2000年代

タモリの安産祈願は宗教!?お守り・安産マークの意味は?





森田一義さんことタモリさん(71歳)と言えば、日本で知らない人を探す方が大変な有名人です。

そんなタモリさんの元に2014年頃から、多くの妊婦さんや妻が出産を控える男性がやって来ているとか…
その理由にはタモリさんの宗教めいた安産祈願が注目されているからなのです!




Sponsored Links

タモリさんの安産祈願

そもそもタモリさんになぜ、安産祈願の依頼が殺到するようになったのか?…
その点からお話します。
発端は2014年3月末に終了した長寿番組、「森田一義アワー笑っていいとも!」(フジテレビ)にて、タモリさんが“女性器”をマークにした落書きを書いたことに始まります。

すると、その安産マークを見た女性が、「それって安産に効きますか?」と尋ねたところ、タモリさんはジョークのつもりで「効きますよ~!」と、答えたところ、その女性が超安産だったらしいのです。
この事がきっかけとなり、「何でもタモリさんには“安産パワー”があるらしい…」と、芸能界を中心にウワサが広まったからなのです。

というワケで、タモリさんが突然、宗教めいた「“安産パワー”がある!」と言い始めたワケではなく、自然と芸能界でタモリさんに安産祈願をする人が増えていったのです。
その中にはスザンヌさんや藤本美貴さん、また渡辺満里奈さんや笑福亭鶴瓶さんの長女・駿河章子さんもタモリさんのお守りをもらっています。

そのお守りと言うのがタモリさんが直筆で、「○○さんへ 安産」という言葉を色紙に書いた後、先述した“女性器”の安産マークを描いたものだそうです。

その他にもタモリさんが妊婦さんのお腹を触って祈るだけ安産だったり、逆子だった赤ちゃんが数日後には治っていたりと、タモリさんにお腹を触って欲しいという方も多いのだとか…
さらに、この話を聞きつけたどこかの妊婦さんが、タモリさんの自宅の前で手を合わせている姿も目撃されています。

ここまでいくとタモリ大明神…
タモリ安産寺という宗教法人を作っても良いのでは?
とも思ってしまいました(笑)

でも、これは言い換えると、それだけ妊婦さんやその旦那さんが、生まれて来る子供のことを願っているということでもあります。
きっとタモリさんも自分にご利益があるかはさておき、そのことが分かっているからこそ、皆さんに頼まれればお守りや安産マークを贈っておられるのでしょう。
とても素晴らしいことだと思うので、これからもタモリさんには安産祈願を続けてもらいたいものです。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1995年度)
  2. 石嶺香織(宮古島市議)経歴とフェイスブックの炎上コメント
  3. コロッケ(ものまね)…嫁の辻真理子と子持ち再婚していた?!
  4. コメットさんのヒロイン九重佑三子の赤裸々告白
  5. 初代・引田天功の死因と生前の女性問題が衝撃?!

関連記事

  1. 2000年代

    今井メロ…ブログ(アメブロ)で元旦那と炎上合戦?!

    スノーボードハーフパイプ選手だった「今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    竹田浩一…wiki風にプロフィールと光目覚まし時計について解説する
  2. 2000年代

    ダウンタウン松本人志のジャニーズに対する予言が怖すぎる件
  3. 1960年代

    石立鉄男と吉村実子…別居から離婚までの30年間
  4. 2000年代

    堀尾正明…息子の名前は「堀尾優太」でサントリーで働いてる?!
  5. 1980年代

    宮川大助・花子…闘病の日々を乗り越えて
PAGE TOP