1980年代

美空ひばり…死因は癌(がん)ではなく間質性肺炎と肝硬変?!





愛称は御嬢(おじょう)…
戦後の歌謡界を代表する歌手といえば「美空ひばり」さんです。

ひばりさんと言えば、1949年に11歳で本格デビューして以来、500曲を超えるオリジナル曲をレコーディングし不世出の歌姫…
しかし、弟2人を相次いで亡くしてからは酒量が増えていき、体調不良も続き、1985年ごろからは腰痛を訴えるようにもなっていました。

名前:美空ひばり(みそらひばり)
出生名:加藤和枝(かとうかずえ)
生年月日:1937年5月29日~1989年6月24日(享年52歳)
職業:歌手、女優
レーベル:日本コロムビア
事務所:ひばりプロダクション
出身:神奈川県横浜市磯子区滝頭
学歴:精華学園高等部




Sponsored Links
 

そして、ひばりさんの体が悲鳴を上げたのが1987年4月…
全国ツアーの公演先の福岡市で緊急入院したのでした。

医師団からは「左右大腿骨骨頭壊死」、「慢性肝臓病」、「脾臓肥大」と発表され、そのまま3カ月あまりの入院…
明治座などで予定されていた公演は中止となりました。
そのため、50歳の誕生日を病院のベッドで迎えたのです。

一時はカムバックも危ぶまれる状況でしたが、年末には京都のイベントでステージ復帰し、翌1988年4月、完成直後の東京ドームで復活公演を成功させて注目が集めました。

しかし、同年11月ごろから「胸が苦しい」と訴えるようになります…
元号が平成に変わった1989年2月6日、福岡県を皮切りに全国28カ所でのツアーをスタートさせましたが、翌日の小倉公演は主治医が付き添い、ステージ上では大半を椅子に座って歌う異例の事態となったのです。

8日に緊急入院したものの、病院側は検査入院を強調しました。
東京に戻って3月15日には再び検査入院…
マスコミの間で重病説が囁かれるようになります。

退院して21日に自宅からラジオ出演しましたが、直後に体調を崩して再び入院…
4月17日には横浜アリーナ公演が予定されていました。

同公演は当時、弱冠17歳の養子、加藤和也さん(現・株式会社ひばりプロダクション、藤和エンタープライズ代表取締役社長)をプロデューサーとして起用し、舞台構成から装置、演出まで任せていました。

長男を「男にするため」に「這ってでも舞台に出たい」と言っていたひばりさんですが、この公演を含めスケジュールは全てキャンセル…
年内の活動休止が決まったのです。

入院後、病院側のガードは異常なほどに堅かったと言います。
マスコミはおろか関係者の面会も大幅に制限されて、病状も公表されませんでした。

当然、周囲には緊張感が漂い始めます…
「髪の毛が抜けている」、「げっそりやつれている」などの情報も乱れ飛びました。

相次ぐ重体報道に、レコード会社が会見を開き、病床の写真と自筆メッセージ、録音テープを公開…
一時は体調も持ち直し、病院の屋上を散歩し、パターの練習をする姿もキャッチされたのです。

ところが、6月に入って体調は急速に悪化…
病名は噂された癌(がん)ではなく、間質性肺炎と肝硬変だったのですが、6月18日からは心臓機能も低下し始めます。

人工呼吸を行う強化治療に入るため、意識を抑制することを聞いたひばりさんは「頑張ります」と答えましたが、その後、意識が戻ることはありませんでした。
歌手の命であるのどを切開するなど必死の治療もむなしく、6月24日午前0時28分、52歳で帰らぬ人となりました。

26日には密葬…
ひばり邸の前は1万2000人の熱烈なファンで埋め尽くされました。

7月6日には内閣総理大臣表彰の一つで、女性初(歌手としては唯一の女性)となる国民栄誉賢をスピード受賞…
22日に青山葬儀所で本葬はTBSによって独占中継されました。

1988年には福島県いわき市塩屋埼を舞台に作詞されたのが縁で、「みだれ髪」の歌碑が建立…
1993年4月には京都市の嵐山に「美空ひばり館」が開館(現在は閉館)し、愛用品のコレクションなどが展示されました。
最近でも2016年5月29日に、未発売音源の「さくらの唄」をCD化し発売されています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 華原朋美…ガス中毒騒動は自殺未遂だったのか?!
  2. 初代・引田天功の死因と生前の女性問題が衝撃?!
  3. 千昌夫…不動産王から借金王の異名をとる
  4. 藤澤恵麻…一般男性との馴れ初めから結婚秘話までを公開!?
  5. 「ナンシー久美の店」は横浜駅西口で母親が運営するスナックだった?!

関連記事

  1. 1980年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1987年度)

    第1回ラグビーワールドカップ開幕され、小錦八十…

  2. 1980年代

    渡辺正行…田中真弓との馴れ初めを振り返ってみた件

    お笑いタレントでコント赤信号のリーダー…

  3. 1980年代

    小柳ルミ子と大澄賢也…結婚式でダンスと濃厚キスを披露?!

    2007年に話題となった藤原紀香さんと陣内智則…

  4. 1980年代

    川崎敬三…ヤラセ事件で番組降板の真相とは何だったのか?

    今でも時おり問題になっているテレビ業界…

  5. 1980年代

    堀江淳の「死亡説」はこうして生まれた

    覚えておられる方も多いはず…「水割りをくだ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 佐々木太一が合格したウィスキー最難度の試験MWとは?!
  2. 式守与之吉…休場の原因となった「ギラン・バレー症候群」とは?…
  3. 柴俊夫…嫁の真野響子との馴れ初めや結婚会見のサプライズとは?…
  4. 水原茂(元監督)…弟子・長嶋茂雄に見送られこの世を去る
  5. シャネルズ(CHANELS)改名の理由にシャネルは関係なかっ…
  6. 岡田彰布…嫁の大関陽子とは知り合って2ヵ月で結婚していた?!…
  7. 大林宣彦…肺がんをオプジーボで治療して効果テキメン?!
  8. さいたまんぞう…現在やっている野球審判のギャラっていくらなの…
  9. なかむらみなみ(ラッパー)…衝撃的な過去から現在まで
  10. 藤村有弘…天涯孤独の中、死去する?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    山口百恵(三浦百惠)…自宅に暴漢が乱入した事件をプレイバックする
  2. 1990年代

    元祖・沖縄バラドル「早坂好恵」のデビューから現在まで
  3. 1970年代

    藤圭子…前川清との離婚理由は何だったのか?!
  4. 1990年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1991年度)
  5. 1990年代

    あんじ(モデル)…現在は舞台女優として活動していた?!
PAGE TOP