2000年代

片岡鶴太郎はヨガ呼吸法で激やせしている?!





俳優・お笑いタレント・歌手・画家・プロボクサーなど、様々な肩書を持つのが「片岡鶴太郎」さんです。

名前:片岡鶴太郎(かたおかつるたろう)
本名:荻野繁雄(おぎのしげお)
生年月日:1954年12月21日(62歳)
俳優、お笑いタレント、歌手、画家、書家、プロボクサー、ヨーギ(ヨガ実践家)
所属:太田プロダクション
出身:東京都荒川区西日暮里
学歴:東京都立竹台高等学校

そもそも片岡さんが、「古代インドヨガの呼吸法」を、やっていることが知られたのは、2013年の“ダウンタウンDX”にて、紹介したことがきっかけでした。
何でも片岡さんは老化防止や美容にも効果があるとして、「古代インドヨガの呼吸法」を2012年10月から始めたそうです。

そもそも呼吸というものは、年を重ねるごとに横隔膜が弱って、呼吸が浅くなってしまうのだとか…
そうして鼻呼吸ができずに、いつの間にか口呼吸になって来ると、体に弊害が起きるらしいのです。
その鼻呼吸を習慣づけるために良いのが、「古代インドヨガの呼吸法」だったそうなのです。



Sponsored Links
 

片岡鶴太郎が激やせしたヨガ呼吸法のやり方

片岡さんが行う古代インドヨガの呼吸法のやり方は、主に3つのポイントがあります。

1、鼻で空気を吸って、また鼻で空気を吐く
2、その際に腹筋を出したり引っ込めたりして内蔵を意識的に動かす
3、頭だけで支えながら逆立ちをして5分間維持する

これは“ドローイン”と呼ばれるもので、呼吸をしながら意識的に腹筋を引っ込めて、その状態を一定の時間維持したり、また元に戻す動作を繰り返すといったダイエット方法の一つになります。
片岡さんは、この呼吸法や運動を行い、2年間で体重が2キロ減っただけでなく、冷え性緩和や疲れにくい体になったと言います。

このヨガの呼吸法のダイエット方法を続けていたことで、片岡さんが「激やせした」という情報が、ネット上でも飛び交ったのだと思われます。
また、この頃の片岡さんのAmebaブログ、「鶴日和」にはこんなコメントがされていました。

本日2時起床。
呼吸法、瞑想、逆立ちをし、
メローゴールド、湘南ゴールド、ヨーグルト、
豆乳、酵素、梅エキスを食し、
NHK高知密着取材、撮影の為、
5時半にジムワーク撮影。
呼吸法、瞑想、ヨガ体操をテレビ初公開。

2時起床…
“就寝”ではなく“起床”というところに驚かされます。
そしてモデルさんもビックリの食事制限に、
60代とは思えないストイックな運動…

私はまだ60代までは時間がありますが、きっと片岡鶴太郎さんのように、ここまで徹底した食事や運動の管理はできないと思います(笑)
これほど普段からしっかりと、自分自身を磨き上げておられる方だからこそ、優・お笑いタレント・歌手・画家・プロボクサーなど、様々な肩書が持てるのだと、只々、感心するばかりです。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 木佐彩子…石井一久との馴れ初めから結婚に至るまで
  2. 堤大二郎…ロケ中の自動車事故の真相とは?
  3. 福田明日香の脱退理由はイジメだった事を告白 イジメていたのは…
  4. 野坂昭如と大島渚の殴り合いの原因は何だったのか?!
  5. 朝比奈彩…本名「松瀬彩」の実家は洲本市「○○地区」?!

関連記事

  1. 2000年代

    渡辺千穂の年齢や学歴(大学)はどうだっけ!?

    日本テレビ「ウチの夫は仕事ができない」(201…

  2. 2000年代

    西村和彦…二度の「離婚原因」は何だったのか?!

    実家は稲荷神社の総本社、伏見稲荷大社の境内(稲…

  3. 2000年代

    紋舞らん…突然の失踪・引退から現在の状況とは?!

    2002年3月に「知らぬがホットケーキ」(MO…

  4. 2000年代

    内柴正人…事件の経緯と被害者との関係について

    2004年アテネ、2008年北京と柔道66キロ…

  5. 2000年代

    竹内涼真…弟がダウン症というのは完全にガセだと判明?!

    俳優でモデルの「竹内涼真」さん…2013年…

  6. 2000年代

    菊川怜「とくダネ!」卒業後の女性司会者って誰?

    フジテレビ系「とくダネ!」の女性司会者として、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    仁香…柴田翔平(カメラマン)は熱愛が発覚するも「結婚はしない」?!
  2. 1990年代

    小松千春の2017年現在とこれまでを振り返る
  3. 1970年代

    大谷直子…離婚と病気を乗り越えた人生
  4. 1970年代

    中康次…ダイレンジャーや佐々木小次郎などの役者魂
  5. 1980年代

    堀江淳の「死亡説」はこうして生まれた
PAGE TOP