1970年代

ディックミネ…則子(4人目の妻)との馴れ初めと結婚





1978年12月5日、都内のホテルで、10月に70歳を迎えた「ディック・ミネ」さんのディナーショー「古希を祝う会」が開かれていました。

チケットは1枚30,000円…
当時としてはかなりの高額にもかかわらず、全430枚は売り出しからすぐに完売したのです。

「ダイナ」や「人生の並木路」、「夜霧のブルース」など往年のヒット曲に会場は盛り上がりましたが、集まったファンの目的は歌だけではありませんでした。

その日、ミネさんが新たな家族をお披露目するとのウワサが流れていたのです。
そうして新妻の則子さん(当時41歳)と10歳になる子供が登場すると、ファンたちはやんやの喝采を浴びせました。

名前:ディック・ミネ
本名:三根徳一(みねとくいち)
生年月日:1908年10月5日~1991年6月10日(享年82歳)
職業:ジャズ・ブルース、流行歌歌手、ギタリスト、俳優
レーベル:テイチク
出身:徳島県徳島市
学歴:立教大学




Sponsored Links
 

ミネさんにとって則子さんは、籍を入れた女性としては4人目…
内縁関係を加えると、5人目の妻でした。
この5人の妻との間に10歳の子供をめ、10人の子どもがいたのです。

前年夏、3番目に入籍した夫人と協議離婚…
以来、則子さんと暮らし始めるのですが、それまでの交際期間は20年をはるかに超えていました。

初顔合わせは則子さんがまだ13歳の中学生の時…
ミネさんが以前付き合っていた女性の妹と同級生だった縁で出会いました。
ミネさんは後にその時から則子さんに目を付けていたと述懐しています。

ミネさんは芸能界きってのプレーボーイ…
性豪としても知られていました。

ディックは英語で男性器を意味するスラングです。
立教大の相撲部に在籍していた頃、ミネさんの異様にでかい男性器を見たアメリカ人教師が、そうアダ名を付けたのが芸名の由来です。

その大きさは伝説になっていました…
ミネさんが風呂に入ると、外にいてもすぐにわかるというのです。
チャポンチャポンと両足を浴槽に入れた後、3本目の足がドポンと大きな音を立てるのだとか…

そっち方面の武勇伝は数知れずで、立教大在学中に名門女子校生を相手に一晩に9回半…
ミネさんとしては記録を打ち立てようと10回目に挑んだのですが、相手が「もう、カンベンして」と音を上げてしまったのだといいます。

則子さんに対しては彼女が大人になるのが幸抱強く待ちました。
18歳を迎えると、ミネさんは則子さんに「君さえよければ付き合いたいんだが」とアプローチ…
その晩、男女の関係になりました。

以降も交際はずっと続き、30歳で則子さんは妊娠…
産むべきかどうか迷っている時、ミネさんが泊まりに来たのです。

妊娠を打ち明けられたミネさんは「よかったね。おめでとう」と則子さんを抱きしめ、「オレは色んな女に子どもを作ってきたけど、全員責任を持って育てている。心配するな」と言ったのでした。

付き合った女性でミネさんを悪く言う人は誰一人いませんでした。
別れるたびに全財産を相手に渡してきてしまうこともあり、また子どもたちも皆、ミネさんを慕っており、母親が違っても仲が良かったのです。

1991年6月10日、ミネさんは則子さんにみとられながら82歳で亡くなりました。
70歳を過ぎてからも全都道府県に、1人ずつ現地妻がいたというミネさん…
最期まで男の甲斐性を貫いた人生でした。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 長者番付からわかる芸能人の年収(1994年度)
  2. 今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで
  3. 魔女・菅原の引退後…現在の仕事は何してるの?
  4. 阿部桃子…交際相手K氏は「古塩勝彦」でホームズ不動産販売代表?!
  5. 北村匠海…父親が北村一輝っていうのは完全にガセ?!

関連記事

  1. 1970年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1979年度)

    江川卓さんが阪神タイガース入団し、翌日に読売ジ…

  2. 1970年代

    倍賞美津子とアントニオ猪木の馴れ初めから離婚まで…

    最近でも「君に捧げるエンブレム」(2017年・…

  3. 1970年代

    欧陽菲菲…夫・式場壮吉との出会いと結婚

    片言の日本語人気で「雨の御堂筋」、「ラヴ・イズ…

  4. 1970年代

    津川雅彦の娘・誘拐事件の結末と犯人Tについて

    間もなく8月15日…この日は日本人なら…

  5. 1970年代

    光GENJI…解散理由は不仲説ではなかったのか?!

    1987年「光」と「GENJI」のグループ…

  6. 1970年代

    今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで

    日本のボサ・ノヴァバンド…女性1人に男性4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 紫吹淳…実家は金持ちで父親は三洋電機はガセ?!
  2. 江口ともみ…事故の原因はどこにあったのか?
  3. 小鳩くるみ…43歳で結婚して現在は夫婦二人で暮らしている?!…
  4. 野々村直通監督…あの問題発言の後に本当に腹を切っていた?!
  5. ひでこコルトン…大学卒業から結婚・再婚を経て現在に至る
  6. 剣武輝希…秩父の温泉「宮本家」は1日6組限定の超老舗!?
  7. 小川真澄(元パンプキン)…現在はアイドルユニットをプロデュー…
  8. お箸マニア・三井和典(みついがずすけ)は四季彩堂のブランド青…
  9. 福井優子…観覧車通信の日本支局長が観覧車にハマった意外なきっ…
  10. 唐沢奈々江…銀座クラブ「Nanae」の場所と料金が衝撃?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    加山雄三…父・上原謙と共にホテルの経営破たんに頭を悩ませた日々
  2. 2000年代

    渡部篤郎の結婚相手…元ホステスが働いていた「クラブ瑞木」は日給4万円?!
  3. 2000年代

    水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!
  4. 1990年代

    春野恵子(ケイコ先生)のプロフィールとこれまで
  5. 1990年代

    羽生善治と畠田理恵の馴れ初めと結婚式の裏話
PAGE TOP