1970年代

山本直純…無免許運転スキャンダルで1年8ヶ月の謹慎

クラシックの作曲で指揮に加え「男はつらいよ」シリーズなどの映画音楽…
「大きいことはいいことだ」の森永エールチョコレートCMなどでも有名な「山本直純」さん。
1978年8月、45歳の時に無免許運転のうえ、制止した警官を振り払って逃走する騒ぎを起こし、世間を騒がせました。

名前:山本直純(やまもとなおずみ)
生年月日:1932年12月16日~2002年6月18日(享年69歳)
職業:作曲家、指揮者
出身:東京都
学歴:東京芸術大学音楽学部指揮科



Sponsored Links
 

1978年8月6日…
山本夫妻は午後2時頃に銀座のステーキハウスで食事をしていましたが、このときから怒鳴り合いのケンカをするなど、不穏な空気が漂っていたといいます。

居合わせた他の客からは、夫人が鉄板に右手をついてヤケドをしたようだ…
という証言も出るほどでした。

その後、夫妻は東銀座の映画館で山本さんが音楽を担当した「男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく」を観賞しました。
事件が起きたのは、その帰り道のこと…
午後7時40分頃だったのです。

警視庁三田警察署の警察官が薄暗い中を無灯火で走る乗用車を停止させ、運転している山本さんに免許証の提示を求めました。
しかし、山本さんは車を急発進させ、窓に手をかけた警察官は約9メートル引きずられて、全治1週間のケガを負ったのです。
山本さんはその場に居合わせたタクシーの制止も振りきり、そのまま逃走しました。

しかし、警察官は倒れながらもナンバーを控えていたため、まもなく山本音楽事務所の車と判明…
出頭を命じられた山本さんは翌7日に三田署に姿を現しました。

山本さんは学生時代に仮免まで進んだ過去はあったのですが、免許は取得しておらず、無免許のままだったのです。
本来なら、すぐに逮捕されてもおかしくない状況でした。

事態が動いたのは10日…
公務執行妨害、傷害、道路交通法違反の容疑で書類送検され、山本さん同日午後3時から記者会見を開いたのです。

無免許運転についてはこう釈明しました。
運転していた妻が暑さで気分が悪くなり、「フルーツパーラーでお茶でも飲んでいかない?」と言い出した…
しかし、午後8時に打ち合わせを控えていたため断ったところ、ケンカになり、気分が悪化した妻の右手が動かなくなった…
このため、やむなく運転を代わった…
ということでした。

今後については、「しばらくの間は謹慎自重する」と活動停止宣言しましたが、警察官の制止や、警察官が倒れたことなどは気づかなかったとして公務執行妨害・傷害の容疑は否認したのです。
当時、山本さんは音楽番組「オーケストラがやって来た」(TBS系)の司会を務めており、即座に降板が決まりました。

その後、公務執行妨害と傷害は証拠不十分で不起訴となり、下された判決は無免許運転に対する罰金5万円の略式命令だけ…
山本さんは「(警察官に気づかなかったという)私の主張がご理解いただけた結果とみまして、感謝しております」と語りました。
警察官のケガについては治療費の負担とお見舞金で円満解決したことを報告したのです。

その後、謹慎生活を続けていましたが、1980年4月6日…
実に1年8カ月ぶりに「オーケストラがやって来た」に復帰します。

それからも音楽活動を続けましたが、2002年6月に心不全で惜しまれながら69歳で他界…
妻も2003年4月に亡くなっています。



ピックアップ記事

  1. 清原和博…自宅の広尾マンションは「サマセット麻布イースト」だった!
  2. 安室の住む京都のマンションはどこ?って「ザ・京都レジデンス岡崎神宮」でしょ?
  3. 長者番付からわかる芸能人の年収(2002年度)
  4. 西川きよしは「シーランド公国」の伯爵になっている?!
  5. 福山雅治…結婚のショックで株価も下落?!

関連記事

  1. 1970年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1975年度)

    第二次ベビーブームで、「シクラメンのかほり」(布施明)や「港のヨーコ・…

  2. 1970年代

    麻丘めぐみ…結婚・引退から離婚・カムバックまでの経緯

    3歳から子役として活動し、16歳の時に「芽ばえ」で歌手デビュー…お…

  3. 1970年代

    平尾昌晃…幼妻(小沢深雪)との結婚から離婚まで

    布施明さんの「霧の摩周湖」や小柳ルミ子さん「瀬戸の花嫁」などに曲を提供…

  4. 1970年代

    黒沢明…自殺未遂の背景には何があったのか?!

    1971年暮れ、すでに世界的評価を得ていた黒沢明監督(当時61歳)が自…

  5. 1970年代

    寺尾聰…范文雀との馴れ初めとスピード離婚

    1974年11月15日、寺尾聰さん(当時27歳)と范文雀さん(当時26…

  6. 1970年代

    泉谷しげる…過激な発言で番組を打ち切りに追い込む?!

    シンガー・ソングライターであり、また俳優として息の長い活躍を続ける「泉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 三浦洋一…死因の「食道がん」を明かさずに舞台に挑んでいた?!…
  2. 金原あすか…現在は「愛内りりあ」に名前を変えて活動中?!
  3. 沖田浩之…自殺(死因)の理由は家系が関係していたのか?!
  4. 河相我聞…現在はラーメン屋を廃業して息子たちが活躍中?!
  5. 尾崎亜衣…彼氏との関係と今後の姉妹の活動について
  6. 工藤兄弟…今現在の姿は体操教室やサマーキャンプを主催している…
  7. 田村英里子…降りかかった事件の数々を振り返る
  8. 松田聖子…コンサート中に暴漢に襲われ怪我をする?!
  9. 今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで
  10. 野坂昭如と大島渚の殴り合いの原因は何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    原田貴和子…妹・原田知世と「2人そろって奇跡のアラフィフ!」
  2. 2000年代

    黒田有と国生さゆりの破局は「犬と猫」が原因?!
  3. 1980年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1986年度)
  4. 2000年代

    酒井法子…元夫と共に逮捕されるまでの一部始終
  5. 1970年代

    桃井かおり…つかこうへいとの結婚を破棄した理由とは?
PAGE TOP