2000年代

野田数(のだかずさ)猪木の秘書時代に横領していたのか?!

小池百合子・東京都知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」…
2017年9月11日、会の代表であった野田数氏が辞任したことがに明らかになりました。

名前:野田数(のだかずさ)
生年月日:1973年8月27日
職業:政治家、東京都知事特別秘書
出生地:東京都東村山市
学歴:早稲田大学教育学部



Sponsored Links

ちなみに野田氏が代表を辞任するのは二回目…
一度目は都民ファーストの会が発足後の2017年1月23日から2017年6月1日まで、野田氏が東京都知事特別秘書と代表を兼任していました。
その後、小池知事が2017年6月1日から2017年7月3日代表を務め、再び2017年7月3日から2017年9月10日まで、野田氏が代表を務めました。

今回、野田氏は代表辞任の理由は「特別秘書に専念したい」から…
とのことで、自ら辞任を申し出たそうです。
また後任は荒木千陽都議になりました。

さて、野田氏と言えば、これまで多くの政党を渡り歩き、2013年にはあの「アントニオ猪木」参議院議員の政策担当秘書を務めていたことがあります。
ところが2014年12月12日、野田氏は猪木議員から訴えられていました。

理由は「公金横領」の疑いがあったため…
アントニオ猪木議員が12日に開いた記者会見によると、野田氏が政策担当秘書を務めていた2013年10月から10か月の間に、事務所の複数の銀行口座から、無断で総額1120万円を引き出していたことが明らかになったからとのことでした。

これに対し、野田氏は代理人弁護士を通して、現金は全てアントニオ猪木議員の指示に基いたもの…
アントニオ猪木議員のため正当に使用ししており、私的流用の事実はないとコメントしたのです。

さらにアントニオ猪木議員が告訴した事実は全くの事実無根として、逆に記事を掲載した株式会社新潮社と合わせて、名誉棄損による刑事告訴や損害賠償を求める訴えを起こす予定であると主張したのです。

両者の意見は真っ向から対立してしまった訳です。
総額1120万円の内訳を見ると、「文書通信交通滞在費」、「文書通信交通滞在費」、「政党助成金」、「タクシー代」など、複数の銀行口座から繰り返し引き出しが行われ、細々としたお金のやり取りに疑惑が生じているようです。

現在も捜査中ですが、猪木議員の主張によれば例えば「文書通信交通滞在費」として支給される金額を野田氏は「月50万円だ」と事務所に説明していたとのこと…、
しかし、実際には月に2回、計100万円が振り込まれており、猪木議員の個人名義口座とは別に事務所名義口座を開設し、そこに残り50万円を振り込ませ、野田氏は数ヵ月に渡って引き出していたそうです。

一方の野田氏の意見はというと、「文書通信交通滞在費」を議員報酬や他の費用と区別して一括して管理するために、議員報酬が振込まれる口座とは別の口座(野田氏の記憶にはありませんが、「アントニオ猪木事務所 代表 猪木寛至」名義)に自動送金される手続きが取っていたとのこと…
これらの手続きは全て猪木議員の指示に基づいたもので、都度配布される明細書を受領していると主張したのです。

そもそも「文書通信交通滞在費」とは、国会議員が公の書類を発送し及び公の性質を有する通信などのために支給されるお金のことで、月100万円としっかり明記されています。
猪木議員がこのことを知らなかったのには問題があるかと思いますが、やはり「文書通信交通滞在費」一つをとっても野田氏の説明は釈然としません。

口座を二つにわけてこともそうですが、複数回に渡って引き落とされた…
という点の説明がなかったからです。
また野田氏は猪木議員の事務所を解雇された際、経理データの入ったパソコンのデータを消去するなどの行動に出ているそうです。

さらに野田氏はキャバクラでかなり豪遊していたという記事や写真も取り上げられており、(本人はポケットマネーと主張していますが…)そのお金がどこから来たのか?…
という疑問も払拭されていません。

都民ファーストの会の代表を辞任したとは言え、野田氏は引き続き東京都知事特別秘書という立場になります…
まずは都民のためにも、猪木議員とのお金の問題に関してはきちんと解決して欲しいものです。


ピックアップ記事

  1. 山本裕典…お持ち帰りがフライデーされて完全に消えた?!
  2. 最上もがは年齢が限界で「でんぱ組.inc」を脱退したのか?!
  3. 大場久美子…破産や病気に立ち向かった日々
  4. ちあきなおみ…現在も夫・郷鍈治(ごうえいじ)との死別により活動休止
  5. 三宅裕司…スタッフの不祥事で「イカ天」打ち切り

関連記事

  1. 2000年代

    篠原ともえ…台湾事件の真相とは?

    1990年代後半に、独特のファッションとハイテンショントークで“シノラ…

  2. 2000年代

    江口直人の亀(カメ)事件のマンションは駒沢のココだ!

    お笑いコンビ「どぶろっく」のボーカル担当、江口直人さん…彼が201…

  3. 2000年代

    畠山愛理(新体操)の山本湧との熱愛報道から現在まで…

    2016年のリオデジャネイロオリンピック新体操団体日本代表に選ばれた「…

  4. 2000年代

    鶴ひろみ…首都高車内での死因は「心臓突然死」?!

    2017年11月16日に、アニメ「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃ…

  5. 2000年代

    松崎しげるの「国際免許無効」の真相とは?

    実は大学時代に真っ白をイメージする「ミルク(ホットミルク)というバンド…

  6. 2000年代

    水嶋ヒロ…小説の裏話と現在の活動はどうなってる?

    2004年にモデルとして芸能界デビューした「水嶋ヒロ」さん。端正な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 十朱幸代…小坂一也と離婚の原因は「松坂慶子」にあった?!
  2. 上原美優…遺書の内容は亡くなった母へ宛てたものだった?!
  3. 小林さやか(ビリギャル)の高校が名古屋の「愛知淑徳学園」で確…
  4. 高倉健…養女の名前「河野貴」(芸名:貴倉良子)が明らかになる…
  5. 白石小百合…退社理由は香水販売だけでなく「紺野あさ美」など同…
  6. 寺尾聰…范文雀との馴れ初めとスピード離婚
  7. 如月琉(37歳)…高校は「弘前高校」と発覚!本名は卒業アルバ…
  8. 及川奈央…現在は舞台女優として活躍中?!
  9. 本田美奈子…白血病が発覚するも移植する猶予もなく他界
  10. 栗城史多…登山家から批判された理由とは何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    真木蔵人…息子ノアの母親クリスへのDVから傷害容疑逮捕まで
  2. 2000年代

    飯島愛…「プラトニック・セックス」で衝撃告白
  3. 1990年代

    春野恵子(ケイコ先生)のプロフィールとこれまで
  4. 2000年代

    森脇和成の結婚や離婚・子供など現在まで色々とあった件
  5. 1990年代

    長井秀和のドイツ人の彼女は18歳も年下の美人?!
PAGE TOP