1980年代

泉ピン子…若い頃、撮影中に右肩を骨折したことがある?!




 

テレビドラマ「おしん」や「渡る世間は鬼ばかり」などの出演していた女優でコメディアンの「泉ピン子」さん。
そんなピン子さんがコメディー番組の撮影中に骨折したのは、1986年9月6日のことでした。

泉ピン子

名前:泉ピン子(いずみピンこ)
本名:武本小夜
生年月日:1947年9月11日(71歳)
職業:女優、コメディアン、漫談家、歌手
所属:pi企画株式会社
出身:東京都中央区銀座




Sponsored Links
 

平均視聴率は52.6パーセント、最高視聴率62.9パーセントという驚異の記録を叩き出したNHK連続テレビ小説「おしん」に出演していた泉ピン子さん。
その後、1986年には大河ドラマ「いのち」に出演し、本格派女優で大奮闘していました。

そんなピン子さんが、コメディアンとして久々に取り組んだのが、大型コメディ「湯けむり行進曲・ぼたんとリボン」(1986年10月3日放送)だったのです。

1986年9月6日は、朝からこの番組の最終録画が都内のスタジオで進行していました。
そうしてピン子さんにアクンデントが起きたのは午前11時頃です。

温泉芸者・ぼたんを演じるピン子さんが、5億円の借金を抱えて焼身自殺を図ろうとする同級生(左とん平さん)を助けようと、必死に止めるシーン。
止めたのは良かったのですが、勢いあまってドズンと尻餅(しりもち)をつき、右手で体重を支えた瞬間、ポキっと右肩にすごい音がしました。

ピン子さんのカツラがぶっ飛ぶというギャグシーンだったのですが、ピン子さんの右肩に激痛が走ったのです。
痛みに耐えながら脂汗が流れ、それでも我慢して何とかNGにはならなかったのですが、激痛で取録を一時中断…
車で近くの虎の門病院へ行くと、レントゲンで「右肩烏口(うこう)突起骨折」とわかったのです。

3週間は絶対安静で、全治6週間…
もちろん即入院のケガでしたが、ピン子さんはそんなことを言ってられませんでした。

番組の収録の残りがまだ3シーン残っており、さらにその日はプロゴルファーの倉本昌弘さんと共演する「サロンパスハイ」のCM撮りが入っていたからです。

「死んでも頑張る!」と痛み止めの注射を打ってもらい、包帯巻いた右腕を着物の下で吊(つ)る応急処置だけで、1時過ぎにスタジオへと戻ったピン子さん。
そうして気合いと責任感でドラマ撮影をやり切ったのです。

その合間、ピン子さんは取材陣の顔をうらめしそうに見ながら、

痛みがすごいのよ。11日は39才の誕生日なのに病院か、つまんねえなぁ。どうせ花一つ届かないだろうし、一人ぼっちで寂しいねぇ。大好きな阪神も今年はケガばっかしてるけど、これじゃ掛布と同じだよ、イテテテ。

と悲痛な思いを語ったのです。

番組では急きょ台本を一部変更し、カメラが左からピン子さんを映すことになりました。
しかし、肩の折れた右腕が着物の下へ入ってるため、胸の辺りがブカブカで、共演した和田アキ子さんに「あんた大丈夫?オッパイがたれ下がってんじゃないの」と冗談を言われ、ピン子さんも「それはナイだろ!」と半泣きで言い返していたのです。

当時、大河ドラマ「いのち」で演じる村中ハルも入院中で、もうすぐ死ぬことになっていたのですが、「このまま病院で撮ってもらおうか」などと語っていたピン子さん。
その晩にようやく入院となりました。

その後、所属事務所の佐藤事務所(当時)からの打診を受け、「いのち」の収録は1週間先に先延ばしにしてもらい、何とかピン子さんは撮影を乗り越えたのです。
女優・泉ピン子の知られざる骨折事件に関するお話でした。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1993年度)
  2. 福山雅治…結婚のショックで株価も下落?!
  3. 生島マリカの正体(息子、年齢、癌etc)が壮絶すぎる!!
  4. 高橋惠子…30数年前に舞台をすっぽかして逃避行した理由とは?!
  5. Faylan(飛蘭)の自己免疫疾患ってどんな病気なの!?

関連記事

  1. 1980年代

    倉沢淳美…握手会でファンに襲われてから現在まで

    最近だとAKB48などで人気の握手会が…

  2. 1980年代

    シャネルズ…なぜ2か月間も活動停止したのか?!

    22年にわたり活動を休止している音楽バンドのラッツ&スター(R…

  3. 1980年代

    森進一…緑内障を患い失明の危機に陥ったことがあった?!

    演歌歌手と呼ばれるのではなく、流行歌手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    キャシー中島…長女の夫(猪田武)が再婚していた話はガセ?!
  2. 2000年代

    窪塚洋介…飛び降り事故の真相は「ソフトクリーム」だった?!
  3. 1990年代

    「加勢大周」は都内でバーテンダー・「新加勢大周」はパーソナルジム
  4. 1970年代

    篠ひろ子…自殺未遂の原因は何だったのか?!
  5. 1970年代

    麻丘めぐみ…結婚・引退から離婚・カムバックまでの経緯
PAGE TOP