1990年代

京塚昌子…死因と彼氏(内縁の夫)について





ふくよかな体形でドラマで人気だった女優の「京塚昌子」さん。
1960年代から1970年代にかけて「肝っ玉かあさん」や「ありがとう」などの名母親役として活躍していましたが、1994年9月23日午後7時過ぎ、東京・田町の病院の一室で京塚昌子さんは静かに息を引き取りました。

享年64歳…
直接の死因は心不全ですが、長らく脳梗塞で入院生活を送っていました。
最期まで付き添った妹によると眠るような安らかな死に顔だったといいます。

名前:京塚昌子(きょうづかまさこ)
生年月日:1930年3月16日~1994年9月23日(享年64歳)
職業:女優
出身:東京都
学歴:佐野高等女学校(現・栃木県立佐野女子高等学校)




Sponsored Links
 

病に倒れたのは1983年9月…
公演先の愛媛県松山市の宿で朝起きたら手足が動かず、口も回らない状態になり、そのまま市内の病院に搬送されて、20日間入院しました。
その後は東京の病院に転じて療養し、一見、健康そのものの印象でしたが、1971年に糖尿病と診断されていたのです。

脳梗塞は糖尿病由来と考えられました。
女優の傍ら小料理屋や天ぷら屋を経営して食道楽としても酒豪としても知られ、倒れる直前にも「ちょっと太りすぎたから減量しなきゃ体に悪いわね」と共演者の池内淳子さんに漏らしていたのです。

東京の病院3ヵ月で退院しましたが、自宅に戻ってからは1日1400キロカロリーに食事を制限されました。
85キロもあった体重も最後は60キロを切るまでに…
根っからの楽天家で、そのうち元に戻るものと思っていて、リハビリはサボりがちだったといいますが、食事制限はきっちり守っていました。

1984年から1985年にかけては後遺症に耐えながら一時的に復帰…
しかし、やはり症状が悪化し、1986年4月には「体調が不本意なため、納得のできる仕事ができない」と休業宣言し、山梨県甲府市の病院に入院しました。
その後は静岡、長野と各地の病院を転々として療養生活を送り、事実上、芸能界引退状態となったのです。

2回目の入院当初は再度の復帰を目指し、リハビリに励んでいましたが、徐々に体力が衰え、晩年は意識にも影響が出て、来客に反応を示さないこともあったといいます。

生涯独身と伝えられていましたが、 死後、30代の1964年頃から3年間内縁関係の「夫」がいたことが芸能マスコミによって報じられました。
相手は新橋の美貌で有名だったゲイポーイ…
遊びではなく熱愛だったといいいます。
すれ違いから3年後に別れることになったのですが、「夫」とは別れた後も酒をよく酌み交わす仲だったといいます。

20代後半のころ、京塚さんはやせるためのホルモン治療を受け、その副作用で月経が止まり、その後ずっと更年期状態だったといいます。
性別には、こだわらない「人間」同士の心のつながりがそこにはあったのかもしれません。

葬儀は9月28日に営ほれ、役柄通り陽気でやさしい京塚さんを慕っていた400人が見送りました。
長山藍子さんら彼女の「子供」演じた俳優らも顔を揃えたのです。

「肝っ玉かあさん」などのプロデューサーを務め公私ともに親しかった石井ふく子さんは葬儀委員長を務め、「ママ(京塚)は年下なのに本当に私の母さんのような存在だった」と人柄を偲んだのでした。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 酒井法子…支えてくれた故・富永保雄の「トミナガ工業」に訴えられる?!
  2. にしおかすみこ…干された理由と現在について
  3. 中川礼二の「生涯禁酒」宣言は何処に?
  4. 梅宮アンナと羽賀研二が別れた理由を2017年に再調査してみた件
  5. 森末慎二…宮古島の住所は島の北側のこんな場所だったの?!

関連記事

  1. 1990年代

    森且行がSMAPを辞めた背景には何があったのか?

    2016年12月31日に解散した日本を代表する…

  2. 1990年代

    浅茅陽子は今でも「ベジタリアン」なのか?!

    1976年の「雲のじゅうたん」で飛行家を目指す…

  3. 1990年代

    北大路欣也…父・市川右太衛門の老人ホーム入居騒動の真相

    愛称は「右太さん」…「旗本退屈男」で一世を…

  4. 1990年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1995年度)

    阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生し、「…

  5. 1990年代

    沢田雅美…干された原因は橋田壽賀子?それとも赤松秀樹?

    1994年1月に「舞台を降りたい」とから石井ふ…

  6. 1990年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1996年度)

    アトランタオリンピックが開催され、また女子テニ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    叶和貴子…白浜雅昭と結婚・離婚を経た現在の様子とは?!
  2. 2000年代

    竹内順平(立川志の輔の息子)は梅干しを全国広める会社の社長?!
  3. 2000年代

    松坂慶子…50歳にしてヌード写真集を出版したワケとは?
  4. 2000年代

    沢尻エリカ…「別に」の理由は何だったのか?!
  5. 1970年代

    立川談志…政治家時代とヘベレケ会見
PAGE TOP