2000年代

加島祥造…妻と息子を捨てお手伝いさんと伊那谷で暮らす日々





今回は詩人であり翻訳家、そしてタオイスト(道教)で墨彩画家でもある加島祥造さんが亡くなったのは2015年12月25日でした。

名前:加島祥造(かじましょうぞう)
生年月日:1923年1月12日~2015年12月25日(享年92歳)
職業:詩人、翻訳家、タオイスト、墨彩画家
出身:東京市神田区
学歴:早稲田大学文学部英文科、カリフォルニア州クレアモント大学大学院修士課程
備考:元横浜国立大学教育学部教授、元青山学院女子短期大学教授、第3回丸山豊記念現代詩賞受賞



Sponsored Links
 

加島祥造さんには妻である利子さんと、2人の息子さんがいらっしゃいました。
妻の利子さんは青山学院女子短期大学教授退官後、1990年より加島祥造さんが家族と離れて長野県伊那谷に住むようになり、身心の病を抱えてしまいます。

その理由は伊那谷という場所を気に入ったことも一因でしょうが、無類の女性好きであった加島さんが、伊那谷で美しいお手伝いさんと共に暮らすためだったから…
加島さんは芸術家として自然豊かな伊那谷に、一人で暮らすというワケではなく、身の回りの世話は全てお手伝いさんに任せていたのです。

そうして日替わりで美人のお手伝いさんが、加島さんの世話にやって来ていたそうです。
そのことが原因で心身を悪くした妻・利子さんを支えたのが、息子である加島牧史さん(次男)でした。

加島牧史さんは東京・銀座のギャラリーバー「Kajima(カジマ)」のオーナーで、料理を作っておられる他に翻訳家としての顔も持っておられます。
しかし加島祥造さんが18歳の時に、父、加島祥造さんが伊那谷で家族と離れて、お手伝いさん達と暮らすこととなり、さすがに呆れ返ったとか。

伊那谷に住むと出て行った父に対し、息子の加島牧史さんはこのようにコメントされています。

父は私が18の時に家を捨てた。苦しむ母を私が支えた…

それから親子は40年近く会うことはなかったのですが、2010年頃から加島祥造さんは息子さんのギャラリーバーに顔を出すようになったと言います。
2013年のテレビ番組で加島祥造さんが、息子さんのギャラリーバーに訪れる様子が放送されていましたが、さすがにその時も親子の会話はほとんどありませんでした。

無理もありません。
当時18歳だった息子も60歳近くになり、それまで間はお互いに他人のように暮らしていたのですから。

日本で初めて老子の言葉や思想を現代語の詩によって発表したタオイスト加島祥造さん…
素晴らしい才能をお持ちだった方ではありますが、ご家族とは上手くいかなかったようですね…

敬愛する老子の言葉にこんなのがあります。

足るを知れば辱(はずかし)められず、止まるを知れば殆(あや)うからず

意味は「名誉や利益を求め、他人の迷惑を顧みない事をしてはいけない」、「自分の利益を得たいなら他の利益も尊重せよ」と言う意味になります。
何か大切なことを学んだ気がしました。



ピックアップ記事

  1. 若人あきら失踪事件の真相は「シマ性健忘症」?!
  2. 岩下志麻の娘や弟ってどんな人なの?意外と知らない著名な家族
  3. 宮田俊哉…ネイリストの姉「宮田菜月」は今何してるの?
  4. 森本毅郎…「8日で4人と密会」のスキャンダルにも動じず
  5. 酒井法子と野島伸司の熱愛から破局…その原因とは?

関連記事

  1. 2000年代

    倉持明日香…自宅には「小さいおじさん」がいる?!

    AKB48元メンバーで、チームBのキャプテンも…

  2. 2000年代

    前田けゑ…遺産相続が理由で年収は6000万円に?!

    2012年に総資産15億円を相続したことでも知…

  3. 2000年代

    川田裕美…「結婚して旦那がいる」という話が完全にガセ?!

    元・読売テレビアナウンサーで、現在はフリーの「…

  4. 2000年代

    坂本龍一…矢野顕子との離婚理由はマネージャーとの女性問題?!

    幼いころから作曲を学び、日本人初のアカデミー作…

  5. 2000年代

    有賀さつき…娘(名前:沙智慧)の学校について

    「花の三人娘」と呼ばれ、女子アナブームの火付け…

  6. 2000年代

    シシド・カフカ(本名・宍戸佑名)があるのは父親の仕事のおかげ?!

    シシド・カフカさんこと本名「宍戸佑名(ししどゆ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 城達也…ジェットストリームの最終回で語った言葉とは?
  2. 川口浩…何度もがんに立ち向かうも「探検隊シリーズ」が終了する…
  3. 池田一真(しずる)の結婚相手は彼女と言われていた「大久保愛海…
  4. 賀来賢人と賀来千香子の関係図を書くとこんな感じになった件
  5. 牧瀬里穂…旦那・NIGOとの馴れ初めから結婚まで
  6. 可愛かずみ…プロ野球選手・川崎憲次郎のマンションで自殺する!…
  7. 松野大介…現在の活動と中山秀征との関係は?!
  8. 加賀まりこ…子供の死因は「前置胎盤」だった?!
  9. 伊丹十三…死因の真相は本当に写真週刊誌が原因だったのか?!
  10. 宅麻伸…賀来千香子との結婚で愛人(元カノ)の存在が発覚する?…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    さだまさし…借金の理由と完済までの日々を振り返る
  2. 1990年代

    武豊と佐野量子…馴れ初めから結婚までを赤裸々に語る
  3. 2000年代

    朝比奈彩…本名「松瀬彩」の実家は洲本市「○○地区」?!
  4. 2000年代

    尾崎亜衣…彼氏との関係と今後の姉妹の活動について
  5. 2000年代

    中島知子の洗脳・家賃滞納騒動から現在
PAGE TOP