2000年代

西城秀樹…脳梗塞の再発や後遺症を経て

絶唱型の独特の歌唱法と激しいアクションで一時代を築き、1972年のデビュー以来、歌謡界をリードしてきた歌手の「西城秀樹」さんです。

名前:西城秀樹(さいじょうひでき)
本名:木本龍雄(きもとたつお)
生年月日:1955年4月13日
職業:歌手、俳優
所属:アースコーポレーション
出身:広島県広島市
学歴:明大中野高等学校定時制



Sponsored Links
 

西城さんに病魔が襲ったのは2003年、48歳の時でした。
脳梗塞を発症して一時は引退の危機がささやかれたのです。

6月21日、韓国は済州島でディナーショーを開いていた西城さんは終了後「だるい」、「ロレツが回らない」と訴えました。
ショーの翌日に帰国した西城さんは成田空港から、そのまま都内の大学病院に入院…
検査の結果、脳梗塞と判明して10日間入院したのです。

そもそも西城さんは、済州島入りする数日前から「疲れ気味」や「寒けがして声が出ない」などと話していました。
ホテルに着いても「言葉が出ない」、「左の頬が下がっている」などの症状が出たため、電話で日本の医者に相談したところ、脳梗塞の疑いを告げられました。
近くの病院で安静を勧められましたが、プ口意識が強い西城さんは「死んでも仕方ない」と血流をよくする薬を飲んでショーを強行したのです。

西城さんは2001年11月にたばこの吸いすぎによる”2次性多血症”で入院しています。
以来、たばこをやめ、肉類や脂肪分、酒を控えるなど健康に留意していました。
健康管理の一環としてサウナに通い、減量も成功させたのです。

しかし、このサウナ通いが裏目に出ました…
西城さんはボクサーの減量のように水分を控えてトレーニングを行い、ホテルのサウナでも水分補給なしで15分入って水風呂というパターンを繰り返したのです。

脳梗塞は血管が血栓で詰まったり、血流が阻害されて発症する病気…
西城さんの場合は水分補給なしのサウナで脱水症状を起こし、血液中の赤血球濃度が上昇し、ドロドロになり、脳梗塞を発症した可能性が指摘されました。

後に西城さんは「自己流の間違った方法でやっていたのはまずかった。体が出しているサインをもっとしっかり受け止めればよかったなあ」と語っています。
幸い命に別条はなかったものの、手足と口に軽いマヒが残り、喉いても「コップ」や「水」が出てこないなど言語にも影響が出ました。
うつ状態になって「死んでしまおうか」と考えたこともあったといいます。

そんな西城さんを救ったのが家族でした。
「ゆっくり一緒に治そう」の言葉に「3歩進んで2歩下がる」の心構えで焦らずリハビリを始めました。

その甲斐もあり、西城さんは3年目くらいからは完全に調子が戻ったことを実感…
医者からは「奇跡だね」と言われました。

その後、NHK朝の連ドラ「つばさ」に出演するなど活躍するも12月に脳梗塞を再発してしまいます。
今回は右の手足に運動障害が出ました。
長時間立てないため、2012年1月末の公演では椅子に座って歌うシーンもあったのです。
それでも水中運動も取り入れたリハビリで、杖をついて歩けるようになり、「闘っている姿を見て元気を出してもらえれば」と語りました。

西城さんは還暦を迎えた2015年に「ヒデキ還暦!」と題した記念ライブを開催…
同窓界コンサートや、2016年2月13日には西城さんが監修したソフトバンク「Y!mobile」のCMが放送開始し、そこで「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」のメロディーにのせた歌とダンスをプロデュースするなど音楽活動を続けています。



ピックアップ記事

  1. あらぽんの彼女の仕事(職業)って飲食関係?!
  2. 栞菜智世(本名:生田若菜)の大学はフェリス!?
  3. ダウンタウン松本人志のジャニーズに対する予言が怖すぎる件
  4. 長野美郷…結婚相手の一般男性は「ゴールドマンサックス」のあの人?
  5. 大谷隆三・松竹社長が起こした放火事件の真相とは?

関連記事

  1. 2000年代

    堀佳子(人形作家)借金とマネジャーとの関係が疑問すぎる件

    2017年8月17日、著名な人形作家・堀佳子容疑者が逮捕されました。…

  2. 2000年代

    白石小百合…退社理由は香水販売だけでなく「紺野あさ美」など同期だった?!

    2010年4月から「ブランニュー!」(テレビ東京系列)や、「ワールドビ…

  3. 2000年代

    松本明子の息子が通う中学校は成城学園だったの!?

    1983年に歌手デビューし、最近でも「しくじり先生 俺みたいになるな!…

  4. 2000年代

    不法入国で逮捕されたハニホー・ヘニハーの現在とは?

    本名を「カリリ・ファ・エブラヒム(通称:エブィ)」…イラン出身のボ…

  5. 2000年代

    市村正親…篠原涼子との年の差婚の馴れ初めとは?

    劇団四季の俳優として活躍した「市村正親」さん…1984年に同じく劇…

  6. 2000年代

    生島マリカの正体(息子、年齢、癌etc)が壮絶すぎる!!

    自叙伝「不死身の花」の著者、生島マリカさんをご存知でしょうか?13…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 5月 28日

Sponsored Links

最近の記事

  1. 石井裕也(映画監督)…満島ひかりの離婚原因と相楽樹の馴れ初め…
  2. 南沙織と篠山紀信…馴れ初めから結婚に至るまでの経緯を暴露?!…
  3. 岡崎友紀…盛田英夫(盛田昭夫の長男)と強行結婚するも2年で破…
  4. ISSAの結婚相手は誰!?噂のサロンオーナーのAさんとは?……
  5. 錦野旦と武原英子…馴れ初めから結婚後の感動秘話
  6. 井上陽水…石川セリに曲「ダンスはうまく踊れない」を贈って口説…
  7. 竹内順平(立川志の輔の息子)は梅干しを全国広める会社の社長?…
  8. 範田紗々…SODで52本の作品に出演した後はDJに転身してい…
  9. 新藤恵美…最近見ないと思ったら「PUB Vega」でママ業を…
  10. 丸山桂里奈…「発達障害の弟がいる」は完全にガセ?!実は…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    鶴ひろみ…首都高車内での死因は「心臓突然死」?!
  2. 1970年代

    伊藤咲子…城みちるとの恋愛騒動と別れ秘話
  3. 2000年代

    藤澤恵麻…一般男性との馴れ初めから結婚秘話までを公開!?
  4. 2000年代

    武田久美子の元夫の職業は「ファイザー製薬」の営業マン?!
  5. 1990年代

    横山ノック…女子大生セクハラ事件の経緯と結末
PAGE TOP