1980年代

樋口可南子・糸井重里…馴れ初めから略奪婚まで




 

1980年代は、コピーライターや空間プロデューサーなど、おしゃれなイメージの「カタカナ職業」が若者の憧れでした。
特にコピーライターは大人気で、売れっ子は「1行1000万円」とも言われたものです。
そんな一人と人気女優の交際が発覚したのが1982年5月26日のことでした。

女性週刊誌の記者が都心のホテルにチェックインし、コピーライターの「糸井重里」さん(当時33歳)を張り込んでいました。
現れたのは「樋口可南子」さん(当時23歳)で、2人はホテルの部屋で一夜を明かしたのです。

名前:糸井重里(いといしげさと)
生年月日:1948年11月10日(70歳)
職業:コピーライター、エッセイスト、タレント、作詞家
出身:群馬県前橋市
学歴:法政大学文学部(中退)

  

名前:樋口可南子(ひぐちかなこ)
本名:糸井可南子(いといかなこ)
生年月日:1958年12月13日(60歳)
職業:女優
所属:ユマニテ
出身:新潟県加茂市
学歴:女子美術大学(中退)



Sponsored Links
 

1982年5月27日の正午前、連れ立ってチェックアウトした2人は糸井さんの愛車ルノーに乗り込もうとしました。
その時、記者が糸井さんを直撃すると、「後で連絡します」と言ったまま、車を出そうとしたのですが、気が動転したのかエンジン起動を何度も失敗します。

一方、樋口さんは落ち着いた様子でにこやかな表情でした。
これが妻子ある男性と独身女優の不倫現場がスクープされた瞬間だったのです。

雑誌は6月上旬に発売されました。
当然2人は芸能マスコミに追いかけられます。

6月2日に糸井さんは報道陣に樋口さんとの関係を認めましたが、

弁解するつもりはない。女房も「誰にでもあること」とわかってくれてます。そういう女房を僕は選んだんです。離婚もありません。

とコメントしました。

一方、樋口さんは6月5日、CMの海外ロケから帰って来たところを記者に囲まれ、

結婚は彼も望んでいないし、私も望んでいません。

糸井さんは私の大事な人。

と語ったのです。

糸井さんの妻も女性誌の取材に答えました。

あの人にとってはそれも仕事のうちなんです。私は夫の仕事には口出しはしないことにしている。

この堂々たる公然不倫ともいうべき関係は世間を仰天させましたが、堂々とした態度と2人のキャラクターからか「これも新しいライフスタイルか?」と妙に納得させるところもあり、バッシングの類いはほとんど起こりませんでした。

当時、流行した糸井さんのコピー通りの「おいしい生活」と揶揄(やゆ)されたりもしましたが、2人の仕事にあまり影響を及ぼさなかったようです。

ちなみに、この騒動で樋口さんが名ゼリフを残しました。

妻子のある人を好きになったんじゃない。自分の嗜好(しこう)にかなう人がいて、その人にたまたま家庭があった。

糸井さんは1980年代、「じぶん、新発見。」、「不思議、大好き。」などのコピーで注目を集めました。
1982年から1985年までNHKの若者向け番組「YOU」の司会を務めるなど時代の寵児と活躍したのです。

樋口さんも1984年のNHK朝の連ドラ「ロマンス」のヒロインを務めるなど多数の映画やテレビドラマに出演しました。
1991年には日本初のヘアヌード写真集となる篠山紀信さん撮影の「water fruit 不測の事態」が発売されて注目を集めたのです。

この2人は破局が伝えられたこともありましたが、1993年5月、糸井さんと妻との離婚が成立したのを機に同居。
同年8月に正式入籍し、実に12年越しの不倫に終止符を打ったのです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 三遊亭小圓遊(四代目)…食道静脈瘤破裂が原因で死去する
  2. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
  3. 都はるみ…交際13年の末の結婚と離婚
  4. ヤスタケ(スニーカー芸人)…カジサック(キンコン)のドッキリで炎上被害?!
  5. 前田武彦のバンザイ事件と共産党の関係とは?

関連記事

  1. 1980年代

    大友柳太朗…自殺の原因は「老い」だった?!

    1985年にべテラン俳優が自宅マンション屋上か…

  2. 1980年代

    フランク永井…自殺未遂の原因は何だったのか?!

    「有楽町で逢いましょう」や「東京ナイト…

  3. 1980年代

    牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで

    元プロ野球選手(投手)で、2005年から2006年まで横浜ベイスターズ…

  4. 1980年代

    水沢アキ…元旦那スィーヒとの馴れ初めから結婚まで

    NHKの人気クイズ番組「連想ゲーム」出…

  5. 1980年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1980年度)

    第1回全日本女子サッカー選手権大会開催され、読…

  6. 1980年代

    森進一と大原麗子…離婚の原因は何だったのか?!

    「襟裳岬」や「港町ブルース」、「おふく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    紺野美沙子…息子は慶應義塾大学を卒業している?!
  2. 1990年代

    一色紗英…事件レベルと言われる交通違反の内容とは?!
  3. 1990年代

    後藤久美子…アレジとの出会い・馴れ初めから結婚(事実婚)まで
  4. 1980年代

    塩沢とき…舌癌や乳癌と戦い続けた日々
  5. 1990年代

    竹中直人…嫁・木之内みどりとの馴れ初めから結婚に至るまで
PAGE TOP