1970年代

欧陽菲菲…夫・式場壮吉との馴れ初めと結婚を振り返る

片言の日本語が人気で「雨の御堂筋」、「ラヴ・イズ・オーヴァー」を大ヒットさせるなど、出身国の台湾と日本の両国で活躍する「欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)」さんが結婚したのは1978年4月、彼女が28歳の時でした。
今回は菲菲さんと夫との馴れ初めと結婚に関するお話です。

名前:欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)
本名:式場欧陽菲菲
生年月日:1949年9月10日(69歳)
職業:歌手
出身地:台湾台北市



Sponsored Links
 

欧陽菲菲さんのお相手は10歳年上の実業家で自動車評論家の式場壮吉(しきばそうきち)さんです。

1963年のカーレース第1回日本グランプリではC―Vクラスで優勝し、翌年の第2回日本GPではポルシェ904を駆り、生沢徹(いくざわてつ)さんのスカイラインとバトルを繰り広げるなど、日本のモータースポーツ草創期に活躍した元レーサーでした。
レーサー引退後はカーアクセサリー会社を経て、父親が経営する病院理事を務めていました。

知り合ったのは1976年8月…
式場さんの友人の奥さんが台湾出身で、菲菲さんの妹の友人でもあったことから、六本木で食事会が行われることになったのです。
この時、菲菲さんは式場さんがレーサーとして活躍していたことを知らず、式場さんも芸能界に詳しくありませんでした。

しかし、なぜか気が合い、1977年秋ごろから急接近…
菲菲さんのマンションがある青山でデートする他、式場さんが台湾のゴルフ場に来た時には、菲菲さんは両親に紹介したのです。
菲菲さんも式場さんの実家を訪れるなど結婚に向けて準備を整えていました。

1978年1月、台湾メディアにより第一報がもたらされたことを受け、菲菲さんは「私の心はもう決めてます。私、彼と結婚するよ」と発表…
日ごろ「結婚相手は日本人でない方がうまくいく」と言っていたため、突然の結婚宣言はマネジャーすら驚いたといいます。

プロポーズは「ちょっと変わってた」といいますが、具体的な内容については、「それナイショよ、他人に話すと幸せが逃げていくような気がするから。私、この言葉を持ってお嫁さんに行くのよ」と明かされませんでした。

式場さんには離婚歴があったのですが、菲菲さんは「それは仕方のないことだよ。彼の過去のこと問題ないですよ。2人が幸せになればいいんだからな」と自信満々…
芸能活動は「家庭では私、彼のものね。ステージではファンのものよ」と歌手と家庭の両立を宣言したのです。

2月14日、多くの報道陣が詰め掛ける中、台北のホテルで婚約式が行われ、菲菲さんは2.5カラットのダイヤのエンゲージリングを指に涙を流しました。

式場さんの父親は「日本の女性より日本的で古風なくらいのいい娘さんです」と語ったのです。
4月16日に都内の教会で挙式…
当日まで花婿にも衣装を絶対に見せないという台湾のしきたりで、式場さんもドレス姿の菲菲さんを見るのは初めてでした。

神父とのやりとりは菲菲さんが中国語、式場さんが日本語の2カ国語…
披露宴は18日に日本で、22日に台北でとこちらも両国で行われ、ベネチアを予定していた新婚旅行はビザ発行の遅れでキャンセルのハプニングもありました。

その後はずっと夫婦円満…
台湾では相手を選ぶことを麻雀の「ポン」に例えます。

「私たちの”ポン”は成功した」と語る菲菲さんは今も活躍中…
2013年8月にはシングル「Still I Love You」が発売されました。

そんな仲睦まじいお二人でしたが、2016年5月に式場さんが他界…
それでも菲菲さんは活動を続け、日本や台湾で高い人気を誇っているのです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 鈴木康友(元野球選手)が患った「骨髄異形形成症候群」とは?!
  2. 川上麻衣子…柔道金メダリスト吉田秀彦との二股愛?!
  3. 西村和彦…二度の「離婚原因」は何だったのか?!
  4. ディックミネ…則子(4人目の妻)との馴れ初めと結婚
  5. 有働由美子アナウンサーがナチュラルエイトに所属したワケとは?!

関連記事

  1. 1970年代

    ジョー山中の大麻事件と武勇伝について振り返る

    3オクターヴの声の持ち、ミュージシャン…

  2. 1970年代

    千葉真一と野際陽子…馴れ初めと離婚理由は何だったのか?

    ハリウッドでサニー千葉の名で活躍する「…

  3. 1970年代

    勝新太郎…「影武者」降板の原因は何だったのか?!

    不祥事を起こしながらも、多くのファンか…

  4. 1970年代

    風吹ジュン…若い頃におきた「拉致監禁騒ぎ」とは?

    ユニチカの初代マスコットガールから歌手…

  5. 1970年代

    都はるみ…交際13年の末の結婚と離婚

    1964年の「困るのことヨ」で、デビュー…ヒットを連発し、大物演歌…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  2. 2000年代

    中川礼二の「生涯禁酒」宣言は何処に?
  3. 1980年代

    早乙女愛…元夫・江原春義(江原道を創業者)との馴れ初めから離婚まで
  4. 2000年代

    デビルポメラニアン末次翔一…芸人から容疑者になると罪はどうなる?
  5. 1980年代

    沖田浩之と山本陽子…20歳差カップルの交際から破局まで
PAGE TOP