2000年代

河島英五…死因はエイズではなく「肝臓疾患」だった?!





1979年のソロレコード「酒と泪と男と女」の大ヒットで知られるシンガー・ソングライター「河島英五」さん。

48歳という若さで惜しまれながら帰らぬ人となった河島さんですが、その死因がエイズだったのでは?…
という話がちらほら見受けられました。
果たして、その真相はどうだったのでしょうか?

名前:河島英五(かわしまえいご)
生年月日:1952年4月23日~2001年4月16日(享年48歳)
職業:シンガーソングライター、俳優
レーベル:ガリーバーレコード
出身:大阪府東大阪市
学歴:大阪府立花園高等学校




Sponsored Links

河島英五さんはデビュー以来、4000回以上もライブをこなしていましたが、2000年11月関西での野外コンサートの後、風邪をひいたのをきっかけに体調を崩してしまいます。

その後は下痢もずっと続くようになり、河島さんの夫人は「病院へ行ったほうがい」と勧めました。
しかし、スケジュールが詰まっていることを理由に、市販の風邪薬を飲んでコンサートを続け、河島さんは療養する気は毛頭なかったのです。

そんな河島さんに大きな変化が起きたのは、年が明けた2001年1月27日…
富山のコンサートから帰宅した昼ごろに吐血し、入院してしまうのです。

気分が悪くて無理に吐いた際、胃が切れて血が止まらなくなるマロリー・ワイス症候群と診断され、肝硬変や静脈瘤も見つかりました。

河島さんは曲のイメージから酒豪と思われがちですが、1980年代半ばにC型肝炎が判明してからは煙草を止め、酒は打ち上げの乾杯くらい…
それも時にはビールの代わりにお茶のこともあったのです。

しかし、肝機能は低下しており、血圧も高めで薬を飲みながらの活動でした。
入院してからは吐き気と下痢が止まらず、体重は一気に20キロ以上も減ったといいます。

それでも「歌えない俺は死んだも同じ」と言い、入院中も曲作りに励みました。
事情を知らないライブの主催者からは「風邪をひいたくらいでキャンセルなんて」とクレームが入ったこともあり、予定していたライブに穴をあけないように必死に活動したのです。

3月11日、医者の勧めを振り切るようにして半ば無理やり退院…
それから間もなく長崎、山口など3カ所でコンサートを開きました。

飛行機到着後は動けなくなり、車椅子も出してもらい、何を食べても戻してばかり…
ところが、本番になるとしっかり歩き、最後まで歌い通しました。

3月24日には長女でタレントの「あみる」さんの結婚式に出席…
その後は、あみるさん夫妻と同居し、自宅療養していました。

そして、重大局面が4月14日に訪れます。
大阪でトーク&ライブショーを終えて帰宅した河島さんは深夜に吐血…
それでも「病院には行かさんといてくれ」と横になりましたが、朝に再び吐血して救急車で病院に搬送されました。

その日は奈良でコンサートが予定され、「歌わしてくれ」と主張して入院が遅れそうになる最悪の事態も…
結局、数時間後に意識がなくなり、医者は「100%意識が戻らない」と宣言したほどだったのですが、まもなく夫人の呼びかけに応えて意識は回復します。

呼吸器をつけて点滴と輸血のチューブがつながっているのに、「こんなことしとられん、 ギター持ってきて」などと家族としゃべり続けました。

しかし、ふと黙りこくったと思ったら、それが最後…
4月16日未明、家族に囲まれ、笑いながら息を引き取りました。
死因はネット上であがっているエイズではなく、「肝臓疾患」と診断されました。

2日後に音楽葬形式の葬儀が奈良市で行われ、3人の子供たちが生ギターを手に熱唱…
倒れた後、「花見に行きたい」と言っていたため、遺骨の一部は庭に植えられた大きな桜の木の下に埋められました。

墓は奈良市の十輪院に建てられ、河島さんの忌日となった4月16日は「桜風忌」と呼ばれています。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 水谷豊…伊藤蘭との馴れ初めと結婚式の様子を振り返る
  2. あらぽんの彼女の仕事(職業)って飲食関係?!
  3. 松尾和子…転落死により息子と「再会」できず
  4. 秋野暢子…若い頃に「卵管狭窄」という病気を疑われたことある?!
  5. 千昌夫…不動産王から借金王の異名をとる?!

関連記事

  1. 2000年代

    ゆりもり(年齢34歳)…大食いだけじゃない意外な素顔とは?!

    群馬県出身の美人フードファイター「ゆりもり」こ…

  2. 2000年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(2001年度)

    メジャーリーグ・レッドソックスの野茂英雄さんが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    布川敏和とつちやかおりの馴れ初めから結婚まで小話
  2. 1980年代

    ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立の背景
  3. 2000年代

    金澤翔子…母親と心筋梗塞で他界した父親への想いが感に堪えない件
  4. 1970年代

    ザ・タイガース…解散理由の知られざる真相とは?
  5. 1970年代

    寺尾聰…范文雀との馴れ初めとスピード離婚
PAGE TOP