1980年代

田中好子…投資ジャーナル事件に巻き込まれたことがある?!




 

19年間の闘病の末に亡くなった女優の「田中好子」さん。
テレビドラマ「ちゅらさんシリーズ」や「おしん」、映画「鉄道員(ぽっぽや)」などにも出演していました。

そんな田中さんですが、実は1985年にあの「投資ジャーナル事件」の余波で、思わぬスキャンダルが問い沙汰されたことがあったのです。

田中好子

名前:田中好子(たなかよしこ)
本名:小達好子(おだてよしこ)
愛称:スーちゃん
生年月日:1956年4月8日~2011年4月21日(享年55歳)
職業:歌手、女優
出生地:東京都足立区
学歴:東京成徳短期大学




Sponsored Links
 

スーちゃんこと田中好子さん(当時29歳)が、投資ジャーナル事件に関して問い沙汰されたのは1985年のことでした。
そもそも投資ジャーナル事件とは、1978年に設立された投資ジャーナル社が起こした株式の不正売買事件のことです。

当時、中江滋樹会長が証券関連雑誌などで、「絶対に儲かる」株式売買のテクニックを披露。
中江会長は7684人から580億円の現金を集めましたが、実際には株式の引渡しはなく、中江会長を含む11人が1985年6月19日に詐欺容疑で逮捕されたというものです。

また当時、人気絶頂のアイドルタレントだった倉田まり子さんが中江会長の愛人で7000万円の家をもらったなどスキャンダルが勃発。
これにより、倉田さんにはネガティブなイメージが定着したことで、そのまま芸能界を引退することになりました。

1985年の田中さんのスキャンダルとは、長髪でヒゲの中江会長が田中さんと親しげにしている写真と、同じく投資ジャーナル社の加藤文昭社長に寄り添ってデュエットしている田中さんの写真が週刊誌に出たというものです。
この写真を受け、田中さんが「第二の倉田まり子か?!」と噂されました。

写真が撮られたのは1982年12月。
当時の田中さんは普通の芸能界へカムバックし、女優業に打ち込んでいた時でした。

では、二人はどういう関係だったのでしょうか?
写真の左隅には中江会長の妻・加代子夫人の顔も写り、心なしかキッと田中さんの方を見てるようでもあったのです。

このスキャンダルに、田中さんがフジテレビの新番組「親戚たち」(1985年)の撮影をしていた渋谷のビデオスタジオへ詰めかけた取材陣は約40人。
田中さんは車で地下駐車場から5階のリハーサル室へ直行しましたが、マスコミの申し入れで、所属事務所の天路圭子社長と一緒に地下駐車場へ降りて来ました。

この場で記者から問題の写真を見せられると、田中さんは、

お騒がせしてすみません。2年半も経ってから、今頃なんでこんな写真を出されるのか、本当に迷惑です。形こそ違え私だって被害者。腹が立ちますよ。

と第一声。

確かにこの写真が撮られたのは3年半前の1982年の年末。
飛ぶ鳥も落とす勢いだった投資ジャーナルの中江会長が、六本木にあるTSK・CCCターミナルビルに社員約250人を集めて大忘年会をやった時の写真でした。

さらに田中さんは、

この人(中江会長のこと)記憶にないんですよ。私が出かける時はいつも(天路)社長と一緒だし、パーティーなんかも仕事と心得ています。ですから「握手してください」って言われれば握手もしますし、歌の相手を頼まれれば嫌とも言えないでしょ。確かこの日は、天路プロの忘年会もあって、社長から「ちょっとつき合って」と言われてついてったんです。一人一人、紹介されて「こんにちは、よろしくお願いします」って言って回ったと思いますが、本当に、この人のことは覚えていません。それをこんな形でショックだわ。

と語りました。

忘年会に出席した理由に関して天路社長は、

当時、私と同じマンションに「月刊投資家」(投資ジャーナル社が発行していた雑誌)に原稿を書いて、会長と田中の対談を頼まれてたんです。適役とは思えないので断わりましたが、何回も申し入れがあり、「それなら私の顔を立ててパーティーに出てくれないか?」と言われて、「そのくらいなら…」と承知しました。同じ日にうちの事務所の忘年会もあるから、帰りにちょっと立ち寄ることにして…

と理由を話したのです。

田中さんも、

そう、20~30分くらい居たかしら?歌ったかもしれないけど、ずいぶん前のことでしょう。よく覚えてないんです。会長からお車代?とんでもない、何ももらってません。だって私、一生懸命お仕事してるし、お金に困っていませんし…この洋服?確かに私持ってるけど…とにかく挟拶しただけなんだから…

とコメント。

あるスポーツ誌では、「3度密会」という記事もありましたが、これも全面否定。

食事なんか絶対してません。後にも先にもこの時だけですよ。奥さんの顔も全然知らないし、友達から心配して電話もらった時も、「私には関係ないわ」と思ってました。だって私、何も悪いことしてないんですから。だから逃げも隠れもせず、皆さんに会ってるじゃありませんか。

と答えたのです。

最後にテレビレボーターが「男女の関係はなかったんですか?」と質問すると、

ちょっとぉ、勘弁してくださいよ。あるわけないでしょ。

と田中さんは爆笑。

こうして、「スーちゃん、お前もか!?」と噂された投資ジャーナル中江会長と田中さんのスキャンダルは幕を閉じたのです。
庶民派女優の田中さんに起きた思わぬスキャンダル事件でした。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 岡村孝子…石井浩郎との馴れ初めから離婚まで
  2. 若人あきらの失踪事件の真相は「シマ性健忘症」なのか?!
  3. 清原和博…父親・母親・祖父母の話にちょっと感動してしまう件
  4. 清原和博…母が難病!病名はアルツハイマーだけじゃなかった!?
  5. 吉永小百合…岡田太郎との結婚式の舞台裏

関連記事

  1. 1980年代

    アントニオ猪木…パラオの「イノキアイランド」もらう?!

    “燃える闘魂”こと元プロレスラーの「ア…

  2. 1980年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1982年度)

    増田明美さんが中日ロードレースで20キロ1時間…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 貴乃花光司…角膜潰瘍を患って入院したことがある?!
  2. 尾上辰之助(初代)…元妻・容子との離婚原因は何だったのか?!…
  3. 森進一と大原麗子…離婚の原因は何だったのか?!
  4. 浜田雅功と小川菜摘…新婚旅行のエピソードが衝撃的?!
  5. 奥野敦子(イリア)と山崎大輔の馴れ初めと結婚
  6. 名高達男…西尾かおるとの婚約破棄の理由は何だったのか?!
  7. 大友柳太朗…自殺を図った理由は何だったのか?!
  8. 菊池桃子…エベレストの近藤謙司から手紙をもらったことがある?…
  9. 田中好子…投資ジャーナル事件に巻き込まれたことがある?!
  10. 黒川紀章…脅迫状が届いて嫁の若尾文子と記者会見を開く?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    三宅アナ…息子はナイナイのマネージャーになっていた件
  2. 2000年代

    紺野美沙子…息子は慶應義塾大学を卒業している?!
  3. 2000年代

    北村総一朗…北村和夫とは兄弟ではなく、息子は北村一輝でもない!
  4. 1970年代

    森進一…母(尚子)の死とストーカー裁判の判決とは?
  5. 2000年代

    たかまつなな…父親は創価学会ではない?!実家(高松家)の驚くべき家系
PAGE TOP