2000年代

朝比奈彩…本名「松瀬彩」の実家は洲本市「○○地区」?!




 

2014年11月より「Ray」の専属モデルとなった「朝比奈彩」さん…
今回はそんな彼女の「本名」や「実家」についてのお話です。

名前:朝比奈彩(あさひなあや)
本名:松瀬彩(まつせあや)
旧芸名:北側彩(きたがわあや)
生年月日:1993年10月6日(25歳)
職業:ファッションモデル、タレント、女優
所属:生島企画室(業務提携事務所はハーモニープロモーション)
出身:兵庫県洲本市
学歴:兵庫県立洲本実業高等学校卒業




Sponsored Links
 

さて、上記に記載した通り、朝比奈彩さんの本名は「松瀬彩(まつせあや)」さんです。
以前は「北側彩(きたがわあや)」という名前で活動していたこともありますが、今は朝比奈彩で、本名は「松瀬彩」になります。

本名が明らかになった理由は、彼女が小学校3年生から高校3年生まで続けていた陸上にありました。
高校時代は陸上部のキャプテンで、短距離と走り幅跳びの自己ベストが、それぞれ12.8秒と5.3メートルという朝比奈さんは、兵庫県大会の常連だったのです。

2010年には走り幅跳びで、2011年では100メートルハードルで1位に輝いており、2011年に淡路島で行われた高校陸上予選で「松瀬彩」の名前が掲載され、明らかになったのです。

ちなみに朝比奈さんは以前、東麻布にある「株式会社イー・スマイル(e-Smile)」に所属(2014年2月に退所)していました。
この事務所に所属していたときはレースクイーンなどをしていたのですが、この時の名前が「北側彩」だったのです。

2013年の大阪オートメッセでは本名の松瀬彩で出演していましたが、その後は北側彩で活動…
東京モーターショー(2013 TOKYO MOTOR SHOW)のコンパニオンや、2013年の「SUPER GT」などのレースクイーンとして出演し、その美貌でファンからも大人気だったそうです。




Sponsored Links
 

さて、続いては朝比奈彩さんの「実家」についてです。

彼女の出身は兵庫県「洲本市(すもとし)」…
淡路島の中部にあり、人口は2018年4月1日の推計で42,644人の市です。
地域は細かく分かれ、内町地区、外町地区、物部地区、潮地区、加茂地区、由良地区、都志地区などなど、いくつもの地区に分かれています。

市内の高等学校は3つで、その一つに朝比奈さんの母校でもある「兵庫県立洲本実業高等学校」があります。
洲本実業高等学校は、淡路島で唯一の工業系の学科を持つ学校で、島内全域から生徒が通っていると言います…
また生徒指導や校則が厳しいことでも有名だそうです。

学科は機械科、電気科、商業科、国際ビジネス科があり、中でも国際ビジネス科の9割は女子…
おそらく朝比奈さんも「国際ビジネス科」ではないかと予想されます。
ちなみに洲本実業高等学校の場所は「潮地区」になります。

また、朝比奈さんは高校を卒業後、「モデルになりたい!」という夢を抱いて2013年に上京しました。
ただ、その前の1年間は地元の産婦人科にて助産師の助手として勤務していたのです。

淡路島には産婦人科やレディースクリニックがいくつかありますが、地元である洲本市に限って言えば、産婦人科があるのは「兵庫県立淡路医療センター」、「柳澤医院」、「土倉産婦人科」、「松本産婦人科」の4つです。

ここからは推測になりますが、朝比奈さんのプロフィールが病院やクリニックなどではなく、あえて「産婦人科」と書かれていることから、4つの中でも「土倉産婦人科」もしくは「松本産婦人科」だったのではないでしょうか。
そうなると、それぞれの産婦人科は「加茂地区」、「物部地区」になります。

そうすると朝比奈さんの実家は「潮地区」や「加茂地区」、「物部地区」あたりなのでは?…
とは言え、これらは推測の域を出ません。

もし今後、何か情報が出てくれば、引き続き調べていきたいと思います。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 千昌夫…不動産王から借金王の異名をとる?!
  2. 井上陽水…石川セリに曲「ダンスはうまく踊れない」を贈って口説く?!
  3. 三船敏郎…介護は喜多川美佳でなく元妻・吉峰幸子がしていた?!
  4. 手塚治虫…ブラックジャック実写版にキレた?!
  5. 岡田彰布…嫁の大関陽子とは知り合って2ヵ月で結婚していた?!

関連記事

  1. 2000年代

    蒼井そら…中国で大人気となった意外な理由とは?

    中国を中心に今やアジア圏で大スターとな…

  2. 2000年代

    8.6秒バズーカーの現在と消えた3つの理由をリアルに分析!

    通称「ハチロク」とも呼ばれ、コンビ名「…

  3. 2000年代

    東郷かおる子…現在までの活動をWiki風に紹介してみた件

    1978年頃から1990年までの間、洋楽専門誌「ミュージック・ライフ(…

  4. 2000年代

    砂糖るきの整形メイクはテレビではブスなの?!

    “第二のざわちん”、“詐欺メイク・整形メイク”…

  5. 2000年代

    かとうれいこ…活動休止の理由と現在までを振り返る

    1990年クラリオンガールに選ばれてブ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    都はるみ…交際13年の末の結婚と離婚
  2. 2000年代

    西村和彦…二度の「離婚原因」は何だったのか?!
  3. 2010年代

    春風亭昇太…結婚相手で嫁の「下薗利依」は名家のお嬢様?!
  4. 1990年代

    松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず
  5. 1990年代

    市川染五郎の隠し子と母親スキャンダルとは何だったのか?
PAGE TOP