1980年代

生方恵一…紅白での「ミソラ発言」で豪邸を建てる?!





毎年、年末が近付くと話題になるのがNHK紅白歌合戦です。
出場者と共に司会者にも注目が集まりますが、1980年代に紅白での司会者・「生方恵一」さんの「トチリ」が大騒ぎになった大事件がありました。

名前:生方恵一(うぶかたけいいち)
生年月日:1933年3月25日~2014年12月15日(享年81歳)
職業:フアナウンサー
出身:群馬県前橋市
学歴:早稲田大学政治経済学部




Sponsored Links
 

1984年12月31日、紅白歌合戦はクライマックスを迎えていました。
この紅白限りでの引退を表明していた「都はるみ」さんが紅組天トリで「夫婦坂」を熱唱したのです。
「この大物の歌声を生で聴くのは最後となる」というので、場内はアンコールの声で騒然となりました。

それを受け、白組司会の鈴木健二さんが「皆さんご静粛に願います。1分だけ私に時間を下さい。交渉致してみます」と紅白史上に残る名演説…
歌い終わった途端、泣き崩れていた都はるみさんに鈴木さんは異例のアンコールの説得を行いました。

涙が止まらない都さんはやっと首を縦に振り、オーケストラは「好きになった人」の演奏を開始…
しかし、都さんは涙をハンカチでしきりにぬぐうも声が出ません。

そこで水前寺清子さんや八代亜紀さんら歌手が駆け寄って涙を流しながら大合唱したのです。
それに勇気づけられたように、都さんも気を取り直して歌い、観客はもらい泣き…
まさに感動の一瞬でした。

お茶の間も釘付けでした。
都さんが登場した場面の瞬間最高視聴率は84.4%…
平均視聴率も紅白史上4位となる78.1%を記録したのです。

ところが、この後がいけませんでした。
曲が終わった後、番組を進行させようとした総合司会4回目のベテランアナ、生方恵一さん(当時51歳)の口から「もっともっとたくさんの拍手を、ミソラ…」の一言が出てしまったのです。

都はるみさんを美空ひばりさんと、言い間違えてしまったのです。
最悪のタイミングに加え、間違えた名前も良くありませんでした。

美空ひばりさんは実弟の不祥事などが原因で1973年から紅白に出ていません…
局内で「ミソラ」はタブーだったのです。

■紅白のトリだった美空ひばりが出演NGとなったワケとは?

翌1985年の正月のテレビは、この話題で持ち切りとなったのは言うまでもありません。
生方さんは新年早々、上司に口頭で進退伺を出しました。

しかし、この時はおとがめなし…
そして生方さんは一躍時の人となり、年明けのに歌番組の中で誠実に謝る姿が、逆に好感をもって受け入れられたのです。

しかし、この年の7月に生方さんに突然大阪放送局への転勤の辞令が出ます…
チーフアナウンサーに栄転という名目でしたが、様々な観測が飛んだことは言うまでもありませんでした。

彼は赴任1週間後に辞表を出してフリー司会者に転身…
事実上の日本テレビへの移籍でした。
契約金は知名度のアップで跳ね上がったといわれ、そのころ都内に建てた家は「ミソラ御殿」ともいわれました。

ちなみに、紅白を見ていた美空ひばりさんは「あのアナウンサーの人があれでNHKをクビになるんだったら、私が一生食べさせてあげなきゃ」とも語っていたといいます。

もっとも、鳴り物入りで移籍した民放では芽が出ませんでした。
クイズ番組やワイドショーの司会を務めましたが、視聴率が振るわず、番組の打ち切りが続いたのです。
1990年代はラジオ番組の人生相談がメインの仕事でした。

紅白の存在感が大きかった1980年代…
鈴木さんの演説といい、生方さんのトチリといい、アナウンサーの一挙手一投足までも国民的関心事だったのです。
2014年12月15日に生方さんは肺炎のため81歳でこの世を去りました。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 菊間千乃(元アナ)の転落事故の原因はなんだったのか?
  2. 水谷八重子の飛び降り騒動の真相は不倫?!
  3. 大竹しのぶ…野田秀樹とは結婚せずに破局?!
  4. 森本毅郎…「8日で4人と密会」のスキャンダルにも動じず
  5. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!

関連記事

  1. 1980年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1987年度)

    第1回ラグビーワールドカップ開幕され、小錦八十…

  2. 1980年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1983年度)

    東京ディズニーランド開園し、ファミリーコンピュ…

  3. 1980年代

    伊藤蘭(元キャンディーズ)…水谷豊のハワイでの極秘婚

    田中好子さん、藤村美樹さんとともにキャンディー…

  4. 1980年代

    黛ジュン…デビューから現在までを振り返る

    1983年、ゴールデンウィーク初日の4月29日…

  5. 1980年代

    宮川大助・花子の闘病の日々

    夫婦漫才の大御所といえば、「宮川大助・花子」さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 佐々木太一が合格したウィスキー最難度の試験MWとは?!
  2. 式守与之吉…休場の原因となった「ギラン・バレー症候群」とは?…
  3. 柴俊夫…嫁の真野響子との馴れ初めや結婚会見のサプライズとは?…
  4. 水原茂(元監督)…弟子・長嶋茂雄に見送られこの世を去る
  5. シャネルズ(CHANELS)改名の理由にシャネルは関係なかっ…
  6. 岡田彰布…嫁の大関陽子とは知り合って2ヵ月で結婚していた?!…
  7. 大林宣彦…肺がんをオプジーボで治療して効果テキメン?!
  8. さいたまんぞう…現在やっている野球審判のギャラっていくらなの…
  9. なかむらみなみ(ラッパー)…衝撃的な過去から現在まで
  10. 藤村有弘…天涯孤独の中、死去する?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    加藤紗里(27歳)の出身高校は広島の「安田女子高校」
  2. 1970年代

    ザ・タイガース…解散理由の知られざる真相とは?
  3. 2000年代

    竹内順平(立川志の輔の息子)は梅干しを全国広める会社の社長?!
  4. 2000年代

    倉持明日香…自宅には「小さいおじさん」がいる?!
  5. 2000年代

    松坂慶子…50歳にしてヌード写真集を出版したワケとは?
PAGE TOP