1980年代

川崎敬三…ヤラセ事件で番組降板の真相とは何だったのか?




 

今でも時おり問題になっているテレビ業界の「ヤラセ」…
最近でも「ほこ×たて」(フジテレビ)や「世界の果てまでイッテQ!」(日テレ)でも問沙汰されましたよね。
この「ヤラセ」が社会問題に発展したのは1995年10月、川崎敬三さん司会の「アフタヌーンショー」でした。

名前:川崎敬三(かわさきけいぞう)
本名:陶山惠司(すやまやすじ)
生年月日:1933年7月1日~2015年7月21日(享年82歳)
職業:俳優、司会者、タレント
出身:神奈川県川崎市



Sponsored Links

ヤラセの発覚は1985年10月9日…
問題になったのは8月20日放送の番組で、取り上げたのは不良グループ50~60人が起こした事件でした。

番組では、東京・福生市内の多摩川河川敷で行われたバーベキューで女子中学生5人がリンチされる場面を映し出したのです。
これをその後、警視庁少年2課などが捜査…
10月8日、元暴走族の石工(当時30歳)が無職の少女2人をけしかけて暴行をはたらいたとし、少年2課と福生署は石工と無職少女2人を逮捕しましたが、番組そのものにヤラセの疑いがあると報道されて大騒ぎに発展したのです。

11日には元暴走族仲間の無職の男(当時28歳)が暴力行為教唆容疑で逮捕され、これら複数の関係者の証言から、番組の担当ディレクター(当時33歳)にも同容疑で逮捕状が出たのです。

その過程でバーベキューの参加者は「面白い場面が撮りたい」というディレクターの要望に沿って、無職の男が集めた仕込みだったことがわかりました。

ディレクターが現場で「もっとやれ」と指示を出したこと、さらにはディレクターが暴行をはたらいた少女2人を含む主要メンバー10人ほどに焼き肉屋で酒を飲ませ、リンチについてインタビューしたことが明るみになったのです。
その時、ディレクターは男に対して謝礼14万円を渡していました。

番組司会の川崎さんは集中砲火を浴びる中、事件発覚の翌10日には謝罪しています。
放送の冒頭で「世間をお騒がせしていることを申し訳なく思っております」とコメント…
テレビ朝日もおわびを発表して事態の沈静化を図りました。

またこの時、被害者の女子中学生も実は撮影を承知した”出演者”で、警察が相当、強引に被害届を出させたと指摘する声もありました。
しかし女子中学生の一人の母親が被害届提出した直後に自殺したことが報道され、番組への批判がさらに強まることになったのです。

15日に中曽根康弘首相(当時)までが「遺憾」とコメント…
番組のスポンサーも降板しました。

川崎さんも「たった一度でもヤラセといわれている番組の司会をした責任を取って辞める」と発言し、レギュラーのばば こういちさんも「私も辞める」と追従したのです。

テレ朝はディレクターを懲戒解雇処分、社長以下全取締役の減給処分を決めました。
番組は後任の司会者や内容の変更も検討されましたが、18日で打ち切り…
1965年4月以来、5359回放送という長寿番組に幕が引かれたのです。

これで山本耕一さんと川崎さんの、
「ということはですね、山本さん」
「そ~なんですよ、川崎さん」という掛け合いが人気の「事件コーナー」も見納めとなったのです。

降板後、川崎さんは東北にあるホテルの雇われ社長を務めたりしましたが、6年ほどで辞めています。
その後は一切の関係を断って隠居生活に入り、事件については沈黙を守ったまま、2015年7月に82歳でこの世を去っています。

遺志により、亡くなったことが公表されませんでしたが、親しい関係者宛に川崎さんの訃報と喪中報告のハガキが届いたことにより、その死去が明らかとなったのです。



Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 三浦洋一…死因の「食道がん」を明かさずに舞台に挑んでいた?!
  2. 大竹しのぶ…野田秀樹とは結婚せずに破局?!
  3. 月亭八方…若い頃に円形脱毛症になったことがある?!
  4. 徳島えりか…結婚相手は30代で業界関係者?!
  5. 千葉真一と野際陽子…馴れ初めと離婚理由は何だったのか?

関連記事

  1. 1980年代

    たこ八郎…死因とあき竹城の最後の言葉

    1985年7月、元プロボクサーでコメディアンの…

  2. 1980年代

    甲斐バンド…1986年の解散理由に感動させられる件

    1974年のシングル曲「バス通り」でデ…

  3. 1980年代

    神田正輝と松田聖子…馴れ初めから結婚式を振り返る

    ご存じ、俳優の「神田正輝」さんの前妻は…

  4. 1980年代

    高橋三千綱…中山一也に刺されて全治10日のケガを負う?!

    代表作である「さすらいの甲子園」(1978…

  5. 1980年代

    三遊亭小圓遊(四代目)…食道静脈瘤破裂が原因で死去する

    キザな口調と仕草で人気を博した四代目・「三遊亭小圓遊」(さんゆうていこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    佐渡裕…再婚相手の公子と芦屋の自宅にワケアリ!?
  2. 1990年代

    小川菜摘と浜田雅功…馴れ初めと結婚式のエピソード
  3. 2000年代

    安藤和津…母親・荻野昌子はどのような人物だったのか?!
  4. 1990年代

    宝生舞…女優引退後に結婚、今は何をしている?
  5. 2000年代

    隆大介…暴行事件は韓国でどのように報道されたのか?!
PAGE TOP