1990年代

安田成美のNHKドラマ「春よ、来い」降板劇の裏側とは?





宮崎駿監督の長編アニメ「風の谷のナウシカ」(1984年)の歌手として…
また2016年の「朝が来る」(東海テレビ)の主演を務めたのが「安田成美」さんです。
そんな安田さんは15年前、ヒロインとして出演していた朝ドラを降板する騒ぎがあったのです。

名前:安田成美(やすだなるみ)
生年月日:1966年11月28日
職業:女優、ナレーター
出身:東京都文京区
所属:コッカ



Sponsored Links
 

それは1994年10月から1995年9月放送された安田さんの主演作「春よ、来い」(NHK連続テレビ小説)で起きました。
発端は1995年2月7日に「春よ、来い」の金沢宏次チーフプロデューサーが開いた記者会見…
2月25日の収録を最後に安田さん(当時28歳)が降板するとし、「肉体的、精神的な疲労」が降板理由で「昨年暮れごろから体の不調を訴えていた。収録は9月上旬までの予定なので完走は無理と判断した。」と語ったのです。

このとき番組辞退は「安田さんの申し出」というのがNHKの言い分でした…
しかし、それから3日後の2月10日に、今度は脚本家の橋田寿賀子さん(当時69歳)が会見を行ったのです。

内容は4月から開始する「春よ、来い」第2部のヒロインに中田喜子さんを起用するというものでした。
まず、橋田さんが「安田さんの降板理由は私の本を気に入らなかったことに尽きると思います。それは私の責任です。」と深々と頭を下げ、そこから雰囲気が一変しました。

橋田さんは、ちまたで囁かれていた脚本の遅れをきっぱり否定し、降板した安田さんへの不満を爆発させたからです。
「脚本家に文句を言う俳優がいるのにびっくりした」、「突然、犬に噛まれたみたいな気持ち」と怒りが収まりませんでした。

「春よ、来い」はNHK放送70周年の記念ドラマとして半年の放送を倍の1年間に延長…
「おしん」で高視聴率を叩き出した橋田さんの自伝的ドラマというふれこみでした。、

しかし、フタをあければ初回視聴率は25.8%…
当時は初回30%が当たり前の時代だっただけに厳しい声が多く、「話が面白くない」、「安田のおさげ髪が不気味」、「セリフ回しが下手」と評判は散々だったのです。
さらに橋田さんが会見で安田さんに矛先を向けたことで、安田さんが責任を取らされての番組降板との説まで出て、安田さんは苦境に立たされました。

これに対して、その時は安田さんも安田さんの所属事務所もだんまりを決め込みコメントせず…
事態が進展するのはその1カ月以上も後でした。
第2部スタート直前の3月23日…
安田さんが“「春よ、来い」降板劇の真相を全て話します”という衝撃的なタイトルで週刊誌の対談に登場して顛末を明らかにしたのです。

それによると「NHKのチーフPの口の上手さにだまされて出演したが、演じるうちに話のつじつまが合わなくなった脚本に困り果て、改善してもらおうとチーフPにお願いした。だが、何ひとつ変わらず、散々待たされ、その揚げ句、とてもすてきな脚本と開き直られ見切りをつけた。」ということでした。

結局、脚本家と主演女優の対立、それを仕切れないNHK…
というのが、この騒動の真相だと言えます。
ちなみに、平均視聴率も歴代ワースト2位の24.7%と低迷し、そのまま視聴率は大きく上がらず、一度も30%を上回ることはありませんでした。

降板後の安田さんはとんねるずの木梨憲武さんとの間に3人の子供を出産…
子育ても一段落し、降板騒動も風化して再び「てっぱん」で朝ドラに出演できました。
これで安田さんは忌まわしい過去の記憶から解き放たれたというわけです。



Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. 志尊淳は韓国人?本名の由来は実は〇〇だった?!
  2. 野村貴仁…今現在は「野球教室」を仕事としている?!
  3. 戸川京子…自殺理由は「ぜんそく苦」だった?!
  4. 木佐彩子…石井一久との馴れ初めから結婚に至るまで
  5. 黒沢明…自殺未遂の背景には何があったのか?!

関連記事

  1. 1990年代

    矢沢永吉…詐欺被害で借金がまさに「35億」だった?!

    ロックミュージシャンの永ちゃんこと「矢沢永吉」…

  2. 1990年代

    梅宮アンナと羽賀研二が別れた理由を2017年に再調査してみた件

    梅宮アンナさんと言えば40代とは思えない美貌の…

  3. 1990年代

    小松千春の2017年現在とこれまでを振り返る

    1991年度の旭化成水着キャンペーンガールに選…

  4. 1990年代

    武豊と佐野量子…馴れ初めから結婚までを赤裸々に語る

    1995年6月5日に京都市北白川のカトリック聖…

  5. 1990年代

    佐伯日菜子…DV夫・奥大介との離婚から現在まで

    日本アカデミー賞新人俳優賞、山路ふみこ賞新人賞…

  6. 1990年代

    吉野紗香が干された理由はこれだったの?!

    吉野紗香さんと言えば、1995年に少女漫画誌「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    竹内友佳アナウンサーの結婚相手(一般男性)は航空会社でこんな仕事してる?!
  2. 1980年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1983年度)
  3. 1990年代

    松下由樹…小林武史と結婚目前で破局して今も独身のまま?!
  4. 1980年代

    初代・林家三平は死に際に「謎の輪っか」を握っていた?!
  5. 1970年代

    藤圭子…前川清との離婚理由は何だったのか?!
PAGE TOP