1990年代

京塚昌子…死因と彼氏(内縁の夫)について




 

ふくよかな体形でドラマで人気だった女優の「京塚昌子」さん。

1960年代から1970年代にかけて「肝っ玉かあさん」や「ありがとう」などの名母親役として活躍していましたが、1994年9月23日午後7時過ぎ、東京・田町の病院の一室で京塚昌子さんは静かに息を引き取りました。

享年64歳…
直接の死因は心不全ですが、長らく脳梗塞で入院生活を送っていました。
最期まで付き添った妹によると眠るような安らかな死に顔だったといいます。

名前:京塚昌子(きょうづかまさこ)
本名:平塚マサ子(ひらつかまさこ)
生年月日:1930年3月16日~1994年9月23日(享年64歳)
職業:女優
出身:東京都
学歴:佐野高等女学校(現・栃木県立佐野女子高等学校)卒業




Sponsored Links
 

病に倒れたのは1983年9月…
公演先の愛媛県松山市の宿で朝起きたら手足が動かず、口も回らない状態になり、そのまま市内の病院に搬送されて、20日間入院しました。
その後は東京の病院に転じて療養し、一見、健康そのものの印象でしたが、1971年に糖尿病と診断されていたのです。

脳梗塞は糖尿病由来と考えられました。
女優の傍ら小料理屋や天ぷら屋を経営して食道楽としても酒豪としても知られ、倒れる直前にも「ちょっと太りすぎたから減量しなきゃ体に悪いわね」と共演者の池内淳子さんに漏らしていたのです。

東京の病院3ヵ月で退院しましたが、自宅に戻ってからは1日1400キロカロリーに食事を制限されました。
85キロもあった体重も最後は60キロを切るまでに…
根っからの楽天家で、そのうち元に戻るものと思っていて、リハビリはサボりがちだったといいますが、食事制限はきっちり守っていました。

1984年から1985年にかけては後遺症に耐えながら一時的に復帰…

しかし、やはり症状が悪化し、1986年4月には「体調が不本意なため、納得のできる仕事ができない」と休業宣言し、山梨県甲府市の病院に入院しました。
その後は静岡、長野と各地の病院を転々として療養生活を送り、事実上、芸能界引退状態となったのです。

2回目の入院当初は再度の復帰を目指し、リハビリに励んでいましたが、徐々に体力が衰え、晩年は意識にも影響が出て、来客に反応を示さないこともあったといいます。

生涯独身と伝えられていましたが、 死後、30代の1964年頃から3年間内縁関係の「夫」がいたことが芸能マスコミによって報じられました。
相手は新橋の美貌で有名だったゲイポーイ…
遊びではなく熱愛だったといいいます。
すれ違いから3年後に別れることになったのですが、「夫」とは別れた後も酒をよく酌み交わす仲だったといいます。

20代後半のころ、京塚さんはやせるためのホルモン治療を受け、その副作用で月経が止まり、その後ずっと更年期状態だったといいます。
性別には、こだわらない「人間」同士の心のつながりがそこにはあったのかもしれません。

葬儀は9月28日に営ほれ、役柄通り陽気でやさしい京塚さんを慕っていた400人が見送りました。
長山藍子さんら彼女の「子供」演じた俳優らも顔を揃えたのです。

「肝っ玉かあさん」などのプロデューサーを務め公私ともに親しかった石井ふく子さんは葬儀委員長を務め、「ママ(京塚)は年下なのに本当に私の母さんのような存在だった」と人柄を偲んだのでした。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 浜田雅功と小川菜摘…新婚旅行のエピソードが衝撃的?!
  2. 内田有紀…吉岡秀隆との離婚理由は何だったのか?!
  3. 桜田淳子…統一教会の合同結婚式で夫・東伸行と出会う?!
  4. 元祖・沖縄バラドル「早坂好恵」のデビューから現在まで
  5. 萩本欽一…奥さんとの馴れ初めが感動する件

関連記事

  1. 1990年代

    城達也…ジェットストリームの最終回で語った言葉とは?

    甘い声が魅力で「プラチナの低音」と呼ば…

  2. 1990年代

    安藤優子…3度の不倫報道と略奪婚について

    フジテレビ系「FNNスーパニュース」で看板キャ…

  3. 1990年代

    長谷川町子…「遺骨盗難事件」の経緯と真相とは?!

    長谷川町子さんの代表作であり、戦後日本を代表す…

  4. 1990年代

    森田正光(気象予報士)の離婚スキャンダルの真相とは?

    株式会社ウェザーマップ取締役会長であり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 鳳啓助…元嫁(鏡子)に勝手に離婚届を出されていた?!
  2. シャネルズ…なぜ2か月間も活動停止したのか?!
  3. 島田洋七…目薬と水虫薬を間違えて失明の危機に陥ったことがある…
  4. 左とん平…過去に賭博容疑で逮捕されたことがあった?!
  5. 大和田伸也…妻・五大路子との馴れ初めから結婚まで
  6. 池田満寿夫と佐藤陽子(バイオリニスト)の馴れ初めとは?!
  7. 和田アキ子…自然気胸を患って入院したことがある?!
  8. 三遊亭小圓遊(四代目)…食道静脈瘤破裂が原因で死去する
  9. 石橋貴明と野坂昭如は本番中にガチで喧嘩をしたことがある?!
  10. BOØWY(ボウイ)…解散宣言をした理由は何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    萩原流行…バイク事故死の真相と疑問が残った警察の見解
  2. 1980年代

    初代・林家三平は死に際に「謎の輪っか」を握っていた?!
  3. 1970年代

    三船敏郎…介護は喜多川美佳でなく元妻・吉峰幸子がしていた?!
  4. 2000年代

    剛力彩芽…前澤友作のせいでアンビリバボーを降板になる?!
  5. 1980年代

    香田晋の2017年現在は福岡県のここで料理店を経営していた?!
PAGE TOP