1980年代

ダン池田…暴露本とその後の人生





清水富美加(千眼美子)さんの「全部、言っちゃうね。」や奥菜恵さんの「紅い棘」…
萩原健一さんの「ショーケン」に郷ひろみさんの「ダディ」などなど、かつで物議を醸した暴露本はたくさんあります。

中でも1985年に出版された「ダン池田」さんの「芸能界本日モ反省ノ色ナシ」も大騒ぎになった一冊と言えるでしょう。

名前:ダン池田
本名:池田啓助
生年月日:1935年4月11日~2007年12月25日(満72歳)
職業:バンドマスター・ラテンパーカッション奏者・指揮者・タレント
出生地:旧朝鮮京城(現ソウル) ※日本北海道留萌市育ち
学歴:中央大学経済学部(中退)



Sponsored Links

著者のダン池田さん(当時50歳)と言えば、有名バンド「ニューブリード」の指揮、「夜のヒットスタジオ」や「NHK紅白歌合戦」を担当したこともある人気バンマス(バンドマスターの略)でした。

そんな芸能界を知り尽くしたダン池田さんが日記の体裁で、実名を挙げて告発…
前書きからして「屈辱、侮辱、恥辱にまみれたバンドマスター、怒りと復讐の日記!」と挑発的なものでした。
そのため本の出版そのものがスキャンダルになったのは言うまでもありません。

たとえば「歌謡大賞・新人賞」授賞式の項目では受賞したTについて、「驚いた。俺だけじゃないバンドのメンバーみんなが驚いて、口をポカーンとあけたまま、慌ててメロフ(メロディー譜面)を探した」と事務所の力以外にないと批判じたり…
アメリカの大手レコード会社とSの専属契約を報じた件は「事務所が新聞社に金やコネを使って書いてもらった提灯記事」と切り捨てたのです。

さらに「ヒット典もないのに、よく番組に出てくる歌手がいたら必ずおかしいと思った方がいい。男だったら金、女だったら間違いなくデキてる。揚げ句にディレクターから大切にしてくれよ!」なんて”使用済み”の歌手を押しつけられるバンドマンも哀れ」などとも…
こうした刺激的な内容が受け、50万部超のベストセラーに。ダンは鼻息も荒く「クレームでも裁判でも受けて立つ」と気炎を上げていたのでです。

当然、書かれた方はたまったものではありません…
タレント側が表向きは相手にしないという態度を取ったため、裁判にこそなりませんでしたが、「ヒットスタジオ」のフジテレビは内々に”詫び状”を要求していました。
しかし、強気のダン池田さんはこれを拒否して同じフジの「家族対抗歌合戦」な潔く降板したのです。

こうなることは大物だったダン池田さんなら、容易に予想できたはずなのに、なぜバンマス人生を捨ててまで暴露本を出版する気になったのか?…
彼は「モラルの低下した芸能界、私物化が進むテレビ界の将来を憂慮している俺の”繰り言”」によって、愛のムチ・天誅を下すというのが表向きの理由だったのですが、黒子的存在のバンドマンの不満も鬱積(うっせき)していたと言われています。
実際、テレビの主流は歌謡曲からニューミュージックやロックへ移りつつあり、生演奏のフルバンドがお荷物扱いされる場面もありました。

そうして当座は”話題の人”としてワイドショーや講演に引っ張りダコだったダン池田さんでしたがこれも長くは続かず…
存在を忘れられないうちにと、翌年第2弾を出版したが、新鮮味を欠いたことであまり売れなかったのです。

そこで1600万円以上をかけ、一発逆転を狙ったのが新人歌手「兄弟鳥」のデビュー…
これは失敗に終わり、2冊で2130万円あった印税はアッという間に消えてしまいました。

その後、1997年当時には「ダン池田の店」でマスターを務めながら生計を立てていましたが、2007年に急性呼吸不全のため、亡くなっています。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 江口直人の亀(カメ)事件のマンションは駒沢のココだ!
  2. おいでやす小田が結婚した経緯がネタより面白い?!
  3. 池田一真(しずる)の結婚相手は彼女と言われていた「大久保愛海」なの?!
  4. 藤原竜也…ドラマ「デスノート」で死亡者が出た?!
  5. 尾崎亜衣…彼氏との関係と今後の姉妹の活動について

関連記事

  1. 1980年代

    東野英治郎…30年の別居の末に息子の承諾なしに再婚する!?

    「人生楽あれば苦あり」…独特の高笑いの黄門…

  2. 1980年代

    三宅裕司…スタッフの不祥事で「イカ天」打ち切り

    劇団「スーパー・エキセントリック・シアター(S…

  3. 1980年代

    清川虹子…左とん平と70歳で濃厚ラブシーンを演じる?!

    生涯現役を貫いた喜劇女優「清川虹子」さん。…

  4. 1980年代

    沖雅也…死因(自殺)の原因は「うつ病」だったのか?!

    1983年6月、東京は新宿の高層ビルで若手スタ…

  5. 1980年代

    原田貴和子…妹・原田知世と「2人そろって奇跡のアラフィフ!」

    今や“奇跡のアラフィフ”と呼ばれる原田知世さん…

  6. 1980年代

    斉藤とも子…28歳年の差で芦屋小雁と結婚?!

    1979年の映画「悪魔が来りて笛を吹く」や19…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    山村美智子(元ひょうきん族アナ)の番組降板事件
  2. 1970年代

    中島知子は天然痘にかかった日本最後の被害者?!
  3. 1990年代

    羽生善治と畠田理恵の馴れ初めと結婚式の裏話
  4. 2000年代

    中村七之助の逮捕に松本潤や市川海老蔵が関係していた?!
  5. 2000年代

    坂本龍一…矢野顕子との離婚理由はマネージャーとの女性問題?!
PAGE TOP