1980年代

小柳ルミ子と大澄賢也…結婚式でダンスと濃厚キスを披露?!





2007年に話題となった藤原紀香さんと陣内智則さんの「格差婚」…
妻の収入や格が夫をはるかにしのぐ場合に使われるようになったのですが、1980年代の終わりにも「格差婚」カップルが誕生し、芸能マスコミは振り回されました。
小柳ルミ子さんと大澄賢也さんです。

名前:小柳ルミ子(こやなぎルミこ)
本名:小柳留美子
生年月日:1952年7月2日(65歳)
職業:歌手、女優
出身地:福岡市早良区
学歴:宝塚音楽学校

名前:大澄賢也(おおすみけんや)
生年月日:1965年10月26日(52歳)
職業:俳優、タレント、ダンサー
所属:キューブ
出身:静岡県浜松市
学歴:日本大学芸術学部演劇学科




Sponsored Links
 

1989年4月6日、東京・芝の東京プリンスホテルで総費用3億円ともいわれる豪華な披露宴が行われました。
テレビ局やレコード会社の社長、デヴィ夫人、田原俊彦さん、研ナオコさん、堺正章さんらの挨拶がが終わると、新郎新婦の息のあったダンスが繰り広げられ、踊り終わった2人はテレビカメラの前で15秒にも及ぶ、ねっとりとしたディープキスを交わしたのです。

しかも、唾液が糸を引くほどの濃厚さ…
その日の2人のディープキスは合計7回にも及びました。

この結婚式の新婦は小柳ルミ子さん(当時36歳)、新郎は小柳さんのバックダンサーを務めてい大澄賢也さん(当時23歳)…
入籍会見が行われたのは1989年1月6日でした。
二人は前年12月の小柳さんのディナーショーの地方巡業を共にするうちに恋愛関係になったといいます。

小柳さんは当時、歌謡界のスター…
宝塚歌劇団を経て1970年にデビューし、1971年に「わたしの城下町」が160万枚の大ヒットとなり、1971年から1988年まで18年連続紅白出場しました。
女優としても1980年代には映画「誘拐報道」、「白蛇抄」で映画賞を受賞しています。

当時の小柳さんは、五木ひろしさんや作詞家、映画監督、プロゴルファーらと浮名を流し、“恋多き女”といわれていました。
そんな華やかな大物が選んだ相手が13歳年下の、当時無名のダンサー…
これには世間が驚いたのです。

しかも、入籍後の会見や結婚式での小柳さんのノロケっぷりは凄いもの…
「私にとって、彼は星の王子様」、「彼のことを天使と言ってる」、「プロポーズされてから、私うれしくて毎日泣いています」という調子だったのです。

この冷静さを欠いたようにも見えるベタベタぷりと の「格差」から、仕事と結婚生活の両面で先行きを案ずる声は当時からありました。
実際、結婚後2年くらいは小柳さんの独立問題がこじれたこともあり、小柳さんはテレビでの出番が極端に減ったのです。

彼女のヒット曲をもじって「瀬戸際の花嫁」という揶揄まで出る始末でしたが、1992年、出演したテレビ深夜番組「セイシュンの食卓」の2人で踊りながら料理をするコーナーが好評で「おしどり夫婦」として注目され、それ以後は芸能活動は順調に見えました。
ところが、1997年頃から大澄の夜遊び報道や、不仲報道が相次ぎ、結局2000年には離婚…

その後、小柳さんは2007年に、今度は27歳年下の俳優・石橋正高さんと婚約を発表し、またかと騒がれ、破局…
一方、長く独身を通していた大澄さんですが、2013年に女優の岡千絵さんと結婚しています。

小柳さん・大澄さんや藤原さん・陣内さん元夫妻以外にも「格差婚」と呼ばれるカップルの誕生は少なくありません。
しかし、そう評された中で円満に続いるのは田中美佐子さん・深沢邦之さん夫妻くらいで、夫の浮気報道などで離婚に至るケースが多いように感じます。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 荻野目慶子…不倫相の映画監督が自殺して大スキャンダルに?!
  2. ユンソナの現在と反日発言の真相について解き明かす…
  3. ムツゴロウさんの最強伝説を知れば「3億円の借金」はへっちゃら?!
  4. 美川憲一…90年代に起きた度重なる盗難被害の内訳
  5. 青田典子…整形を広島市の医師会でバラされる?!

関連記事

  1. 1980年代

    間寛平…アメマ裁判でも笑いをとる?!

    お笑いだけではなく、マラソンランナーとしても大…

  2. 1980年代

    火野正平…多くの女性遍歴を重ねることができた理由とは?!

    今も昔も芸能ゴシップとして多いのが不倫…

  3. 1980年代

    フランク永井…自殺未遂の原因は何だったのか?!

    「有楽町で逢いましょう」など昭和を代表するムー…

  4. 1980年代

    佐々木つとむ殺人事件の経緯や真相とは何だったのか?!

    ものまねタレントの神奈月さんの師匠で、はたけん…

  5. 1980年代

    奥村雄大…座頭市での事故を経て現在は110キロの巨漢に?!

    座頭市シリーズといえば、「勝新太郎」さんのライ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 佐々木太一が合格したウィスキー最難度の試験MWとは?!
  2. 式守与之吉…休場の原因となった「ギラン・バレー症候群」とは?…
  3. 柴俊夫…嫁の真野響子との馴れ初めや結婚会見のサプライズとは?…
  4. 水原茂(元監督)…弟子・長嶋茂雄に見送られこの世を去る
  5. シャネルズ(CHANELS)改名の理由にシャネルは関係なかっ…
  6. 岡田彰布…嫁の大関陽子とは知り合って2ヵ月で結婚していた?!…
  7. 大林宣彦…肺がんをオプジーボで治療して効果テキメン?!
  8. さいたまんぞう…現在やっている野球審判のギャラっていくらなの…
  9. なかむらみなみ(ラッパー)…衝撃的な過去から現在まで
  10. 藤村有弘…天涯孤独の中、死去する?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    安西ひろこ…年齢サバ読みで成人式に2回出る?!
  2. 1980年代

    志垣太郎…嫁・白坂紀子との馴れ初めから結婚
  3. 1990年代

    森高千里の「顎関節症」との戦いの日々
  4. 2000年代

    前澤友作の自宅と子供の刺青について語る
  5. 2000年代

    峯田和伸(銀杏BOYZ)が実家「峯田電器」を継がなかった理由とは?
PAGE TOP