1990年代

ドリアン助川…メンバー逮捕の後は三宅島でトマトを栽培してる?!





1990年「叫ぶ詩人の会(さけぶしじんのかい)」を結成し、ロックに乗せて独自のスタイルで叫ぶパフォーマンスで話題となった「ドリアン助川」さん。

ロックバンド「叫ぶ詩人の会」は、最盛期には渋谷公会堂を満杯にしたこともあるほどの人気を得ていましたが、1997年11月、全国ツアー初日にメンバーのTakujiさんが、覚醒剤所持により現行犯逮捕され公演は中止となってしまいます。
バンド活動もこれを機に休止に追い込まれ、ドリアン助川さんはツアー中止による多額の負債を抱えることにもなりました。

そんなドリアン助川さんは現在、どのような活動をしているのでしょうか?…

名前:ドリアン助川(ドリアンすけがわ)
本名:助川哲也
生年月日:1962年6月17日(56歳)
作家、詩人、歌手
出生地:東京都
学歴:早稲田大学第一文学部東洋哲学科




Sponsored Links
 

1999年に「叫ぶ詩人の会」を解散したドリアン助川さんは、2000年3月から2002年9月までアメリカはニューヨークに滞在していました。
当時は日米混成バンドを結成してライブ活動を行ったり、日本に帰国後は、明川哲也(あきかわてつや)の名で執筆も始めています。

2011年11月に名前を再び「ドリアン助川」に戻し、2015年4月からは、の「テレフォン人生相談」(ニッポン放送系列)で、15年振りにパーソナリティとしても活動を再開しました。

こうした中、マルチに活躍するドリアン助川さんが注目したのが、伊豆諸島の一つである三宅島(みやけじま)でした。
三宅島は2000年の大噴火で噴煙が上空15,000メートルに達し、島民も4年半にわたって避難を強いられるという厳しい状態だったのです。

当時、三宅島では小規模な火砕サージ、水蒸気が上空に達したことで、局地的な驟雨も発生し、火山弾は住宅地にも落下しました。
住民の数も噴火前の半分にまで減ってしまい、島の復興が大きな課題となっていたのです。

そんな中、三宅島の畑にイタリアのサンマルツァーノの種を植えればどうか?…
と提案したのが、ドリアン助川さんだったのです。

実はドリアン助川さん…
渡米時にニューヨークで通ったレストランのメニューで「サンマルツァーノの照り焼き、サワークリームのせ」にすっかり惚れ込んでしまったと言います。

そこからトマトについての勉強を始め、代表的なイタリアントマトの一つで、火山灰土を好むサンマルツァーノに目を付けていたのです。

そうして2016年3月、映画「あん」の三宅島での上映があり、主演女優の樹木希林さんと三宅島を訪れた原作者のドリアン助川さんは、集まった島民の皆さんに自身のトマト構想について語りました。

これで、後に引けなくなってしまったドリアン助川さん…
2016年の11月からは、三宅島にアパートを借りて住み始めることになりました。
アパートから一番近いよろず屋まで片道3.5キロという人里離れた場所に移り住むことになりました。

とは言え、ドリアン助川さんの提案に最初は誰も相手にしてくれなかったと言います。
しかし、三宅島の村長に会う機会を得た際に「火山灰の島にいたるところに真っ赤なトマトが実っている。大収穫を祝って、島民が酒瓶を持って集まってくる。トマト栽培で三宅島が復興していく。その姿を見たいんだ」という自身の夢を語ったところ、トントン拍子に話が進みました。

2017の実験栽培は成功し、調理したトマトでの収穫祭では「うまい!」という声が続出…
2018年の今年からいよいよ、三宅島産のサンマルツァーノ(三宅サンマルツァーノ)の予約販売を始めるまでになりました。

また、この三宅サンマルツァーノの事業において、ドリアン助川さんは一円ももらっていないと言います…
これまでの人生において紆余曲折あったドリアン助川さんも、今現在は三宅島復興に力を注いでいるのです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 鳥羽潤…今現在は長野で蕎麦職人だけど干された理由は何だったの?
  2. 伊丹十三…死因の真相は本当に写真週刊誌が原因だったのか?!
  3. 内田有紀…吉岡秀隆との離婚理由は何だったのか?!
  4. 一柳亜矢子アナウンサー…バツ2から3度目の結婚相手Tまでの経緯
  5. 市川海老蔵…暴行事件の真相とその後の影響

関連記事

  1. 1990年代

    野村貴仁(元巨人)年棒推移や結婚していた事実が発覚した件

    2016年に逮捕された清原和博容疑者の関係者と…

  2. 1990年代

    小川菜摘と浜田雅功…馴れ初めと結婚式のエピソード

    1990年1月31日、都内のホテルで盛大な披露…

  3. 1990年代

    飯星景子…統一教会を父親の説得で脱会する

    桜田淳子さん、山崎浩子さんらが入信し、合同結婚…

  4. 1990年代

    大竹しのぶ…野田秀樹とは結婚せずに破局?!

    1973年のテレビドラマ「ボクは女学生」にて芸…

  5. 1990年代

    沖田浩之…自殺(死因)の理由は家系が関係していたのか?!

    愛称は「ヒロくん」…芸能界に入る前は竹の子…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 紫吹淳…実家は金持ちで父親は三洋電機はガセ?!
  2. 江口ともみ…事故の原因はどこにあったのか?
  3. 小鳩くるみ…43歳で結婚して現在は夫婦二人で暮らしている?!…
  4. 野々村直通監督…あの問題発言の後に本当に腹を切っていた?!
  5. ひでこコルトン…大学卒業から結婚・再婚を経て現在に至る
  6. 剣武輝希…秩父の温泉「宮本家」は1日6組限定の超老舗!?
  7. 小川真澄(元パンプキン)…現在はアイドルユニットをプロデュー…
  8. お箸マニア・三井和典(みついがずすけ)は四季彩堂のブランド青…
  9. 福井優子…観覧車通信の日本支局長が観覧車にハマった意外なきっ…
  10. 唐沢奈々江…銀座クラブ「Nanae」の場所と料金が衝撃?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    小柳ルミ子と大澄賢也…結婚式でダンスと濃厚キスを披露?!
  2. 1990年代

    乱一世…あの「失言内容」って何て言ったんだっけ?
  3. 2000年代

    鈴木その子…死因と残された遺産に衝撃!?
  4. 2000年代

    市川海老蔵…暴行事件の真相とその後の影響
  5. 2000年代

    野村宏伸…年の差15歳で結婚した相手は「木下省子」?!
PAGE TOP