2000年代

野田数(のだかずさ)猪木の秘書時代に横領していたのか?!





小池百合子・東京都知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」…
2017年9月11日、会の代表であった野田数氏が辞任したことがに明らかになりました。

名前:野田数(のだかずさ)
生年月日:1973年8月27日
職業:政治家、東京都知事特別秘書
出生地:東京都東村山市
学歴:早稲田大学教育学部



Sponsored Links

ちなみに野田氏が代表を辞任するのは二回目…
一度目は都民ファーストの会が発足後の2017年1月23日から2017年6月1日まで、野田氏が東京都知事特別秘書と代表を兼任していました。
その後、小池知事が2017年6月1日から2017年7月3日代表を務め、再び2017年7月3日から2017年9月10日まで、野田氏が代表を務めました。

今回、野田氏は代表辞任の理由は「特別秘書に専念したい」から…
とのことで、自ら辞任を申し出たそうです。
また後任は荒木千陽都議になりました。

さて、野田氏と言えば、これまで多くの政党を渡り歩き、2013年にはあの「アントニオ猪木」参議院議員の政策担当秘書を務めていたことがあります。
ところが2014年12月12日、野田氏は猪木議員から訴えられていました。

理由は「公金横領」の疑いがあったため…
アントニオ猪木議員が12日に開いた記者会見によると、野田氏が政策担当秘書を務めていた2013年10月から10か月の間に、事務所の複数の銀行口座から、無断で総額1120万円を引き出していたことが明らかになったからとのことでした。

これに対し、野田氏は代理人弁護士を通して、現金は全てアントニオ猪木議員の指示に基いたもの…
アントニオ猪木議員のため正当に使用ししており、私的流用の事実はないとコメントしたのです。

さらにアントニオ猪木議員が告訴した事実は全くの事実無根として、逆に記事を掲載した株式会社新潮社と合わせて、名誉棄損による刑事告訴や損害賠償を求める訴えを起こす予定であると主張したのです。

両者の意見は真っ向から対立してしまった訳です。
総額1120万円の内訳を見ると、「文書通信交通滞在費」、「文書通信交通滞在費」、「政党助成金」、「タクシー代」など、複数の銀行口座から繰り返し引き出しが行われ、細々としたお金のやり取りに疑惑が生じているようです。

現在も捜査中ですが、猪木議員の主張によれば例えば「文書通信交通滞在費」として支給される金額を野田氏は「月50万円だ」と事務所に説明していたとのこと…、
しかし、実際には月に2回、計100万円が振り込まれており、猪木議員の個人名義口座とは別に事務所名義口座を開設し、そこに残り50万円を振り込ませ、野田氏は数ヵ月に渡って引き出していたそうです。

一方の野田氏の意見はというと、「文書通信交通滞在費」を議員報酬や他の費用と区別して一括して管理するために、議員報酬が振込まれる口座とは別の口座(野田氏の記憶にはありませんが、「アントニオ猪木事務所 代表 猪木寛至」名義)に自動送金される手続きが取っていたとのこと…
これらの手続きは全て猪木議員の指示に基づいたもので、都度配布される明細書を受領していると主張したのです。

そもそも「文書通信交通滞在費」とは、国会議員が公の書類を発送し及び公の性質を有する通信などのために支給されるお金のことで、月100万円としっかり明記されています。
猪木議員がこのことを知らなかったのには問題があるかと思いますが、やはり「文書通信交通滞在費」一つをとっても野田氏の説明は釈然としません。

口座を二つにわけてこともそうですが、複数回に渡って引き落とされた…
という点の説明がなかったからです。
また野田氏は猪木議員の事務所を解雇された際、経理データの入ったパソコンのデータを消去するなどの行動に出ているそうです。

さらに野田氏はキャバクラでかなり豪遊していたという記事や写真も取り上げられており、(本人はポケットマネーと主張していますが…)そのお金がどこから来たのか?…
という疑問も払拭されていません。

都民ファーストの会の代表を辞任したとは言え、野田氏は引き続き東京都知事特別秘書という立場になります…
まずは都民のためにも、猪木議員とのお金の問題に関してはきちんと解決して欲しいものです。


ピックアップ記事

  1. 辰吉丈一郎…子供の頃に宇宙人に出会って強くなった?!
  2. 堺正章と岡田美里…離婚の理由と会見内容
  3. 前田真希…吉田裕との馴れ初めと二股疑惑も?!
  4. 森本毅郎…「8日で4人と密会」のスキャンダルにも動じず
  5. 生島マリカの正体(息子、年齢、癌etc)が壮絶すぎる!!

関連記事

  1. 2000年代

    芸人・口笛なるお…結婚もキレ芸を続けていくのか?!

    「わらふぢなるお」は、サンミュージック所属の「…

  2. 2000年代

    松本明子の息子が通う中学校は成城学園だったの!?

    1983年に歌手デビューし、最近でも「しくじり…

  3. 2000年代

    泰葉…結婚会見やブログなど大暴れ!?今は大丈夫なのか…

    名前の由来は、父・初代・林家三平師匠の…

  4. 2000年代

    小室哲哉の「5億円著作権詐欺容疑」の真相とは?

    1990年代にTRF、華原朋美さん、安室奈美恵…

  5. 2000年代

    田中美里…パニック障害で女優業の危機?!

    1997年のNHK連続テレビ小説「あぐり」で主…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    川崎敬三「ヤラセ事件」で番組降板の真相とは?
  2. 1970年代

    加藤登紀子…夫は革命家・藤本敏夫で2人は獄中婚だった?!
  3. 1990年代

    豊川悦司と小島聖の結婚が破局した経緯を振り返る
  4. 1990年代

    佳那晃子…借金4億の原因と返済までの日々
  5. 1990年代

    野村貴仁(元巨人)年棒推移や結婚していた事実が発覚した件
PAGE TOP