1970年代

ソルティーシュガー…池田謙吉と「走れコウタロー」の誕生秘話

早口の競馬中継ナレーションがウケて大ヒットしたコミックソング「走れコウタロー」…
歌っているのは4人組フォークバンド「ソルティー・シュガー」ですが、 レコード発売直前の1970年5月にアクシデンが起きました。

バンド名:ソルティー・シュガー
メンバー:山本コウタロー、佐藤敏夫、手塚通夫、高橋隆
レーベル:ビクター
ジャンル:フォークソング
活動期間:1969年~1971年



Sponsored Links
 

「ソルティー・シュガー」は都立日比谷高校の同級生を中心に山本コウタローさん、池田謙吉さん、佐藤敏夫さん、手塚通夫さん、高橋隆さんらが結成…
高卒後デザイナーを目指す佐藤さんが脱退しましたが、名前だけでも残そうと「さとうとしお」を「砂糖と塩」に読み替えた「ソルティー・シュガー」にしたのです。

ほかの4人は大学進学後の1969年12月に「ああ大学生」でレコードデビュー…
しかし、売れずにメンバーはいつも千代田区の北の丸公園で練習をしていました。

これにいつも遅刻したのが山本さん…
集合場所では、ほかのメンバーが山本さんに「走れ、走れコウタロー」と、はやし立てながら歌うのが常で、これがきっかけとなり、「走れコウタロー」が誕生したのです。

当時は美濃部都知事が都主催の公営ギャンブルの廃止に取り組んでいました。
曲には早口の競馬中継のほか、知事の声色を真似たナレーションも入っていて、これらがレコード会社の目に留まり、発売が決定したのです。

ところが、レコーディングが終了し、発売を待つばかりとなった5月10日…
リーダーの池田さん(当時21歳)が急死します。

ラジオ出演の待ち合わせに来ない池田さんの自宅に電話すると母親が「風邪で休みます」と返答…
もう一度電話すると、今度は「急死した」と…
急性心不全で、あっという間のことだったったといいます。

池田さんは「走れコウタロー」の作詞と作曲の一部、さらに早口の実況中継も担当していました。
残されたメンバーはショックを受け、一時は解散も考えたといいますが、池田さんの母の勧めもあり、遺志をつごうと1年間限定での活動継続を決めたのです。
欠けたパートは脱退後、デザイナーとして活動していた佐藤さんが復帰し、穴を埋めました。

7月5日にレコードを発売…
瞬く間にヒットチャートを駆け上がり、130万枚を売り上げるヒットになりました。

しかし、新リーダーの手塚さんは、「ぽくら実力もなくて歌はへたくそ。プロの歌手の方には申し訳ないという気持ちでいっぱい」と発言…
山本さんも「池田ってのは、ほんとに才能があったな。人間的にもできてたし。残されたぼくらはクズばかりですよ。今のぼくらがやってることといったら、池田の遺産を食いつぶしてるということだけだもんね」と語りました。

当初の予定通り、池田さんの死から1年後の1971年5月19日、日比谷野外音楽堂のコンサートで、「6月30日で音楽活動を正式にやめることになりました」と解散を宣言…
その後、山本さんは「山本コータローとウィークエンド」を結成し、1974年にリリースした「岬めぐり」は40万枚のヒットとなりました。

他の3人は芸能活動を停止…
1976年にソルティー・シュガーⅡを結成しましたが「昭和哀歌」一曲をリリースしただけで再び芸能界から離れています。



ピックアップ記事

  1. 藤原竜也…ドラマ「デスノート」で死亡者が出た?!
  2. いしだあゆみ…萩原健一との結婚から離婚まで
  3. hide…自殺の真相は何が理由だったのか?!
  4. 中康次…ダイレンジャーや佐々木小次郎などの役者魂
  5. 斉藤由貴の電撃の宗教(モルモン教)結婚は何だったのか?!

関連記事

  1. 1970年代

    辰吉丈一郎…子供の頃に宇宙人に出会って強くなった?!

    第50代日本バンタム級、第18代・第24代WBC世界バンタム級王者、「…

  2. 1970年代

    前田武彦のバンザイ事件と共産党の関係とは?

    愛称は「マエタケ」…ひょうひょうとした調子の名司会で人気だった「前…

  3. 1970年代

    ゴールデンハーフ…エバ・マリア・ルナの現在とは?

    全員がハーフ(という設定)の女性アイドルグループで、驚異的な視聴率を稼…

  4. 1970年代

    高倉健…江利チエミとの離婚の真相が衝撃?!

    2014年1月に83歳で亡くなった「高倉健」さん。遺作となった20…

  5. 1970年代

    舟木一夫…失踪と自殺未遂を経て現在に至る

    橋幸夫さん、西郷輝彦さんとともに“御三家”と呼ばれたのが「舟木一夫」さ…

  6. 1970年代

    テレサ・テンのパスポート偽造事件の真相とは?

    「時の流れに身をまかせ」や「別れの予感」などの名曲で知られる台湾出身の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 十朱幸代…小坂一也と離婚の原因は「松坂慶子」にあった?!
  2. 上原美優…遺書の内容は亡くなった母へ宛てたものだった?!
  3. 小林さやか(ビリギャル)の高校が名古屋の「愛知淑徳学園」で確…
  4. 高倉健…養女の名前「河野貴」(芸名:貴倉良子)が明らかになる…
  5. 白石小百合…退社理由は香水販売だけでなく「紺野あさ美」など同…
  6. 寺尾聰…范文雀との馴れ初めとスピード離婚
  7. 如月琉(37歳)…高校は「弘前高校」と発覚!本名は卒業アルバ…
  8. 及川奈央…現在は舞台女優として活躍中?!
  9. 本田美奈子…白血病が発覚するも移植する猶予もなく他界
  10. 栗城史多…登山家から批判された理由とは何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    前澤友作の自宅と子供の刺青について語る
  2. 1970年代

    海原小浜の半生と孫のやすよ・ともこ
  3. 2000年代

    望月清賢(山梨市長)の「虚偽有印公文書作成」とはどんな罪なのか?
  4. 2000年代

    福原愛と錦織圭…熱愛報道から破局に至った理由とは?!
  5. 1990年代

    円広志…パニック障害で番組降板
PAGE TOP