1990年代

裕木奈江…バッシング事件の原因は「ポケベルが鳴らなくて」?!

1980年代末に映画女優としてデビュー…
1992年にはフジテレビ系列ドラマ「北の国から’92巣立ち」で脚光を浴び、少女っぽく男性に大人気だったのが「裕木奈江」さんです。
そんな彼女が「女性に嫌われる女性タレント」として芸能マスコミから連鎖的なバッシングを受けたのは、1994年3月のことでした。

裕木奈江(ゆうきなえ)
生年月日:1970年5月12日(47歳)
職業:女優、歌手
出身:神奈川県横浜市瀬谷区
学歴:神奈川県立都岡高等学校



Sponsored Links

当時、裕木さんは山田洋次監督の映画「学校」でアカデミー賞優秀助演女優賞・新人俳優賞を受賞して、さらなる活躍が期待されていました。
しかし、いくつもの雑誌が読者からの声として「男にこびたような目がむかつく人の彼氏を寝取りそうなタイプに見える」、「どこから見てもさえない女の子にしか見えない」、「上目遣いの表情を見るといじめたい気持ちになる」、「男ってなんでこのタイプに弱いの。だから最近の男はダメなのよ」といった発言を掲載…
嫌われる女ナンバーワンとバッシング報道を始めたのです。

その中には顔写真を大きく掲載し、人相学の観点から裕木の性格を「気が強くて頑固」」、「トラブルを起こしやすい」などと分析したものもありました。
「単なるひがみ」、「スターになる人は初めは同性から強烈に嫌われる」…
など擁護する報道も見られましたが、パッシングによるマイナスイメージは裕木さんにとって想像以上に深刻なものだったのです。

当時、裕木さんはJRAのCMで高倉健さんとの共演が話題になるなど、スポンサーから引っ張りだこでしたが…
バッシング騒動以降、急に支持を失って状況は一変してしまいます。
「CM調査で裕木が出ていたCMに女性票が1票も入らなかった」という調査会社関係者の証言も飛び出したこともありました。

CM・ドラマとも出演は激減…
1994年後半の裕木さんはコンサートツアー中心の活動を行い、徐々にテレビへの露出は少なくなっていきました。

一連のバッシングの原因ですが、1998年に放映されたドラマ「ポケベルが鳴らなくて」を挙げる声が多かったようです。
このドラマは裕木さんが緒形拳さん演じるサラリーマンと不倫関係に陥るストーリーだったのですが、役柄の設定や台本で裕木さんの所属事務所とドラマ制作サイドの間に摩擦があるとの報道がなされました。
また、主題歌を歌うはずだった裕木さんがエンディングテーマに回されたという話もあったのです。

こうした状況の中で裕木さんは「ポケベルが鳴らなくて」最終回の成田ロケに不参加…
最終回の空港シーンは主演女優が不在で、すべて代役が吹き替え撮影し、後ろ姿や顔を隠したシーンばかりという異例の事態になったのです。

その後、事務所と制作側は肖像権侵害やギャラ未払いなど訴訟合戦を展開しました。
これら一連のトラブルに加えて、裕木さんが演じた「不倫にのめり込む女」というイメージから、バッシング報道が加速したのが真相だと言えるでしょう。

テレビから消えた裕木さんだが、2004年には「新進芸術家海外留学制度」に自ら応募し、文化庁の国費留学生としてギリシャ・バロス島に滞在しながら演劇を学んで話題となりました。
また2006年にクリント・イーストウッド監督のハリウッド映画「硫黄島からの手紙」、2012年2月公開の映画「セイジ―陸の魚―」にも出演して女優活動を続けています。
今から考えても気の毒で理不尽な騒動だったと言えるでしょう。


ピックアップ記事

  1. 鶴ひろみ…首都高車内での死因は「心臓突然死」?!
  2. 一柳亜矢子アナウンサー…バツ2から3度目の結婚相手Tまでの経緯
  3. 清水富美加…突然の引退・出家には何があったのか?!
  4. 八千草薫…結婚式で語られた夫の言葉
  5. 宮田俊哉…ネイリストの姉「宮田菜月」は今何してるの?

関連記事

  1. 1990年代

    桜田淳子…統一教会の合同結婚式で夫・東伸行氏と出会う

    元トップアイドルで女優としても活躍した桜田淳子さん(当時34歳)が統一…

  2. 1990年代

    森田正光(気象予報士)の離婚スキャンダルの真相とは?

    株式会社ウェザーマップ取締役会長であり、お天気キャスターの草分けといえ…

  3. 1990年代

    尾崎豊…死因の真相は何だったのか?!

    最近、息子の尾崎裕哉さんがテレビに出演…かつては「若者の教祖」とい…

  4. 1990年代

    GAO(歌手)…性別・年齢の謎と2017年現在の活動

    発声練習中に声をつぶし、その声からつけられたあだ名が「GAO」…デ…

  5. 1990年代

    柏原崇は干されたのではなく現在は中国で大活躍中?!

    1993年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞…

  6. 1990年代

    脚本家・ジェームス三木…女性関係を元妻に暴露され泥沼離婚

    脚本家として一時代を築いた「ジェームス三木」さん。NHKの朝ドラ「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 十朱幸代…小坂一也と離婚の原因は「松坂慶子」にあった?!
  2. 上原美優…遺書の内容は亡くなった母へ宛てたものだった?!
  3. 小林さやか(ビリギャル)の高校が名古屋の「愛知淑徳学園」で確…
  4. 高倉健…養女の名前「河野貴」(芸名:貴倉良子)が明らかになる…
  5. 白石小百合…退社理由は香水販売だけでなく「紺野あさ美」など同…
  6. 寺尾聰…范文雀との馴れ初めとスピード離婚
  7. 如月琉(37歳)…高校は「弘前高校」と発覚!本名は卒業アルバ…
  8. 及川奈央…現在は舞台女優として活躍中?!
  9. 本田美奈子…白血病が発覚するも移植する猶予もなく他界
  10. 栗城史多…登山家から批判された理由とは何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    小松菜奈が「かわいい」or「かわいくない」と言われるワケとは?
  2. 1980年代

    倉沢淳美…握手会でファンに襲われてから現在まで
  3. 2000年代

    岡田英吉(鑑定団プロデューサー)の陰湿イジメが他にも発覚!?
  4. 1990年代

    泉ピン子と夫・武本憲重の隠し子問題の真相と現在
  5. 2000年代

    野田数(のだかずさ)猪木の秘書時代に横領していたのか?!
PAGE TOP