1970年代

紅白のトリだった美空ひばりが出演NGとなったワケとは?

1973年11月21日、NHKから紅白歌合戦の出場メンバーが発表されました。
これは当時、この時期の恒例行事でしたが、発表は例年とは違っていました。

それは歌謡界の女王・美空ひばりさん(当時36歳)が落選していたからです。
紅白出場17回で、トリを務めること13回…
まさに紅白を支えていた歌手だった美空ひばりさんが外されていたのです。

名前:美空ひばり(みそらひばり)
出生名:加藤和枝(かとうかずえ)
生年月日:1937年5月29日~1989年6月24日(享年52歳)
職業:歌手、女優
レーベル:日本コロムビア
事務所:ひばりプロダクション
出身:神奈川県横浜市磯子区滝頭
学歴:精華学園高等部




Sponsored Links

発表があった時、美空ひばりさんは公演先の大阪・梅田コマ劇場にいました。
一言、生のコメントをもらおうと報道陣が押しかけましたが、楽屋の鉄の扉は固く閉ざされたままで、いくらたってもひばりさんは元より、一卵性母娘とまで言われた母・加藤喜美枝さんも姿を現しませんでした。

そもそもオイルショックのあった1973年はひばりさんにとって受難の年でした。
1月に鹿児島県の川内市、鹿屋市、名瀬市が「実弟のかとう哲也を出演させない確約を得ない限り、施設の使用を許可しない。」と宣言…
これに高知市、川崎市、いわき市なども続き、ひばりショーを締め出す動きが全国に広がっていたのです。

原因は1972年10月、弟のかとう哲也氏が暴行容疑で逮捕されたことでした。
かとう氏の海外旅行中に愛人がマンションに2人の男を連れ込み、これを知ったかとう氏は男たちを呼び出し脅したというものです。
この件は罰金刑で済みましたが、かとう氏は暴力団と深い関係があると書きたてられ、反社会的人物が出演する興行はまかりならないという動きになっていったのです。

しかも、かとう氏の逮捕はこの一件だけでは終わりではありませんでした。
1973年3月5日には麻雀賭博開帳容疑、同月27日脅迫容疑、さらに9月3日には暴力団からの拳銃購入容疑で逮捕され、風当たりが強まっていったのです。

なにしろ、かとう氏は三代目山口組(組長は田岡一雄)系益田組(組長は益田佳於)の舎弟頭(しゃていがしら)という立場…
このような事件や問題が起こるのも当然と言えば当然だったのです。
ただ、当時は山口組壊滅を狙う警察上層部がひばりファミリーを叩くのが効果的と判断し、集中的にヤリ玉に挙げたのが、ひばりさんの実弟であるかとう哲也氏だったのです。
これにマスコミも同調し、ひばりファンを除き、世間のバッシングの声が大きくなっていきました。

出演させるなら、受信料を払わないといった声が相次ぐ中、NHKはひばりさん外しを決めたわけですが…
ひばりファミリーにすれば何を今さらの話でもありました。

そもそも、ひばりさんが田岡一雄山口組3代目組長と出会ったのは10歳の時…
以来、かとう氏だけではなく、ひばりさんファミリーと田岡組長が固い絆で結ばれてきたのは公然の事実だったからです。

それを承知の上で出演させ、NHKは紅白をお化け番組に育て上げました。
当然、落選の報が流れた直後から、NHKには熱烈なファンから抗議が殺到…
困り果てたNHKは姑息な手段に出ます…
それはひばりさん側から紅白を辞退したという形にしたのです。

つまり、今回は真ん中あたりで歌って紅白を盛り上げていただきたいと申し入れたが、トリが指定席のひばりさんがその案を蹴ったという筋書きです。
自ら降りたとなれば、ひばりさんのプライドもそれほど傷つかないという妙案と言えば妙案でした。

ただ、ひばりさんを出場させないのは、当時の小野吉郎NHK会長の至上命令…
いくら取り繕っても、NHK側がひばりを外したことには変わりありませんでした。

そうして第30回の1979年に特別出演したのを除けば、ひばりさんは1989年に52歳で亡くなるまで紅白の舞台を踏むことはなかったのです。
それがひばりさんなりの意地だったともいえるでしょう。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 藤原竜也…ドラマ「デスノート」で死亡者が出た?!
  2. 原田篤の現在と秋本奈緒美との子供に関する件
  3. 向井亜紀…代理出産における東京高裁と最高裁の裁判結果
  4. 宮沢りえの自殺未遂騒動に中村勘三郎は関わっていたのか?!
  5. 木梨憲武はマクドナルドの「無料カード」を持っている?!

関連記事

  1. 1970年代

    藤岡弘(仮面ライダー1号)と佐々木剛(仮面ライダー2号)のアクシデント

    1970年代に一世を風靡した「仮面ライダー」を知らない人はいないのでは…

  2. 1970年代

    寺尾聰…范文雀との馴れ初めとスピード離婚

    1974年11月15日、寺尾聰さん(当時27歳)と范文雀さん(当時26…

  3. 1970年代

    石田純一…元妻といしだ壱成との関係がちょっといい話?!

    「不倫は文化」という発言でおなじみの「石田純一」さん。数々の女…

  4. 1970年代

    中村雅俊と五十嵐淳子の結婚までの馴れ初め秘話!

    学園ドラマ「われら青春!」(日本テレビ系)でブレーク…同ドラマの挿…

  5. 1970年代

    海原千里・万里の上沼恵美子の電撃結婚と解散

    「おしゃべりクッキング」(ABC)でも知られる「上沼恵美子」さん……

  6. 1970年代

    海原小浜の半生と孫のやすよ・ともこ

    上方漫才界の生き字引…1975年に「上方お笑い大賞」を受賞し、上方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 上原美優…遺書の内容は亡くなった母へ宛てたものだった?!
  2. 小林さやか(ビリギャル)の高校が名古屋の「愛知淑徳学園」で確…
  3. 高倉健…養女の名前「河野貴」(芸名:貴倉良子)が明らかになる…
  4. 白石小百合…退社理由は香水販売だけでなく「紺野あさ美」など同…
  5. 寺尾聰…范文雀との馴れ初めとスピード離婚
  6. 如月琉(37歳)…高校は「弘前高校」と発覚!本名は卒業アルバ…
  7. 及川奈央…現在は舞台女優として活躍中?!
  8. 本田美奈子…白血病が発覚するも移植する猶予もなく他界
  9. 栗城史多…登山家から批判された理由とは何だったのか?!
  10. 真田広之…手塚理美との離婚問題を振り返る
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    見栄晴の現在(結婚や子供)は府中でキャバクラ遊びって本当?!
  2. 1990年代

    島田裕三の実家「島田建設」は鈴木宗男の収賄に絡んでった本当?!
  3. 2000年代

    山尾志桜里…夫で元ライブドア役員「山尾恭生」は金欠でヤバい?!
  4. 1970年代

    津川雅彦の娘・誘拐事件の結末と犯人T
  5. 1990年代

    奈美悦子…乳首の手術で損害賠償に訴え出る?!
PAGE TOP