1980年代

萩原健一…大麻不法所持で妻いしだあゆみの前で逮捕される?!




 

テレビドラマ「太陽にほえろ!」や「傷だらけの天使」、映画「影武者」などに出演していた俳優で歌手の「萩原健一」さん。
プライベートでは、1975年にモデルの小泉一十三さんと結婚するも3年で離婚、1980年には女優のいしだあゆみさんと結婚していますが、この結婚も長くは続かずに、4年で破局を迎えています。

今回は、そんな萩原さんがいしださんと夫婦であった1983年、この時期に起こした大麻不法所持(逮捕)に関するお話です。

ショーケン

名前:萩原健一(はぎわらけんいち)
本名:萩原敬三(はぎわらけいぞう)
生年月日:1950年7月26日~2019年3月26日(享年68歳)
職業:俳優、歌手
出生地:埼玉県北足立郡与野町(現・同県さいたま市中央区)
学歴:聖橋高等学校(中退)




Sponsored Links
 

萩原健一…大麻不法所持で逮捕されるまで

1983年4月18日の午後8時10分頃、関東信越地区麻薬取締官事務所は、萩原健一さん(当時33歳)が大麻を吸っているとの情報を入手し、東京都渋谷区元代々木の高級住宅街にある萩原さんの自宅「ハイツ元代々木」を家宅捜索しました。

部屋は4LDKで、捜索には妻のいしだあゆみさんが立ち合いましたが、18畳の居間のテーブルの上にむき出しの大麻樹脂が約12グラムを発見されたのです。
午後11時5分頃、萩原さんが帰宅したため緊急逮捕され、同事務所に連行されました。

この時、すぐに萩原さんは大麻樹脂が自分のものであると認めています。
押取された大麻樹脂は、別名ハッシシと呼ばれるもので、マリファナとして知られる乾燥大麻より値段も高いものでした。
チョコレート状になっており、削ってパイプに詰めて吸煙したり、水パイプで吸飲したりして使用します。

萩原さんは1980年に、映画「影武者」に出演していました。
その時に共演した俳優の室田日出男(むろたひでお)さんが、大麻を吸引した容疑で新宿署の任意取り調べを受けた際、萩原さんも事情聴取されたことがあったのです。

実はその頃から萩原さんには黒い噂が出ており、この逮捕はその噂が現実のものとなりました。
そのため関係者のショックは大きかったのです。

逮捕前年となる1982年の映画「誘拐報道」(東映)では、犯人役を見事に演じて話題を呼び、この年も神代辰巳(くましろたつみ)監督の「もどり川」では主演を務めた萩原さん。
関係者の間では、「演技賞もの」との声が高かったのです。

また、歌手としては、この年の1月にマザーテレサの精神に共鳴し、インドのカルカッタで「シャンティ・シャンティ」チャリティーコンサートを開いて注目を浴びていました。
そんな活躍を見せていた萩原さんが大麻不法所持で逮捕されたとなり、業界に衝撃が走ったのです。

麻楽取締官事務所の係官によれば、見つかった大麻樹脂は12グラムで、タバコ120本分に相当するとのことでした。
また、警視庁に移された萩原さんは、簡単な取り調べのあと就寝、19日の朝は出された朝食を全部食べ、捜査官の取り調べに素直に応じていたのです。

一方、自宅で、しかも自分の目の前で夫が逮捕されるというショッキングな事件に遭遇した妻のいしださんは、事件が表沙汰になってからしばらくの間は自宅からも姿を消していました。
と言うのも、普段は閑静な住宅街である「ハイツ元代々木」の周辺をテレビ局や新聞社の取材陣が大挙していたからです。

萩原さん・いしださん夫婦は「ハイツ元代々木」に1980年4月に入居しました。
その頃から二人のことを良く知る管理人が、このようなコメントをしています。

ご夫婦は離婚がささやかれた時も仲が良く、芸能人らしいハデな生活もなく、礼儀正しい住人です。お仕事で留守になる時は、いつも「留守にします」と断わるのですが、今朝(19日)は管理室の窓ロに「10日間ほど留守にしますので、よろしくお願いします」との奥さんの走り書きしたメモがありました。




Sponsored Links
 

萩原健一…大麻不法所持で逮捕された後

さて、その後の萩原健一さんですが、当初は、素直に取り調べに応じ、常習者でもないことから48時間で釈放されるものと見られていました。
しかし、麻薬取締部の敷地内を移動していた際に、乗用車の後ろの窓から突然、萩原さんが半身を乗り出し、「俺は何にも話していないからな!」と言い、また車の中に引き戻されるということがあったのです。

このような経緯もあり、大麻樹脂の入手経過や一緒に吸った者がいたかどうかなどを厳しく追及され、10日間の拘置延長になりました。
結局は裁判で懲役1年、執行猶予3年の有罪判決となり、その後1年間に渡って全ての活動を停止することになったのです。
その後の調ベで、萩原さんは大麻を吸った事実を認め、「妻には大変すまないことをした」と青白い顔で語っていました。

1984年にはいしだあゆみさんと離婚発表…
また、この年に飲酒運転で人身事故を起こして、業務上過失傷害罪でまた逮捕されています。
翌年11月には、女優の倍賞美津子さんとの2ショット写真を週刊誌に撮られたことに腹を立て、カメラマンと編集者に暴行して書類送検されました。

さらに2004年10月には再度交通事故を起こし、業務上過失致傷罪で現行犯逮捕、同年11月には主演映画「透光の樹」製作側から恐喝未遂容疑で告訴され、翌年の2月にまたまた逮捕されています。
この恐喝事件では懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受けました。

また、2005年7月にテレビ番組で「大麻解禁にしましょうか」と発言し、その後、厚生労働省から注意され、「ジョークのつもりだった」と釈明するなどの問題発言も飛び出したのです。

そんなハチャメチャな人生を生きた俳優・萩原健一さんも2019年3月26日午前10時30分、都内の病院にてGIST(消化管間質腫瘍)のために他界。
68歳の人生に幕を閉じたのでした。





Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 松坂慶子…高内春彦との馴れ初めから結婚まで
  2. ローラに似ていると言われた水沢アリーの現在
  3. アジャコング(えりかちゃん)の意外な現在の姿とは?!
  4. 井上陽水…石川セリに曲「ダンスはうまく踊れない」を贈って口説く?!
  5. 有賀さつき…山崎直樹社長の不倫の結末とは如何に?!

関連記事

  1. 1980年代

    牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで

    元プロ野球選手(投手)で、2005年から2006年まで横浜ベイスターズ…

  2. 1980年代

    アグネスチャン…夫の金子力との馴れ初めから結婚まで

    1972年に代表曲の一つ「ひなげしの花」で、日…

  3. 1980年代

    左とん平…過去に賭博容疑で逮捕されたことがあった?!

    テレビドラマ「ムー一族」や「西遊記Ⅱ」、映画でも「楢山節考」や「吉原炎…

  4. 1980年代

    樋口可南子・糸井重里…馴れ初めから略奪婚まで

    1980年代は、コピーライターや空間プ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    島倉千代子…姉の自殺の背景には何があったのか?!
  2. 1980年代

    尾崎豊…死因となった覚醒剤に手を出した理由とは!?
  3. 2000年代

    永井美奈子…旦那「堀主知・ロバート」との出会いや馴れ初めとは?
  4. 1990年代

    鈴木蘭々…ラジオ開局した兄の逮捕で芸能界を干されたの?!
  5. 2000年代

    宮地真緒…フライデー報道から24時間テレビで念願の結婚宣言
PAGE TOP