは少し異なります。

人気お笑い番組「エンタの神様」に出演し、「間違いない!」のフレーズで大ブレイクした長井さん…
見れば病みつきになるような人を舐めたような表情とそこから繰り出される毒舌で、多くのファンを獲得し出演番組も増えていきました。

しかも単にワンフレーズのみを押し通す芸ではなく、流暢な喋りで他の出演者をまとめあげる器用さも併せ持ち、自らが司会を務める番組も始まっていました。

そんな矢先の出来事…
滞在先のフィリピンで、未成年への猥褻行為により身柄を拘束されたという報道が入ったのです。

約1100万円もの保釈金を支払うことで解放されたのですが、これは実は美人局(つつもたせ)であり、女性も未成年ではありませんでした。
つまり長井さんは詐欺の被害者であって、非はなかった…
のですが、妻のある身で不貞行為に及ぼうとしたことは事実で、イメージは著しくダウンしたのです。

そこから長井さんは「世界に通用するコメディアンになる」…
とアメリカに渡って巻き返しを図るも、またしても下半身のスキャンダルが露呈します。
今度は美人局などではなく、カナダ人女性との不倫が発覚してしまうのです。

こうして立て続けに起こした騒動が災いし、下積み時代から支えてくれた妻とも離婚…
イメージは完全に地に墜ち、華やかな舞台から消え去ることになったのです。

仕事が激減してからは、持ち前の英語力を活かした英会話教室の講師(英検準1級)やダンスチームの一員としてパーティ等に呼ばれて芸を披露したり…
クレーン現場で工事現場の警備員などで生計を立てる日々が続いていたといいます。
肝心のお笑いはといえば、地道なライブ活動のみ…
長井さんのフェイスブックには、趣味の社交ダンスに精力的に取り組む様子などが投稿されていました。

しかし、どんなに生活は落ちぶれようとも、女性の噂が絶えないのが長井さん…
2016年11月には共通の友人を介して知り合ったドイツ人女性と、結婚を前提に交際しているというのです。
しかも、それが18歳も年下の美人だとか…

長井さんが過去に起こした数々の不貞は、確かに過ちで、背負った代償は確かに自業自得…
しかし、持ち前の飄々(ひょうひょう)としたキャラクターは今も健在なので、いつか再び表舞台に復帰することもあるかもしれません。



Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. キャシー中島…長女の夫(猪田武)が再婚していた話はガセ?!
  2. 黒沢明…自殺未遂の背景には何があったのか?!
  3. 藤真利子…マッチ(近藤真彦)との親密な関係?!
  4. Apinkチョロンの性格 タトゥー・すみません事件から徹底解明!
  5. 前田けゑ…遺産相続が理由で年収は6000万円に?!

関連記事

  1. 1990年代

    小川菜摘と浜田雅功…馴れ初めと結婚式のエピソード

    1990年1月31日、都内のホテルで盛大な披露…

  2. 1990年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1992年度)

    日本人宇宙飛行士・毛利衛が宇宙へ出発し、スーパ…

  3. 1990年代

    坂上忍は飲酒運転事故で山本未来との交際が発覚した?!

    俳優であり演出家・映画監督…さらにはタレン…

  4. 1990年代

    小島一慶…コールガール騒動から婦女暴行容疑まで

    ラジオとテレビで人気アナウンサーとして活躍して…

  5. 1990年代

    佐伯日菜子…DV夫・奥大介との離婚から現在まで

    日本アカデミー賞新人俳優賞、山路ふみこ賞新人賞…

  6. 1990年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1997年度)

    ダカール~アガデス~ダカール・ラリーで篠塚建次…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    「つみきみほ」は現在も変わらず活動中?!
  2. 1990年代

    鳥羽潤…今現在は長野で蕎麦職人だけど干された理由は何だったの?
  3. 1980年代

    小杉理宇造の中森明菜やSMAPに対する対応がヤバ過ぎて怖い?!
  4. 1980年代

    間寛平…アメマ裁判でも笑いをとる?!
  5. 1970年代

    ゴールデンハーフ…エバ・マリア・ルナの現在とは?
PAGE TOP