1980年代

長門裕之…女性遍歴を暴露して非難殺到





2011年5月に77歳で亡くなった長門裕之さん…
晩年は2009年10月に亡くなった妻、南田洋子さんを介護する姿がしばしば報じられました。

二人は芸能界を代表するオシドリ夫婦で、妻とのペア出演も多かった大物俳優でしたが、一時、「筆禍(ひっか)」事件で表舞台から消えていたのです。

名前:長門裕之(ながとひろゆき)
本名:加藤晃夫(かとうあきお)
生年月日:1934年1月10日~2011年5月21日(享年77歳)
職業:俳優
出生地:京都府京都市中京区
学歴:立命館大学文学部(中退)



Sponsored Links
 

1985年10月21日、一冊の本が出版されました。
タイトルは「洋子へ 長門裕之の愛の落書集」…

当時、出版界は江本孟紀さんの「プロ野球を10倍楽しく見る方法」や、ダン池田さんの「芸能界本日モ反省ノ色ナシ」が大ヒットする暴露本ブームでした。
内部告発が話題をさらった時代だったのです。

長門さんの「洋子へ」も、版元のパプリシティーが成功してバカ売れ…
発売初日に初版2万部がはけて、最終的に50万部を売るベストセラーになったのです。

普通なら長門さんも版元もウハウハ…
ところが、長門はさん奇妙な記者会見を開くのです。
「こんな本はダメ」、「出版社が捏造した」、「買わないで」と真っ青になって訴える光景が、テレビで繰り返し放送されました。

この本はタイトル通り妻へのラブレターといえなくもないのですが、女優を中心に「100人切り」を豪語する女性遍歴が実名を交えて書かれていました。
特に問題になったのは、女優OさんとIさんとのくだり…

Oさんとは20歳の頃に、恋仲だったと告白…
上京したOさんにホテルに呼び出されて、彼女の部屋で「久しぶりにくちびるを重ね激しくベッドに押し倒した」、「ぼくは彼女の中で激情した」と官能小説風に書かれていました。

Iさんとは「女房公認の恋人」、「ふたりでよく外泊」、「ロケ先のホテルではぼくの下着まで洗濯してくれる」などと、長年の不倫関係だったと書いたのです。

男女関係以外でも長門さんが経営する「人間プロ」を辞めたKさんには「あの若さで金に汚い」、「男性関係にルーズ」痛罵の数々が…
松田聖子さん、渥美清さん、大橋巨泉さん、愛川欽也さんらに対する辛辣な人物評も満載でした。

この本の記述に対してOさんは、かつての恋仲を否定しないものの…
書かれていた件は事実ではないと言明したのです。

Iさんは記者会見で事実無根と抗議し、「何で私が下着を洗わなくちゃいけないんですか」と激怒しました。
Kさんも長門の嫌がらせとし、法的手段も辞さずと怒りの記者会見を開いたのです。

抗議を受けた長門さんは何度も謝罪会見を開き、1月17日付でスポーツ紙各紙に謝罪広告を出しました。
それでも怒りが収まらないIさん宛てに30日に再び謝罪広告…
12月23日には、問題箇所を書き直した改訂版も発売したのです。

しかし、長門さんが捏造と断じたにもかかわらず、ほぼ本のままの取材速記録が出版社側から流出し、長門さんの信頼はますます失墜しました。
売れっ子だった長門さん・南田さん夫妻は、ほぼ全部のテレビ番組とCMから降板…
再びオシドリ夫婦といわれるのは晩年の介護報道まで待たねばならなかったのです。



ピックアップ記事

  1. キャシー中島…長女の夫(猪田武)が再婚していた話はガセ?!
  2. 辰吉丈一郎…子供の頃に宇宙人に出会って強くなった?!
  3. 山村美智子(元ひょうきん族アナ)の番組降板事件
  4. 中川礼二の「生涯禁酒」宣言は何処に?
  5. 木梨憲武はマクドナルドの「無料カード」を持っている?!

関連記事

  1. 1980年代

    宮崎美子…スピード離婚原因は「阪神タイガース」?!

    クイズ番組で大活躍し、才色兼備のクイズ女王「宮…

  2. 1980年代

    野坂なつみ…おなじみの「インテリメガネ」は伊達だった?!

    1989年にダイヤモンド映像からデビューしたセ…

  3. 1980年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1987年度)

    第1回ラグビーワールドカップ開幕され、小錦八十…

  4. 1980年代

    火野正平…多くの女性遍歴を重ねることができた理由とは?!

    今も昔も芸能ゴシップとして多いのが不倫スキャン…

  5. 1980年代

    倉田まり子…投資ジャーナル事件から現在までの転身に衝撃!?

    本名は坪田まり子(つぼた まりこ)…当時の…

  6. 1980年代

    寺山修司はサイコパス?!明らかになった奇行の数々…

    1960年代から70年代にかけて劇団主宰者、映…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    尾上菊之助…子供の幼稚園はやっぱり「青山学院幼稚園」なの?
  2. 1970年代

    平尾昌晃…幼妻(小沢深雪)との結婚から離婚まで
  3. 2000年代

    Niki(丹羽仁希)の彼氏は本当に山下智久で決まりなのか?!
  4. 1960年代

    グループサウンズ「オックス」の失神パフォーマンスとは何だったのか?
  5. 1990年代

    山口百恵(三浦百惠)…自宅に暴漢が乱入した事件をプレイバックする
PAGE TOP