2000年代

岡田英吉(鑑定団プロデューサー)の陰湿イジメが他にも発覚!?





2016年3月に「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京)、プロデューサーの岡田英吉氏が、石坂浩二さんを陰湿なイジメをしていた件が明らかになったことがありました。
しかし、なんと石坂さん以外にも、岡田氏の陰湿イジメを受けていた人物がいたのです。

その人物こそ湯浅卓さんです。
一般的には「湯浅弁護士」と言った方が分かりやすいでしょう。
あの頭をぐるんぐるん回しながら、両手の親指を交互に出すギャグ(?)でお馴染みの湯浅弁護士です。

国際弁護士の肩書を持つ湯浅氏ですが、タレントとしても数々のテレビにも出演されており、その中の一つにテレビ東京系の番組で、
「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」があります。

実はこの番組は岡田英吉氏が、AP(アシスタントプロデューサー)から、現在のP(プロデューサー)に昇進したきっかけとなった番組なのですが、湯浅弁護士もパネラーとして出演していたのです。
しかも放送開始の2005年10月から、2012年9月まで約7年間出演していたのです。
ところが岡田氏がPに昇格してから、湯浅弁護士が辞める約2年間は、発言の全カットや声を一切放送に乗せないなどの岡田氏の陰湿なイジメに合っていたというのです。

そのため、あれだけ目立っていた?
湯浅弁護士の出番が突如少なくなった事に、疑問の声も挙がっていたとか…

湯浅弁護士と岡田氏との間に、どのような確執があったのかは分かっていませんが発言をカットされ続けた湯浅弁護士は、石坂さん同様に番組を降板する事となったのです。

そもそも岡田氏がこのように、陰湿なイジメを行う対象者には、“ある共通点”があります。
それは石坂さんも湯浅弁護士も、かなりの“頭脳派”であるという点です。
石坂さんは慶應義塾大学の法学部を卒業し、その知識やウンチクには定評のある方です。

事実、今回の石坂さん降板のきっかけは、酒の席で岡田氏と石坂さんが口論となり、完膚なきまでに石坂さんに論破された事が、事件のきっかけだと言われているのです。

また湯浅弁護士の方も名門校、麻布中学校から高等学校を経て、東京大学法学部に入った神童です。
しかも東大卒業後は、カリフォルニア大学のロースクールでLLMを取得し、ハーバードの・ロー・スクールで学んだ後は、ニューヨーク州とワシントンD.C.で、弁護士資格を取得した“天才”と言っても過言ではないような人です。

つまり岡田氏は…「自分よりも頭の良い人が嫌い!」なのでは?と推察できるのです。
もちろん、人と人の関係は複雑なので、こればかりが原因と断言はできませんが、何かしら岡田氏の中で「頭の良い人」や、「学歴の高い人」に対して、コンプレックスを感じているのかも知れません。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 谷亮子…参議院議員になって代表から外される?!
  2. ムツゴロウさんの最強伝説を知れば「3億円の借金」はへっちゃら?!
  3. 昴生(ミキ)と彼女「まみちゃん」との馴れ初めから結婚まで!
  4. 渡辺千穂の年齢や学歴(大学)はどこだっけ!?
  5. 竹内順平(立川志の輔の息子)は梅干しを全国広める会社の社長?!

関連記事

  1. 2000年代

    森本レオ…30年以上の別居と不倫

    ナレーターなどで温和な雰囲気の容姿と語り口…「癒やし系」の俳優とし…

  2. 2000年代

    三浦浩一の息子(長男・次男・三男)がこれから大活躍?!

    1980年にメジャーデビューした三浦浩一さんと…

  3. 2000年代

    美勇士の由来と子供の名前にビックリ!?

    父は桑名正博さん(故人)で母は歌手のア…

  4. 2000年代

    指原莉乃…AKB総選挙に隠された投票数の意味とは?!

    選抜総選挙では史上初となる3連覇(通算…

  5. 2000年代

    篠原ともえ…台湾事件の真相は何だったのか!?

    1990年代後半に、独特のファッション…

  6. 2000年代

    木村秋則…現在はがんの治療に専念していたが…!?

    世界で初めて無農薬・無施肥のリンゴの栽…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2010年代

    君島かれん(年齢21歳)が月島かれんという噂は本当?!
  2. 1980年代

    樋口可南子・糸井重里…馴れ初めから略奪婚まで
  3. 1980年代

    水谷八重子の飛び降り騒動の真相は不倫?!
  4. 2000年代

    お箸マニア・三井和典(みついがずすけ)は四季彩堂のブランド青任者?!
  5. 1980年代

    千堂あきほが消えた理由は盗聴事件の真相を知れば納得!
PAGE TOP