1980年代

熊谷真実とつかこうへいの結婚とスピード離婚





1982年1月、女優の「熊谷真実」さんと、劇作家のつかこうへいの離婚会見が開かれました。

名前:熊谷真実(くまがいまみ)
生年月日:1960年3月10日(57歳)
職業:女優・タレント
出身:東京都杉並区
所属:ヴェリータ株式会社



Sponsored Links
 

「今朝、正式に離婚届を出してきました」…
1月29日、自ら用意した都内ホテルの部屋で記者合見に臨んだ劇作家のつかこうへいさん(当時33歳)はこう切り出しました。
前年春から、夫人の熊谷真実さん(当時21歳)と別居状態にあったといいます。

会見に駆けつけた記者たちから驚きの声は出ませんでした。
なぜなら予想の範囲内だったからです。

実はその10日前、つかさんは小説「蒲田曲」直木賞を受賞していました。
受賞会見で「真実さんは何とおっしゃっていましたか?」と聞かれ、「喜んでくれました」と答えたのですが、その顔がこわばっていたの記者たちは見逃さなかったのです。

「夫婦間に何かあった」…
と多くの記者が直感し、仲間うちのお祝いのパーティーにも熊谷さんは姿を見せず、離婚の危機がささやかれていたからです。

2人が出会ったのは1978年春…
つかさんが演出するロックオペラ「サロメ」のオーディションに熊谷さんが応募したのがきっかけでした。
18歳になったばかりでそれまで恋愛経験がまったくなかった熊谷さんは初対面のつかさんをいっぺんで好きになってしまったのです。

舞台が終わり、これで離れ離れになってしまうと思うと、熊谷さんは居ても立ってもいられず…
関係者からつかさんの自宅の電話番号を聞き出して連絡を入れたのでした。
そして、いきなり「真実とデートしてださい」と申し込んだのです。

交際が始まり、熊谷さんはつかさんの家に行ってご飯を作ったり掃除をするようになりました。
つかさんも 熊谷さんの実家に顔を出し食事をするなど、家族ぐるみのつきあいになっていったのです。

1979年、熊谷さんはNHK連続テレビ小説「マー姉ちゃん」のヒロインに抜擢され、多忙をきわめるようになったのですが、2人の関係は変わりませんでした。

同年7月、つかさんの父親が危篤におちいると、熊さん谷は撮影の合間を縫って福岡に飛びました。
つかさんは意識がない父親に向かって「オレの嫁さんになる人だ」と語りかけ、これが実質的なプロポーズだったのです。

それから半年後の1980年3月に2人は入籍しました。
そうして1年10カ月後に別れることになったわけですが、実際の結婚生活はわずか1年だったのです。
1981年3月、熊谷さんが家を飛び出してしまったからです。

それについてつかさんは離婚会見で「ささいなケンカが原因」と説明…
「お互いの異性関係が原因では?」の質問には「絶対にそんなことはない」と言下に否定しました。

いずれにしても以降、夫婦関係が修復されることはありませんでした。
熊谷さんを直撃しても“わからない”を繰り返すばかり…
破綻の理由がはっきりしない離婚でした。

ただ、つかさんがやたら熊谷さんに対して怒りの感情を持っていたことが印象的で、つかさんは「今後、熊谷さんと友人として会うか?」と問われ、「会いたくないね」とキッパリ…
「仕事では?」の質問にも「したくないね」と絶縁状を突きつけたのでした。

翌年、つかさんは再婚…
一人娘をもうけましたが、2010年7月、肺がんのため62歳の若さで亡くなっています。

一方の熊谷さんはずっと独身を通していましたが、2012年11月13日に18歳下のの書道家・中沢希水(きすい)さんと再婚しました。
最近ではテレビドラマ「科捜研の女 第16シリーズ」(2016年・テレビ朝日)や、映画「さよならドビュッシー」(2013年)などに出演したいます。



ピックアップ記事

  1. 石橋蓮司と緑魔子…子供の名前が「阿礼」になった理由とは?
  2. 平尾昌晃…幼妻(小沢深雪)との結婚から離婚まで
  3. 野村貴仁…巨人では外国人選手ヒルマンからグリーニーを入手していた?!
  4. 栞菜智世(本名:生田若菜)の大学はフェリス!?
  5. 江角マキコの年金未納問題が生んだ政治家への波紋

関連記事

  1. 1980年代

    志村けんとビートたけしの有名な美談はガセだった?!

    日本のお笑い会の大御所、「志村けん」さんと「ビ…

  2. 1980年代

    宮川大助・花子の闘病の日々

    夫婦漫才の大御所といえば、「宮川大助・花子」さ…

  3. 1980年代

    藤真利子…マッチ(近藤真彦)との親密な関係?!

    純文学から中間小説…エンターテイメントまで…

  4. 1980年代

    研ナオコに起きた離婚騒動の経緯とは?

    女優やコメディエンヌとしてバラエティーやCMで…

  5. 1980年代

    黛ジュン…デビューから現在までを振り返る

    1983年、ゴールデンウィーク初日の4月29日…

  6. 1980年代

    錦野旦と武原英子…馴れ初めから結婚後の感動秘話

    1980年9月19日午後2時、東京都品川区の妙…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    赤西仁…KAT-TUN脱退×芸能界休養騒動
  2. 1990年代

    松坂慶子…高内春彦との馴れ初めから結婚まで
  3. 1990年代

    城達也…ジェットストリームの最終回で語った言葉とは?
  4. 1990年代

    安藤優子…3度の不倫報道と略奪婚
  5. 2000年代

    Niki(丹羽仁希)の彼氏は本当に山下智久で決まりなのか?!
PAGE TOP