1980年代

熊谷真実とつかこうへいの結婚とスピード離婚

1982年1月、女優の「熊谷真実」さんと、劇作家のつかこうへいの離婚会見が開かれました。

名前:熊谷真実(くまがいまみ)
生年月日:1960年3月10日(57歳)
職業:女優・タレント
出身:東京都杉並区
所属:ヴェリータ株式会社



Sponsored Links
 

「今朝、正式に離婚届を出してきました」…
1月29日、自ら用意した都内ホテルの部屋で記者合見に臨んだ劇作家のつかこうへいさん(当時33歳)はこう切り出しました。
前年春から、夫人の熊谷真実さん(当時21歳)と別居状態にあったといいます。

会見に駆けつけた記者たちから驚きの声は出ませんでした。
なぜなら予想の範囲内だったからです。

実はその10日前、つかさんは小説「蒲田曲」直木賞を受賞していました。
受賞会見で「真実さんは何とおっしゃっていましたか?」と聞かれ、「喜んでくれました」と答えたのですが、その顔がこわばっていたの記者たちは見逃さなかったのです。

「夫婦間に何かあった」…
と多くの記者が直感し、仲間うちのお祝いのパーティーにも熊谷さんは姿を見せず、離婚の危機がささやかれていたからです。

2人が出会ったのは1978年春…
つかさんが演出するロックオペラ「サロメ」のオーディションに熊谷さんが応募したのがきっかけでした。
18歳になったばかりでそれまで恋愛経験がまったくなかった熊谷さんは初対面のつかさんをいっぺんで好きになってしまったのです。

舞台が終わり、これで離れ離れになってしまうと思うと、熊谷さんは居ても立ってもいられず…
関係者からつかさんの自宅の電話番号を聞き出して連絡を入れたのでした。
そして、いきなり「真実とデートしてださい」と申し込んだのです。

交際が始まり、熊谷さんはつかさんの家に行ってご飯を作ったり掃除をするようになりました。
つかさんも 熊谷さんの実家に顔を出し食事をするなど、家族ぐるみのつきあいになっていったのです。

1979年、熊谷さんはNHK連続テレビ小説「マー姉ちゃん」のヒロインに抜擢され、多忙をきわめるようになったのですが、2人の関係は変わりませんでした。

同年7月、つかさんの父親が危篤におちいると、熊さん谷は撮影の合間を縫って福岡に飛びました。
つかさんは意識がない父親に向かって「オレの嫁さんになる人だ」と語りかけ、これが実質的なプロポーズだったのです。

それから半年後の1980年3月に2人は入籍しました。
そうして1年10カ月後に別れることになったわけですが、実際の結婚生活はわずか1年だったのです。
1981年3月、熊谷さんが家を飛び出してしまったからです。

それについてつかさんは離婚会見で「ささいなケンカが原因」と説明…
「お互いの異性関係が原因では?」の質問には「絶対にそんなことはない」と言下に否定しました。

いずれにしても以降、夫婦関係が修復されることはありませんでした。
熊谷さんを直撃しても“わからない”を繰り返すばかり…
破綻の理由がはっきりしない離婚でした。

ただ、つかさんがやたら熊谷さんに対して怒りの感情を持っていたことが印象的で、つかさんは「今後、熊谷さんと友人として会うか?」と問われ、「会いたくないね」とキッパリ…
「仕事では?」の質問にも「したくないね」と絶縁状を突きつけたのでした。

翌年、つかさんは再婚…
一人娘をもうけましたが、2010年7月、肺がんのため62歳の若さで亡くなっています。

一方の熊谷さんはずっと独身を通していましたが、2012年11月13日に18歳下のの書道家・中沢希水(きすい)さんと再婚しました。
最近ではテレビドラマ「科捜研の女 第16シリーズ」(2016年・テレビ朝日)や、映画「さよならドビュッシー」(2013年)などに出演したいます。



ピックアップ記事

  1. 嘉門洋子(オフィス27)の薬物疑惑から現在
  2. 清原和博…母が難病!病名はアルツハイマーだけじゃなかった!?
  3. アグネス・ラムは現在もしっかりと稼いでいる?!
  4. 熊谷真実とつかこうへいの結婚とスピード離婚
  5. 岸部四郎のバブル期の借金地獄から自己破産

関連記事

  1. 1980年代

    竹下景子…旦那・関口照生との結婚までの馴れ初め

    女優でありながら、TBS系「クイズダービー」で“三択の女王”と呼ばれる…

  2. 1980年代

    研ナオコに起きた離婚騒動の経緯とは?

    女優やコメディエンヌとしてバラエティーやCMで活躍し、歌手としても紅白…

  3. 1980年代

    沖田浩之と山本陽子…20歳差カップルの交際から破局まで

    ドラマ「3年B組金八先生」などに出演し、アイドルとして活躍した「沖田浩…

  4. 1980年代

    佐久間良子の元夫・平幹二朗との離婚劇の裏側

    高い塀に囲まれた実家の敷地が500坪ほどあり、まさに箱入り娘だった「佐…

  5. 1980年代

    沢田亜矢子…娘の父親に関しては未だに明かさず

    大蔵省(現・財務省)入省後にピアノの弾き語りのアルバイトをしていたとこ…

  6. 1980年代

    樋口可南子・糸井重里…馴れ初めと略奪婚

    1980年代は、コピーライター、空間プロデューサーなど、おしゃれなイメ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 十朱幸代…小坂一也と離婚の原因は「松坂慶子」にあった?!
  2. 上原美優…遺書の内容は亡くなった母へ宛てたものだった?!
  3. 小林さやか(ビリギャル)の高校が名古屋の「愛知淑徳学園」で確…
  4. 高倉健…養女の名前「河野貴」(芸名:貴倉良子)が明らかになる…
  5. 白石小百合…退社理由は香水販売だけでなく「紺野あさ美」など同…
  6. 寺尾聰…范文雀との馴れ初めとスピード離婚
  7. 如月琉(37歳)…高校は「弘前高校」と発覚!本名は卒業アルバ…
  8. 及川奈央…現在は舞台女優として活躍中?!
  9. 本田美奈子…白血病が発覚するも移植する猶予もなく他界
  10. 栗城史多…登山家から批判された理由とは何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    宮沢磨由の妹「宮澤那名子」はヴェルサイユ宮殿で歌った最初の日本人のメンバーだった…
  2. 1980年代

    フランク永井…自殺未遂の原因は何だったのか?!
  3. 2000年代

    おかもとまりの子どもと旦那naoとの結婚秘話!
  4. 2000年代

    千昌夫…不動産王から借金王の異名をとる
  5. 1970年代

    中康次…ダイレンジャーや佐々木小次郎などの役者魂
PAGE TOP