1980年代

NOKKO(レベッカ)…過去に急性虫垂炎になったことがある?!





1991年に解散後、2度の再結成を経て、2015年より活動を再開しているレベッカ(REBECCA)。
そのレベッカでボーカルを務めるのが「NOKKO」さんです。

個人としては、1984年1月にデビューしてから現在まで音楽活動を続けているNOKKOさん。
実は過去に急性虫垂炎で緊急入院したことがあったのです。

NOKKO

名前:NOKKO(のっこ)
本名:保土田信子
生年月日:1963年11月4日(55歳)
職業:シンガーソングライター
所属:ワタナベエンターテインメント
出身:埼玉県浦和市(現・さいたま市桜区)
学歴:埼玉県立浦和北高等学校卒




Sponsored Links
 

NOKKOさん(当時25歳)が急性虫垂炎になったのは1989年のことでした。
その当時、レベッカ(REBECCA)は最も人気があるバンドの一つで、新しく出したアルバム「BLOND SAURUS」(ブロンド・サウルス)は、5月21日に発売される前の予約枚数で30万枚とも言われていたのです。

レベッカは、それまでに出したアルバムもほとんどが100万枚を突破。
当時、大ヒットしたというアルバムで20~30万枚と言われる時代で、それだけでもレベッカの驚異的な人気がわかります。

そんなレベッカは1989年5月24日、東京ベイNHKホールのコンサートを皮切りに、全国ツアーに入るため、都内のスタジオでリハーサルを行っていました。
ところが5月7日頃からNOKKOさんの体調がおかしかったのです。

先行シングル「Vanity Angel」(バニティー・エンジェル)のビデオ撮影のため、ロンドンに行った時も、NOKKOさんは2週間も先に入り、ダンスの猛レッスンを受けていました。
そのため、始めのうちは「またダンスのし過ぎだろう」とも言われていたのです。

しかし、体調はさらに悪くなり、ついに5月10日には緊急入院となりました。
診断は、急性虫垂炎及び脱水症…
つまり盲腸という診断だったのです。

すぐに手術で育腸を切除しました。
普通は切らないで薬で散らしてしまうこともあると言いますが、NOKKOさんの場合は、切除以外の方法がないところまで進行していたのです。
原因は過度の疲労によるものと診断されました。

レベッカは、5月11日に「ザ・ベストテン」の出演が決まっていたのですが、メンバーの土橋安騎夫(どばしあきお)さんと高橋教之(たかはしのりゆき)さんが番組で事情を説明し、プロモーションビデオを流してどうにか乗り切ったのです。

病気じゃ仕方ないけど、ウチは何かやろうとすると「なにか」が起きるんだから。

と土橋さんは苦笑いしていたと言います。

過去にも会場に観客が入り過ぎたため、酸欠でファンが倒れるということが何度もあり、NOKKOさん自身が倒れたこともありました。
また、1982年の結成以来、メンバー交代もたびたび行われています。
それが「何かが起こるレベッカ」と言われる由縁でした。

アルバムは予定通りに出すことができましたが、5月24日から始まるツアーは文字通りのドクターストップ。
NOKKOさんの調子を見て、6月23日の名古屋公演から再開することになりました。

一方、手術を受けたNOKKOさんは至って元気そのもの。
関係者が手術の翌日にお見舞いに行くと病室にNOKKOさんがおらず、心配して探し回るとNOKKOさんは腕につけられた点滴を持って、病院の廊下を歩いていたと言います。

自分のためにツアーが中止になったことに、NOKKOさんは申しわけなく思っていましたが、個人的に一番残念に感じていたのは、当時チェッカーズとして活動していた藤井フミヤさんのラジオ番組に出演できなくなってしまうことでした。

実は以前にラジオで共演した際、フミヤさんがふざけて自分の手の甲にキスし、わざとその音を聞かせたことがあったのです。
ファンは二人が本当にキスしたと思って大騒ぎになったことがありました。
このラジオ番組をNOKKOさんはとても楽しみにしていたのです。

しかし、その後はNOKKOさんも完全回復。
この年には映画「スウィートホーム」で女優デビューを果たし、レベッカ解散後はソロシンガーとして活動していくことになりました。
現在も精力的に音楽活動を続けています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 森進一…緑内障を患い失明の危機に陥ったことがあった?!
  2. 荒木一郎…「ハレンチ歌手」として逮捕されたことがある?!
  3. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  4. 森脇和成の結婚や離婚・子供など現在まで色々とあった件
  5. 西城秀樹…若い頃に20代の一般女性に求婚していた?!

関連記事

  1. 1980年代

    倉沢淳美…握手会でファンに襲われてから現在まで

    最近だとAKB48などで人気の握手会が…

  2. 1980年代

    佐久間良子…元夫・平幹二朗との離婚劇の裏側とは?!

    女優として、テレビドラマ「おんな太閤記…

  3. 1980年代

    サム・シェパードとジェシカ・ラングの27年の交際を紐解く

    2017年7月27日に亡くなり、日本では俳優と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    金萬福…現在は宇都宮のお店で料理長を務めている?!
  2. 1980年代

    叶正子…現在も夫・藤井博と一緒に暮らしている?!
  3. 2000年代

    たかまつなな…父親は創価学会ではない?!実家(高松家)の驚くべき家系
  4. 1990年代

    松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず
  5. 2010年代

    清原和博…自宅の広尾マンションは「サマセット麻布イースト」だった!
PAGE TOP