2000年代

清原和博の事務所「オフィスキヨハラ」酷すぎて笑えない件





2016年2月23日に覚醒剤取締法違反(所持)で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者…
当然、彼の事務所、「オフィスキヨハラ」がホームページが無くなり、事実上の倒産を迎える事となりました。

ただ、この「オフィスキヨハラ」…
もちろん今回の事件が発端で倒産に至ったワケですが、それまでにも倒産寸前の運営状態だったのです。

社名:株式会社オフィスキヨハラ
本社所在地:東京都渋谷区猿楽町7-1-309
代表者:清原和博
事業内容:清原和博のマネジメント業務
設立:2012年
従業員数:2名(清原容疑者本人とマネージャー)

そもそもオフィスキヨハラの評判は最悪でした。
と言うよりも会社でなく清原容疑者自体が問題で、基本的に「ドタキャン」や「遅刻」は当たり前の状態だったのです。

分かっているだけでも、2009年の第二回WBCの野球解説で、TBSのスペシャルナビゲーターであったにも関わらず、現地のサンディエゴに行っていながらドタキャン。

2011年にはオリックス時代(2006年)から、パチンコ開発企業「フィールズ」のCMに起用されていた縁で、所属したフィールズの関連会社JMSのパチンコイベントも当日にドタキャン。
理由は「体調不良」とお世話になったフィールズの顔に、泥を塗るような事態にもなりました。

さらに極めつけは2012年の9月11日に行われた900名の野球好きの子供を集めた岐阜県の講演会を、またまたドタキャン。
しかも野球を愛する900名の子供たちが、待ち望む講演会をドタキャンしたした理由が“ダブルブッキング”だったから…

実はその日はとんねるずの番組収録がハワイで行われており、清原容疑者はそちらの収録に出演していたのです。
オフィスキヨハラはこの件に関して、「講演会の日付を間違ってしまったから」と説明していますがさすがに呆れてしまいます。

その他にもラジオや講演会、JRAのイベントなど、次々とドタキャンやキャンセルを繰り返し、補償問題に発展した事も何度もありました。
その結果、当然ながら清原容疑者を生放送はもちろん、ゲストとしても「怖くて使えない…」となり、仕事の依頼が激減したのです。

また、オフィスキヨハラの唯一の社員でもあるマネジャーがいました。
そもそもこのマネジャーもコロコロと変わり、皆「体調不良」や「精神的な理由」などを理由に辞めていったのです。

ちなみにマネージャーの募集要項はこんな感じです。

清原和博氏の運転兼およびマネージャーとして幅広いサポート

■運転(送迎)業務
清原氏所有の車(アルファード/ベンツ)を運転

■マネジメント業務
各メディア(テレビ・ラジオ・雑誌など)からのオファーを受け、
スケジュールを調整したり、仕事現場へのアテンドを行う

■その他身の回りのサポート
清原氏のビジネスが円滑に進むようトータルサポートを行う

ほぼお手伝いさんですね(笑)
ちなみにこのマネージャー仕事は月30万円だったそうです。

やはり度重なるドタキャンや賠償トラブルなどで、マネジャーは精神的に追い詰められてしまったようなのです。

このような状態であった事務所オフィスキヨハラ…
事件はなくともいつかは倒産していたでしょう。

■清原和博…自宅の広尾マンションは「サマセット麻布イースト」だった!




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 中川礼二の「生涯禁酒」宣言は何処に?
  2. 内藤裕子アナウンサー…現在は事故・NHKを退局を経て「カレー大学院」?!
  3. ゴールデンハーフ…エバ・マリア・ルナの現在とは?
  4. 金原あすか…現在は「愛内りりあ」に名前を変えて活動中?!
  5. 小松菜奈が「かわいい」or「かわいくない」と言われるワケとは?

関連記事

  1. 2000年代

    栞菜智世(本名:生田若菜)の大学はフェリス!?

    2014年に行われた「第39回ホリプロタレント…

  2. 2000年代

    山本モナ…細野豪志と二岡智宏との不倫で二度も番組降板?!

    ノルウェー人とのハーフで、ストレートな気性の知…

  3. 2000年代

    有沢比呂子の演技(相棒にも出演)が見納め

    女優、有沢比呂子さんが亡くなったのは 2015…

  4. 2000年代

    及川奈央…現在は舞台女優として活躍中?!

    女優として2010年にNHK大河ドラマ「龍馬伝…

  5. 2000年代

    原田ひとみ(29歳)の炎上ツイッターが何とも言えない件

    声優で歌手の原田ひとみさんをご存知でしょうか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    日野皓正…娘の逮捕は無視でも中学生にビンタ指導はする人物?!
  2. 1980年代

    佐久間良子の元夫・平幹二朗との離婚劇の裏側
  3. 1990年代

    伊丹十三…死因の真相は本当に写真週刊誌が原因だったのか?!
  4. 1980年代

    山崎方正は「第一種情報処理技術者試験」に合格している?!
  5. 1980年代

    倉田まり子…投資ジャーナル事件から現在までの転身に衝撃!?
PAGE TOP