1990年代

ドリアン助川…メンバー逮捕の後は三宅島でトマトを栽培してる?!





1990年「叫ぶ詩人の会(さけぶしじんのかい)」を結成し、ロックに乗せて独自のスタイルで叫ぶパフォーマンスで話題となった「ドリアン助川」さん。

ロックバンド「叫ぶ詩人の会」は、最盛期には渋谷公会堂を満杯にしたこともあるほどの人気を得ていましたが、1997年11月、全国ツアー初日にメンバーのTakujiさんが、覚醒剤所持により現行犯逮捕され公演は中止となってしまいます。
バンド活動もこれを機に休止に追い込まれ、ドリアン助川さんはツアー中止による多額の負債を抱えることにもなりました。

そんなドリアン助川さんは現在、どのような活動をしているのでしょうか?…

名前:ドリアン助川(ドリアンすけがわ)
本名:助川哲也
生年月日:1962年6月17日(56歳)
作家、詩人、歌手
出生地:東京都
学歴:早稲田大学第一文学部東洋哲学科




Sponsored Links
 

1999年に「叫ぶ詩人の会」を解散したドリアン助川さんは、2000年3月から2002年9月までアメリカはニューヨークに滞在していました。
当時は日米混成バンドを結成してライブ活動を行ったり、日本に帰国後は、明川哲也(あきかわてつや)の名で執筆も始めています。

2011年11月に名前を再び「ドリアン助川」に戻し、2015年4月からは、の「テレフォン人生相談」(ニッポン放送系列)で、15年振りにパーソナリティとしても活動を再開しました。

こうした中、マルチに活躍するドリアン助川さんが注目したのが、伊豆諸島の一つである三宅島(みやけじま)でした。
三宅島は2000年の大噴火で噴煙が上空15,000メートルに達し、島民も4年半にわたって避難を強いられるという厳しい状態だったのです。

当時、三宅島では小規模な火砕サージ、水蒸気が上空に達したことで、局地的な驟雨も発生し、火山弾は住宅地にも落下しました。
住民の数も噴火前の半分にまで減ってしまい、島の復興が大きな課題となっていたのです。

そんな中、三宅島の畑にイタリアのサンマルツァーノの種を植えればどうか?…
と提案したのが、ドリアン助川さんだったのです。

実はドリアン助川さん…
渡米時にニューヨークで通ったレストランのメニューで「サンマルツァーノの照り焼き、サワークリームのせ」にすっかり惚れ込んでしまったと言います。

そこからトマトについての勉強を始め、代表的なイタリアントマトの一つで、火山灰土を好むサンマルツァーノに目を付けていたのです。

そうして2016年3月、映画「あん」の三宅島での上映があり、主演女優の樹木希林さんと三宅島を訪れた原作者のドリアン助川さんは、集まった島民の皆さんに自身のトマト構想について語りました。

これで、後に引けなくなってしまったドリアン助川さん…
2016年の11月からは、三宅島にアパートを借りて住み始めることになりました。
アパートから一番近いよろず屋まで片道3.5キロという人里離れた場所に移り住むことになりました。

とは言え、ドリアン助川さんの提案に最初は誰も相手にしてくれなかったと言います。
しかし、三宅島の村長に会う機会を得た際に「火山灰の島にいたるところに真っ赤なトマトが実っている。大収穫を祝って、島民が酒瓶を持って集まってくる。トマト栽培で三宅島が復興していく。その姿を見たいんだ」という自身の夢を語ったところ、トントン拍子に話が進みました。

2017の実験栽培は成功し、調理したトマトでの収穫祭では「うまい!」という声が続出…
2018年の今年からいよいよ、三宅島産のサンマルツァーノ(三宅サンマルツァーノ)の予約販売を始めるまでになりました。

また、この三宅サンマルツァーノの事業において、ドリアン助川さんは一円ももらっていないと言います…
これまでの人生において紆余曲折あったドリアン助川さんも、今現在は三宅島復興に力を注いでいるのです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. デビルポメラニアン末次翔一…芸人から容疑者になると罪はどうなる?
  2. 藪恵壹…娘(夏那子)の韓国アイドルデビュー応援する?!
  3. こまどり姉妹…現在は占い師としてどこで活動しているの?!
  4. 東野英治郎…30年の別居の末に息子の承諾なしに再婚する!?
  5. 中井美穂と古田敦也の馴れ初めと結婚まで

関連記事

  1. 1990年代

    山崎浩子…統一教会脱退後の今はスポーツライター?!

    他人の思想や情報をコントロールし個人が…

  2. 1990年代

    近藤真彦…弟・広之が逮捕されて深々と頭を下げる?!

    近年では歌手や俳優だけでなく、実業家やジャ…

  3. 1990年代

    三浦知良とりさ子…馴れ初めと田中律子との関係とは?

    50歳を超えても現役を続ける日本サッカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  2. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  3. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  4. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  5. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  6. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  7. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  8. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
  9. 竹中直人と美保純が過去に熱愛宣言をしていた件
  10. 木の実ナナの妹・木の実まこの結婚秘話とは?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    「加勢大周」は都内でバーテンダー・「新加勢大周」はパーソナルジム
  2. 1990年代

    FC岐阜ラモス瑠偉が再婚と娘は結婚について語る
  3. 1970年代

    辰吉丈一郎…子供の頃に宇宙人に出会って強くなった?!
  4. 1990年代

    松本莉緒(松本恵)…現在はヨガのインストラクター?!
  5. 1970年代

    木之内みどり…不倫・引退騒動から現在までを振り返る
PAGE TOP