1990年代

田村英里子…降りかかった事件の数々を振り返る





父親の仕事の関係で8歳から13歳までを旧西ドイツ・デュッセルドルフ市で過ごし、1988年に15歳でデビュー…
女優や歌手活動の他にも、アニメ「アイドル伝説えり子」のモデルとなるなど、多彩な活動でブレイクした「田村英里子」さん。

そんな田村さんは1995年6月…
イベント出演のため宿泊した豊橋市内のホテルの部屋で、合鍵を使った従業員に侵入される事件に遭ったことがあるのです。

名前:田村英里子(たむらえりこ)
別名義:えりりん
生年月日:1973年1月16日(45歳)
職業:女優、歌手
出身:茨城県ひたちなか市(旧勝田市)




Sponsored Links
 

1995年6月17日、早朝5時半ごろのことでした。
愛知県・蒲郡競艇場でのイベント出演のため、豊橋市内のホテルに宿泊していた田村さん(当時22歳)は物音で目を覚まします。

部屋はドアを入って右にベッド、左に荷物が置かれていましたが、田村さんが起きた時、見ず知らずの若い男が冷蔵庫の前に這いつくばって荷物を物色中だったのです。

その後、男はすっと立ち上がって田村さんを見ました。
田村さんは「生まれて初めて出したような大きな声」で悲鳴を上げます。

当初、男は逃げようとしなかったのですが、再度大声で叫び、隣室に泊まっていたマネジャーを呼んだところ、男は逃走…
部屋をロックして逃げていきました。
その間、時間にして1~2分の出来事だったといいます。

男は19歳のホテル従業員…
合鍵を使っての犯行でした。

男は田村さんの部屋に電話をかけ、「ルームサービスがお膳を下げにいきませんでしたか」と隠蔽工作まで行っていたのです。
田村さん側は「朝の5時にルームサービスを頼むはずがない。頼んだとしても、そんな時間にお膳を下げろなんて言うはずがない」とコメントしました。

田村さんは事件から数時間後に行われたイベントに予定通り登場しましたが、1曲目を歌い終えたところで突然泣き出してしまいます。
司会者に問いかけられ、ファンの前で事件を報告し、ステージから退出しました。

イベントはそのまま中止となったのです。
その後のスケジュールをキャンセルし、一時は実家に戻るなど1週間休養しました。

捕らえられた男は警察の調べに「田村英里子のファンで、彼女の寝顔が見たかった」、「サインが欲しかった」と犯行動機を供述…
未成年ということもあり、事務所側は告訴を見送りましたが、男は即日解雇されたのです。
事務所は「信頼しているホテルの中なのに酷すぎる。今後はドアチェーン完備の一流ホテルに泊まらせます」とコメントしました。

田村さんは1カ月後、「あの時、触られてもいないのに大騒ぎになってしまって、ほんとにビックリしました」と笑顔で語り、復帰をアピールしましたが、その後、1996年1月にもバカンスを楽しむために訪れていたマイアミのホテルで、男たちに侵入される騒ぎに遭っています。

また、田村さんは2000年年に単身渡米…
活動の拠点をアメリカに移しましたが、当初部屋もなかなか借りられず、やっと見つけたルームシェア同居人が足にGPS端末をつけた元犯罪者だったこともありました。

ホテルでは災難続きでしたが、2007年にアメリカ人気ドラマ「ヒーローズ」で主人公の恋人役に抜擢されて以来、演技派としてハリウッドでも注目を集め、映画「DRAGONBALL EVOLUTION(ドラゴンボール・エボリューション)」では、悪役マイを好演するなど活躍を続けています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 景山民夫…死因と幸福の科学での活動とは?!
  2. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  3. 泰葉…結婚会見やブログなど大暴れ!?今は大丈夫なのか…
  4. 水谷八重子の飛び降り騒動の真相は不倫?!
  5. 佳那晃子…借金4億の原因と返済までの日々

関連記事

  1. 1990年代

    堤さやか…衝撃の引退理由と現在について

    2000年代前半に活躍した、伝説のロリータ系セ…

  2. 1990年代

    鷲尾いさ子…夫・仲村トオルとの馴れ初めと結婚会見の経緯

    175センチの長身にエキゾチックな顔立ちで、1…

  3. 1990年代

    高知東生は薬物で逮捕される前に東急に訴えられていた?!

    2016年6月24日に覚せい剤取締法違反(所持…

  4. 1990年代

    山崎浩子…統一教会脱退後の今はスポーツライター?!

    他人の思想や情報をコントロールし個人が意思決定…

  5. 1990年代

    森脇和成…「消えた」と言われながらも舞台で活躍していた?!

    「そう言えば一時期、復帰したはず」…けれど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  2. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  3. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  4. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  5. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  6. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  7. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  8. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  9. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
  10. 原田ちあきの彼氏は誰って「田中幸輝(ユキテロ)」じゃないの?…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    鹿島とも子…オウムから脱退した今現在の活動とは?!
  2. 1970年代

    ジョー山中の大麻事件と武勇伝
  3. 1970年代

    田宮二郎…自殺の原因と2人の息子の現在とは?!
  4. 1980年代

    頼近美津子…鹿内春雄との馴れ初めと結婚まで
  5. 1980年代

    峰竜太…浮気相手・朝比奈順子と妻・美どりとの和解
PAGE TOP