1990年代

叶和貴子…白浜雅昭と結婚・離婚を経た現在の様子とは?!




 

ピンクレディーや郷ひろみさんのバックコーラスを務めたいた「叶和貴子」さん…
和服の似合う美人として艶やかな演技で名を馳せました。

叶さんが女優への転身のきっかけは、「和服の似合う美人女優」を探していたテレビプロデューサーの久世光彦さんが、郷さんに声をかけ、郷さんが叶さんを紹介したことがきっかけです。

こうして和服美女役や日本酒のCMの他に、ドラマの宇宙刑事シリーズでヒロインを演じるなど幅広く活躍し、人気となりました。
私生活ではプロ野球選手や俳優、医師らとの交際がウワサされ、恋多き女とも呼ばれましたが、結婚相手に選んだのは六本木でライブハウスを経営する実業家だったのです。

名前:叶和貴子(かのうわきこ)
本名:高松和貴子
生年月日:1956年4月23日(62歳)
職業:女優
出身:北海道函館市
学歴:桐朋学園短期大学音楽科




Sponsored Links
 

六本木でライブハウスを経営する実業家とは、故・星野仙一監督と明治大学の同期でもある「白浜雅昭」さんです。
白浜さんとは叶さんのデビュー以前、1979年ごろからの付き合いだったのですが、当初は叶さんがライブハウスに遊びに行く程度で、白浜さん自身「叶はオレの妹分」というような関係だったといいます。

ところが、知り合って7年目、1986年秋に白浜さんが「お互い40歳と30歳、今年、縁談がなければ結婚しようか」と何げなく言ったことをきっかけに、急速に距離が縮まり、叶さんは結婚相手として、白浜さんの顔がフッと浮かぶようになりました。

1987年2月、白浜さんからの大真面目なプロポーズを受け、翌月には白浜さんのライブハウス10周年パーティーで「恋人宣言」をデュエットして、叶さんは結婚を決意…
6月に婚約を発表した叶さんは会見で、「お互い色がつきすぎていたので白になりたい」とコメントしました。

挙式は1988年3月27日…
700人が出席した披露宴で白浜さんは大ハシャギで、お色直しでは鼻の下に付けヒゲをするなどおどけてみせたのです。

しかし、結婚前から将来を不安視する声も聞かれました。
不安材料のひとつは叶さんの母親です。

離婚を経験して女手ひとつで苦労して叶さんを育てた叶さんの母親は、名よりも実を取るタイプともいわれ、結婚による叶さんの収入減やライブハウスの経営状況によっては、将来何が起こるかわからないとの指摘もあったのです。

そして、不安は的中しました。
ライブハウス経営の白浜さんは連日、朝帰りが続いてドラマの仕事が多い叶さんは早朝出勤…
地方のロケで家を空けることも多く、スレ違い生活が続いたのです。

叶さんは夫婦ゲンカのたびに家出を繰り返し、1991年2月に慰謝料などの条件が全くない形で離婚が成立しました。
白浜さんは「自由奔放に生きてきたボクにとって彼女の束縛はしんどかった」と言い、叶さんは「2人の時間を持てなかった」とそれぞれ心境を語ったのです。

もっとも、離婚の具体的な理由については、泥仕合を避けるため公表しないと念書を交わした…
との報道も流れる事態となりました。

また、前後して、さらなる悲劇が叶さんを襲いました。
風邪を押して稽古を続けていた叶さん…
体中の骨が痛み背中が冷えるようになります。

診断はリウマチでした。
徐々に悪化する症状に医師からは「女優はやめられないですか?」とまで言われるようになったのです。

その後も鎮痛剤を飲み、点滴を打って舞台に立ちましたが、1997年についに活動の一時休止に追い込まれました。

2000年にはナレーションの仕事を中心に復帰し、健康をテーマにしたテレビ、ラジオのトーク番組出演や講演なども行っていますが、私生活については「結婚はもうしない。自分の体のことでいっぱいいっぱい」と語っています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 竹内友佳アナウンサーの結婚相手(一般男性)は航空会社でこんな仕事してる?!
  2. 林昌範…現在は「船橋中央自動車学校」で営業部長に?!年収は〇〇万円
  3. 向井亜紀…代理出産における東京高裁と最高裁の裁判結果
  4. 西城秀樹…若い頃に20代の一般女性に求婚していた?!
  5. 高橋ジョージ…UFOに宇宙の果てまで連れて行かれたことがある?!

関連記事

  1. 1990年代

    舘ひろし…幸子夫人と結婚と子供に関して

    「西部警察」(1979年)や「あぶない…

  2. 1990年代

    明石家さんまと大竹しのぶ…結婚の馴れ初めと離婚原因とは?

    1988年9月に電撃入籍して話題をさらった「明石家さんま」さん(当時3…

  3. 1990年代

    森脇和成…「消えた」と言われながらも舞台で活躍していた?!

    「そう言えば一時期、復帰したはず」…けれど…

  4. 1990年代

    城達也…ジェットストリームの最終回で語った言葉とは?

    甘い声が魅力で「プラチナの低音」と呼ば…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    蛭子能収…賭博罪で逮捕されるまでは1億円も稼いでいた?!
  2. 2000年代

    朝比奈彩…本名「松瀬彩」の実家は洲本市「○○地区」?!
  3. 1970年代

    大谷直子…離婚と病気を乗り越えた人生
  4. 1960年代

    若尾文子の泥沼離婚騒動の真相とは?…
  5. 1970年代

    岡田奈々に起きた監禁事件の真相とは?!
PAGE TOP