1980年代

間寛平…アメマ裁判でも笑いをとる?!




 

お笑いだけではなく、マラソンランナーとしても大人気の「間寛平」さん。

寛平さんといえば、「歩くハンコ屋」というあだ名がつくほど、人が良いことで有名です。
そんな人の良さが生じて騙されることが多い寛平さんですが、その中でもアメマバッジ事件をご存知でしたでしょうか…

名前:間寛平(はざまかんぺい)
生年月日:1949年7月20日(69歳)
職業:お笑いタレント、俳優、歌手(レゲエシンガー)
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京
出身:高知県宿毛市
学歴:柏原高等学校卒業

 



Sponsored Links
 

実は寛平さんは過去に生来(せいらい)の人の良さに付け込まれて、金銭トラブルに巻き込まれることも多かったのです。

中でも1987年9月に終了した深夜番組のキャラクターがモチーフとなった「アメマバッジ裁判」…
当時はテレビでも繰り返し紹介された有名な騒動となりました。

頼まれると断りきれない性格の寛平さん…
そば屋の店員が時計を買う際の保証人を引き受けて逃げられたり、先輩の芸人に900万円の手形の裏書きを頼まれ、お金をもらわないまま何も考えずに引き受けてしまったり…
寛平さんにはいつの間にか「歩くハンコ屋」というあだ名がついていました。

借金地獄に陥った寛平さんですが、1985年スタートの関西ローカルの番組「今夜はねむれナイト」の人形劇コーナー「パペットレビュー」で、奇妙なマント頭巾姿の「アメママン」の声を演じて評判になります。

人形たちが不条理コントを演じる中「またも出ましたアメママン。いつもニコニコほがらかに!」と登場し、場を引っかき回して去っていくシュールな役柄で、いつの間にか大気になったのです。

番組司会の太平サブローさん・シローさんには「アメママンがえらい人気が出てきた。にいやん、バッジ作ったら儲かりまっせ!」と言われて、寛平さんはすっかりその気になってしまったのです。

本来、キャラクターグッズは局が作るものなのに、寛平さんはこれまでの借金を返すために「一発当てたろう!」とアメマバッジ10万個を発注してしまいます。

バッジは横にスイッチがあり、緑と赤色の目が交互に点滅するもので、原価630円…
1500円で販売する予定でした。

しかし、その時すでに番組の終了が決定していたのです。

アメマバッジが完成した後、2週にわたってプレゼントとして紹介していましたが、3週目で番組は終了…
寛平さん(当時38歳)の手元に大量のバッジが残り、業者から6000万円以上を請求される騒ぎとなったのです。

代金を支払えない寛平さんを相手に製作業者は、「アメマバッジの契約にハンコを押したのだから、バッジのお金を払ってもらわないといけない」と裁判を起こしました。
これに寛平さんは「契約書読んでも、甲は誰で、乙が誰か、さっぱりわからんのですわ!」という状況…

裁判では「いや、アメマバッジに何でこんなん1個630円かかるねん。こんなもん、ICが入ってるとかどうのこうの言うてるけど入ってへんやん!」と主張しました。

また、そもそも「アメマ」を知らない裁判官が「アメマとはどういう意味ですか?」と真面目に尋ねたのに対して、「アーメマー」とギャグを披露することもありました。
理解できなかった裁判官が再度尋ねると再び「アーメマ」…
法廷は爆笑の渦に包まれるということもあったのです。

その後も「アメマの契約書をよく読まなかったのですか?」、「アメマの契約書には…」と、真顔で「アメマ」を繰り返すシュールな法廷になりました。

けれども、結局は寛平さんは6000万円の借金を背負うこととなり…
マネジャーに支えられながら計画的にスケジュールをこなして完済することができました。

最近では2016年7月20日に、若手芸人育成を目的として、「劇団間座」を立ち上げ、クリスマスの12月24日・25日に旗揚げ公演「恋の虫」を上演したり、騒ぎ直前の1986年、36歳で始めたマラソンも着実に実績を積み上げています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 河合奈保子の現在と転落事故のいきさつを振り返る
  2. お箸マニア・三井和典(みついがずすけ)は四季彩堂のブランド青任者?!
  3. 木下あおいの結婚や旦那・彼氏について調査した件
  4. 乱一世…あの「失言内容」って何て言ったんだっけ?
  5. 丘みどり…NHK職員と結婚してるという話は本当なのか?!

関連記事

  1. 1980年代

    松山千春…嫁の金田孝子との婚約発表と馴れ初めに関して

    代表曲「大空と大地の中で」や「長い夜」…

  2. 1980年代

    島田洋七…目薬と水虫薬を間違えて失明の危機に陥ったことがある?!

    漫才コンビB&B(ビーアンドビー)のボケ担当・「島田洋七」さん…

  3. 1980年代

    島倉千代子…姉の自殺の背景には何があったのか?!

    愛称は「お千代さん」…と言えば、名曲「人生いろいろ」や「からたち日…

  4. 1980年代

    渡辺正行…田中真弓との馴れ初めを振り返ってみた件

    お笑いタレントでコント赤信号のリーダー…

  5. 1980年代

    五社英雄(映画監督)はなぜ刺青を入れたのか?

    1980年、フジテレビの花形プロデュー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    ジェンキンスさんの娘「ミカさん」「ブリンダさん」は今どうしてる?!
  2. 2000年代

    市村正親…篠原涼子との年の差婚の馴れ初めとは?
  3. 1990年代

    進藤晶子…飲酒運転疑惑から派生して不倫関係が暴露?!
  4. 1980年代

    千昌夫…離婚慰謝料は「50億円」?!
  5. 1960年代

    こまどり姉妹…事件の真相と現在の活動について
PAGE TOP