1980年代

長門裕之…女性遍歴を暴露して非難殺到





2011年5月に77歳で亡くなった長門裕之さん…
晩年は2009年10月に亡くなった妻、南田洋子さんを介護する姿がしばしば報じられました。

二人は芸能界を代表するオシドリ夫婦で、妻とのペア出演も多かった大物俳優でしたが、一時、「筆禍(ひっか)」事件で表舞台から消えていたのです。

名前:長門裕之(ながとひろゆき)
本名:加藤晃夫(かとうあきお)
生年月日:1934年1月10日~2011年5月21日(享年77歳)
職業:俳優
出生地:京都府京都市中京区
学歴:立命館大学文学部(中退)



Sponsored Links
 

1985年10月21日、一冊の本が出版されました。
タイトルは「洋子へ 長門裕之の愛の落書集」…

当時、出版界は江本孟紀さんの「プロ野球を10倍楽しく見る方法」や、ダン池田さんの「芸能界本日モ反省ノ色ナシ」が大ヒットする暴露本ブームでした。
内部告発が話題をさらった時代だったのです。

長門さんの「洋子へ」も、版元のパプリシティーが成功してバカ売れ…
発売初日に初版2万部がはけて、最終的に50万部を売るベストセラーになったのです。

普通なら長門さんも版元もウハウハ…
ところが、長門はさん奇妙な記者会見を開くのです。
「こんな本はダメ」、「出版社が捏造した」、「買わないで」と真っ青になって訴える光景が、テレビで繰り返し放送されました。

この本はタイトル通り妻へのラブレターといえなくもないのですが、女優を中心に「100人切り」を豪語する女性遍歴が実名を交えて書かれていました。
特に問題になったのは、女優OさんとIさんとのくだり…

Oさんとは20歳の頃に、恋仲だったと告白…
上京したOさんにホテルに呼び出されて、彼女の部屋で「久しぶりにくちびるを重ね激しくベッドに押し倒した」、「ぼくは彼女の中で激情した」と官能小説風に書かれていました。

Iさんとは「女房公認の恋人」、「ふたりでよく外泊」、「ロケ先のホテルではぼくの下着まで洗濯してくれる」などと、長年の不倫関係だったと書いたのです。

男女関係以外でも長門さんが経営する「人間プロ」を辞めたKさんには「あの若さで金に汚い」、「男性関係にルーズ」痛罵の数々が…
松田聖子さん、渥美清さん、大橋巨泉さん、愛川欽也さんらに対する辛辣な人物評も満載でした。

この本の記述に対してOさんは、かつての恋仲を否定しないものの…
書かれていた件は事実ではないと言明したのです。

Iさんは記者会見で事実無根と抗議し、「何で私が下着を洗わなくちゃいけないんですか」と激怒しました。
Kさんも長門の嫌がらせとし、法的手段も辞さずと怒りの記者会見を開いたのです。

抗議を受けた長門さんは何度も謝罪会見を開き、1月17日付でスポーツ紙各紙に謝罪広告を出しました。
それでも怒りが収まらないIさん宛てに30日に再び謝罪広告…
12月23日には、問題箇所を書き直した改訂版も発売したのです。

しかし、長門さんが捏造と断じたにもかかわらず、ほぼ本のままの取材速記録が出版社側から流出し、長門さんの信頼はますます失墜しました。
売れっ子だった長門さん・南田さん夫妻は、ほぼ全部のテレビ番組とCMから降板…
再びオシドリ夫婦といわれるのは晩年の介護報道まで待たねばならなかったのです。



ピックアップ記事

  1. 滝沢カレン…彼氏A君(実業家)の名前は「ゆうすけ」…って誰?!
  2. 富田靖子…自動車事故で筧利夫との熱愛が発覚する?!
  3. 石田純一…元妻といしだ壱成との関係がちょっといい話?!
  4. 朝比奈彩…本名「松瀬彩」の実家は洲本市「○○地区」?!
  5. 田中義剛…嫁・舛澤佳子との馴れ初めと結婚秘話

関連記事

  1. 1980年代

    オスマン・サンコンさん…2018年現在の活動とは?!

    お決まりのフレーズは「1コン、2コン、サンコン…

  2. 1980年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1986年度)

    英チャールズ皇太子とダイアナ妃が来日し、ミニス…

  3. 1980年代

    たこ八郎…死因とあき竹城の最後の言葉

    1985年7月、元プロボクサーでコメディアンの…

  4. 1980年代

    実は結婚していた大江千里のデビューから現在まで

    「十人十色」、「あいたい」、「格好悪い…

  5. 1980年代

    錦野旦と武原英子…馴れ初めから結婚後の感動秘話

    1980年9月19日午後2時、東京都品川区の妙…

  6. 1980年代

    松田聖子…コンサート中に暴漢に襲われ怪我をする?!

    大阪府枚方市にTSUTAYAの1号店「蔦屋書店…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 桑田佳祐と原由子…子供「祐宜」の出産秘話とは?!
  2. 新田恵利…熱海の家は「伊豆山エリア」or「多賀・網代エリア」…
  3. 紺野美沙子…息子は慶應義塾大学を卒業している?!
  4. 金村義明…息子がキャディを始めたワケとは一体?!
  5. 紺野ぶるま…旦那はオードリー若林似の会社員?!
  6. 佐藤二朗…嫁のルミは息子に「オジサンみたい」と言われたことが…
  7. 清貴…LGBTをカミングアウトして本来の自分を取り戻す?!
  8. つちやかおり…娘(次女)は病気を乗り越えグラフィックを学んで…
  9. 山本譲二…交通事故で全治2ヵ月の重傷を負ったことがある?!
  10. 古尾谷雅人の息子・高藤疾土は父親の名前で再び役者を志す?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    森高千里と江口洋介…結婚までの馴れ初めとは?
  2. 1990年代

    若人あきらの失踪事件の真相は「シマ性健忘症」なのか?!
  3. 1990年代

    宮沢りえ…新聞の広告にサンタフェが掲載され世間を賑わす
  4. 2000年代

    内柴正人…事件の経緯と被害者との関係について
  5. 2000年代

    アジャコング(えりかちゃん)の意外な現在の姿とは?!
PAGE TOP