1980年代

ポールマッカートニー…来日して大麻所持で逮捕されたことがある?!





エジプトとイスラエルが国交を樹立した1980年1月…
鳴り物入りで来日した大物アーティストであるポール・マッカートニーが、成田空港で逮捕されるショッキングな事件が起きました。

当時、海外のミュージシャンの間に薬物が蔓延…
ローリング・ストーンズなど大物も薬物で入国を拒否されていたのです。

名前:ジェイムズ・ポール・マッカートニー
出生名:James Paul McCartney
生年月日:1942年6月18日(76歳)
職業:ミュージシャン、シンガーソングライター
出身:イギリス
学歴:Liverpool Institute(リバプール・インスティテュート)




Sponsored Links
 

1980年1月16日15時、成田空港にニューヨーク発のパンナム機が到着しました。
中から出てきたのはウイングスのメンバーです。

ウイングスは元ビートルズのポール・マッカートニー率いるロックバンド…
当時リリースした「夢の旅人」は、「イギリスの第2の国歌」といわれるほど大ヒットし、全盛期のビートルズに迫る人気を誇っていたのです。

ポールには大麻使用の前歴があり、この4年前にもそれが問題視されて日本ツアーが中止になっていました。
入管事務所は前歴持ちのポールを2時間も入念に審査…
ポールは「日本国内では違法行為を行わない」由の念書を差し出して通されたのです。

次は税関です。
ポールはカウンターにスーツケースを無造作に置きました。

係官がカバンを開けます…
これで無事入国かと思いきや、係員の動きが慌ただしくなります。

それもそのはず…
カバンの中から隠語でブッダスティックと呼ばれる葉巻状の大麻が出てきたのです。

スーツケースの内ポケットや替え上着の中からその数90本…
219グラムもの量でした。

ポールは税関の別室にとどめられ、急行した麻薬取締官によって手錠をかけられました。
彼はこの時、口笛を吹き、リラックスした様子だったといいます。

何とも不可解な行動…
日本が麻薬に厳しい国と知っていたと、本人も麻薬取締官事務所で供述しています。

大麻はニューヨークを発つ直前に見知らぬ白人から250ドルで購入…
2004年にイギリスの音楽誌のインタビューでも「あれは、僕の人生最大の愚行だった」と反省しながらも、麻薬持ち込みの理由は「上質なものだったので飛行機のトイレに流すのは惜しかった」と要領を得ませんでした。

取り調べが行われた東京・中目黒の麻薬取締官事務所には300人ものファンが集まり、ポールが窓から顔を出すのを期待し、偽の火災通報をして消防車が7台も集まるなどの珍事が起きました。
ナプキンにポールのサインをねだった警視庁留置係が厳重注意処分を受けたりもしたのです。

結局、10日間の勾留の末に国外退去となり、そのままアメリカに帰国しました。
大麻の量からして起訴されて刑事裁判になることも予想されましたが、大物に配慮してか、ポール側の弁護士が敏腕だったためか、玉虫色の決着を見たのです。

日本への入国手続きが完了していないため、日本法は適用されないとして前科等にはならない「上陸拒否」との形の法的処理が行われました。

これで11回予定されていたコンサートのキャンセルなどで、プロモーターは3億円近い損害を被ったといいます。
ウィングスは翌年、事実上解散しました。

結局、ほとぼりが冷めてポールの来日がかなったのは10年後の1990年…
同年にはやはり1973年に入国許可が下りなかったストーンズも初来日しました。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. いしだ壱成…薬物逮捕の理由はヒッピー文化が関係してた?!
  2. 畑野ひろ子…子供の小学校は「成城学園初等学校」なの?!
  3. おかずクラブゆいPにタトゥーが入ってるか探してみた件
  4. 佳那晃子…借金4億の原因と返済までの日々を振り返る
  5. 若乃花(二代目)…親方の長女と離婚して銀座クラブのママと再婚?!

関連記事

  1. 1980年代

    羽川豊…嫁・松田恵子との出会いや馴れ初めとは?

    プロテストでは、当時の新記録(−8)を…

  2. 1980年代

    甲斐よしひろ…高橋まゆみ(元嫁)との結婚式秘話とは?!

    ロックミュージシャンの「甲斐よしひろ」…

  3. 1980年代

    松田聖子…コンサート中に暴漢に襲われ怪我をする?!

    大阪府枚方市にTSUTAYAの1号店「蔦屋書店…

  4. 1980年代

    三原じゅん子…暴行事件を起こし逮捕歴もあった?!

    元は女優や歌手として活躍していた「三原…

  5. 1980年代

    樋口可南子・糸井重里…馴れ初めから略奪婚まで

    1980年代は、コピーライターや空間プ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    オスマン・サンコンさん…現在の活動とは?!
  2. 1970年代

    今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで
  3. 1980年代

    黒川紀章…脅迫状が届いて嫁の若尾文子と記者会見を開く?!
  4. 1980年代

    間寛平…アメマ裁判でも笑いをとる?!
  5. 2000年代

    芳根京子…難病「ギランバレー症候群」はなぜ発症したのか!?
PAGE TOP