2000年代

向井亜紀…代理出産における東京高裁と最高裁の裁判結果





2003年11月にタレントの向井亜紀さん(当時39歳)と元格闘家の高田延彦さん(当時41歳)の間に子供が誕生しました。
この子が日本では認められていない代理出産だったことから賛否両論を呼び、裁判でも争われたことがあります。

名前:向井亜紀(むかいあき)
本名:髙田亜紀(たかだあき)
生年月日:1964年11月3日 (52歳)
職業:女優・タレント
出身:埼玉県大宮市(現:さいたま市西区プラザ)
学歴:日本女子大学家政学部(中退)



Sponsored Links
 

2003年11月28日、米国ネバダ州で30代女性(代理母・シンディ)が帝王切開で双子の男の赤ちゃんを出産しました。
高田夫妻の精子と卵子を体外受精させて、それを代理母の子宮に着床させる…
いわゆる代理出産で生まれた子でした。

高田夫妻は1994年1月に結婚…
6年後の2000年9月に夫婦が待ち望む妊娠が判明しましたが、喜びも束の間、子宮がんが同時に見つかります。

病巣のみを切除する手術が2度試みられましたが、予想を上回る重症と判明…
最終的に卵巣は温存できたものの、子宮を全摘する手術を受けざるを得なかったのです。
この時、授かっていたまだ16週の胎児も助けるすベはありませんでした。

手術後の2年後生存率は40%と宣告された向井さんの闘病生活は続きましたが、彼女は「高田の遺伝子を残したい」と切々と語り、2002年8月、夫婦で渡米を敢行します。
理由は、日本では代理出産が代理母の身体的負担が大きく、社会の混乱を招くなどの理由で今も禁止されているためでした。

最初は人工授精に失敗し、2度目は着床に失敗…
代理母を代えての3度目の挑戦の末の成功でした。

代理出産を公言した向井さんの会見は議論を呼び、「非合法だ」、「高額費用のかかる代理出産ができるのは金持ちだからだろう」と批判的な声も上がりました。
一方で夫婦愛や向井の母性に共感する人も多く、特に不妊に悩むカップルは成否を注視しました。

さらにもう一つの壁が、この夫婦を待ち構えていたのです。
それは戸籍の問題でした。
夫妻は実子として品川区役所に出生届を提出しましたが、これが突っぱねられ、不受理となったのです。

代理出産が認められている米国では、子供は精子と卵子を提供した夫妻の子として扱われますが、日本の法律では高田さんと出産した代理母の米人女性の子供として届け、改めて向井さんと養子縁組をするという不自然な形を取らなければならなかったのです。

しかも、これに則って届けると、夫婦と代理母との間で交わされていた出産後、一切の親子関係を残さないとの契約に反し…
双子の親子の戸籍は日米の法律のエアポケットにはまり、中ぶらりんになってしまったのです。

この出生届の件は裁判に持ち込まれ、第2審(東京高裁)は高田・向井夫婦が勝訴するものの、2007年3月最高裁では「立法による速やかな対応が強く望まれる」としながらも逆転し、双子を実子として届け出ることは認められませんでした。
結局、夫婦はこの双子を日本の戸籍に入れることを断念…
現在、米国籍のまま日本で暮らしています。

海外での代理出産は今まで100例以上あるようですが、それまでは役所に代理出産の事実を告げずに出生届を出し、そのまま受理されるケースがほとんどでした。
代理出産をめぐる生命倫理や、法律上の取り扱いに関し、様々な論議を呼んだ事件でもありました。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 今井メロ…ラップ歌詞の真相は単なるヤラセ?!
  2. 進藤晶子…飲酒運転疑惑から派生して不倫関係?!
  3. ユンソナの現在と反日発言の真相について解き明かす…
  4. 中村錦之助(萬屋錦之助)と有馬稲子の離婚報道
  5. 大森玲子の不祥事から現在までの経緯を振り返る

関連記事

  1. 2000年代

    山本美憂(レスリング ・ストロー級)が五輪に出れなかった理由とは?

    かつて、女子レスリングの女王として知られていた…

  2. 2000年代

    イアンソープ…引退理由は「ドーピング」って本当?!

    オリンピックで5つもの金メダルを獲得し、水泳界…

  3. 2000年代

    美勇士の由来と子供の名前にビックリ!?

    父は桑名正博さん(故人)で母は歌手のアン・ルイ…

  4. 2000年代

    丸山桂里奈…「発達障害の弟がいる」は完全にガセ?!実は…

    元サッカー日本女子代表の「丸山桂里奈」さん……

  5. 2000年代

    椿姫彩菜がテレビから消された理由は「オネエ扱い」したから?!

    名門・青山学院大学の現役“女子”大生で、ギャル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. misonoの旦那Nosukeの「精巣がんによる胚細胞腫瘍」…
  2. 北村匠海…父親が北村一輝っていうのは完全にガセ?!
  3. 小宮孝泰…病気説が出ている理由は何なのか?!
  4. 宮尾俊太郎を検索するとなぜ「真矢みき」の名前が挙がるのか?
  5. 飯田覚士…星野敬太郎の元妻・美紀と不倫関係がヤバい?!
  6. 飯田覚士…現在はボクシング塾を経宮している?!
  7. 石田たくみの実家「メロン農家」は茨城のここ!?
  8. 竹内まなぶの実家「スーパータケウチ」は茨城のここ!?
  9. 小園凌央の弟・隼輝は成城大学卒業後は芸能界デビューする?!
  10. 辻岡義堂の実家はこのお寺だった?!その理由とは…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    クロちゃんの元カノ「滝沢かのん」はセクシー女優だったの!?
  2. 2000年代

    池谷直樹…不倫相手・谷口加奈(元新体操選手・A子)と職場不倫?!
  3. 2000年代

    後藤真希…弟・ユウキが原因でモー娘を卒業する?!
  4. 1990年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1996年度)
  5. 2000年代

    おかもとまりの子どもと旦那naoとの結婚秘話!
PAGE TOP