1970年代

ゴールデンハーフ…エバ・マリア・ルナの現在とは?




 

全員がハーフ(という設定)の女性アイドルグループで、驚異的な視聴率を稼いだドリフターズの番組にレギュラー出演して、人気になった「ゴールデンハーフ」。
メンバーの入れ替わりや脱退が相次ぎ、1974年3月に解散し、5年間の活動に終止符を打ちました。
今回はそんなゴールデンハーフのエバさん、マリアさん、ルナさんの現在についてです。

グループ名:ゴールデン・ハーフ(Golden Half)
メンバー:
エバ(エバ・マリア・バスケス)・・・1953年12月10日生まれ、スペイン人(父)と日本人(母)のハーフ
マリア(マリア・エリザベス)・・・1955年4月30日生まれ、アメリカ人(父)と日本人(母)のハーフ
ルナ(高村ルナ)・・・1952年9月18日生まれ、ドイツ人(父)と日本人(母)のハーフ
ユミ(小林ユミ)・・・1950年8月18日生まれ、両親とも日本人



Sponsored Links
 

「ゴールデンハーフ」は日本テレビ系「ドリフターズ大作戦」のマスコットガールとしてスカウトされ、結成は1969年の夏…
同年秋の番組スタート時はユミさん、エバさん、マリアさんの他、マーガレットさん、タミさん、ミキさんの計6人で活動していました。
番組ではカタコトの日本語コントとお色気が話題だったのです。

番組は翌年3月に終了したのですが、今度は同年8月にスリー・キャッツをカバーした「黄色いサクランボ」でレコードデビュー…
しかし、結成時からそれまでの間にすでに数人のメンバーが入れ替わり、レコーディングはユミさん、エバさん、マリアさんにルナさんとエリーさんを加えた5人で行われました。

デビュー曲リリース後、まもなくタイ人とのハーフ、エリーさんが脱退…
テレビの収録を終えての帰り道、バイクと接触する事故に遭い、後遺症で引退したと報じられましたが、素行不良が原因との噂も流れました。
エリーさんはその後、2度の離婚の末、1986年6月に新興宗教「宇宙連合アストレア」を立ち上げて話題となりました。

エリーさんの後任として幾人かの候補が挙がったものの定着せず…
ゴールデンハーフは4人で活動を続け、「8時だョ!全員集合」(TBS系)にレギュラー出演し、「チョット・マッテ・クダサイ」がヒットしました。

しかし、1972年12月にユミさんが風邪をこじらせて肺炎を患ったことから活動休止し、そのまま脱退…
当初イタリア人とのハーフと称していたユミさんはその後、両親とも日本人であることを告白しており、他のメンバーとの不仲も噂されたのです。

ユミさんは「病気で寝ている間、4年間を振り返ってみたんです。今のまま仕事を続けようか、それとも本来の自分にこのあたりで立ち返ろうかって…」と理由を語りました。

メンバーが次々と脱退したことで人数は半分の3人に…
ケガなどで全員揃っての活動ができない時期もあり、繰り返し解散の噂が流れて、1974年3月31日、ついに正式解散となったのです。

当時を振り返ってエバさんは「私は解散したくなかったし、ずっと歌をやりたかった。でも、マリアは歌は嫌い、ルナは芝居をやりたいというのでそれぞれの道を選んだの」と語っています。

解散後、スペイン人とのハーフのエバさんは一時バラエティー番組などで活躍しバラドルの草分けとなったのですが、その後引退…
製本工場や運送業界に従事し、スナック経営なども伝えられました。

ドイツ人とのハーフのルナさんはロマンポルノ「修道女ルナの告白」などに出演…
結婚引退後はハワイに住み、2004年にがんで亡くなっています。

アメリカ人とのハーフ、マリアさんは一時シスターを志して修道院に入っていましたが、挫折して芸能界に復帰…
森マリアの芸名で時代劇などで活躍していましたが、1990年代中頃に引退しています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 笠木忍…現在は御徒町のスナックで指名待ち?!
  2. 泉ピン子と夫・武本憲重の隠し子問題の真相から現在の様子は?
  3. 松平定知…タクシー運転手暴行事件の真相とはいかに?!
  4. 紀平凱成…天才ピアニストと言われる所以とは?!
  5. 古尾谷雅人の息子・高藤疾土は父親の名前で再び役者を志す?!

関連記事

  1. 1970年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1976年度)

    モントリオール五輪開催され、「およげ!たいやき…

  2. 1970年代

    松田優作は酒癖の悪さで原因で逮捕されたことがある?!

    亡くなった後も熱狂的なファンが多い松田優作さん…

  3. 1970年代

    岡田奈々に起きた監禁事件の真相とは?!

    本名は矢井弘子さん…近年では清純派…

  4. 1970年代

    和田アキ子…最初の旦那・小林甫との離婚理由とは?

    「私がかわいい女じゃなかったということ…

  5. 1970年代

    和田アキ子…過去に起きた「楽屋泥棒撃退事件」とは?!

    愛称は“ゴッド姉さん”やは“アッコさん…

  6. 1970年代

    コメットさんのヒロイン九重佑三子の赤裸々告白

    「週刊ポスト」が当時24歳だった「九重佑三子」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 甲斐バンド…1986年の解散理由に感動させられる件
  2. SALLY(バンド)…解散した理由は「アイドル性」が原因だっ…
  3. 加藤茶…スピード違反で過去に有罪判決を受けていた?!
  4. 奈良岡朋子…マンションの場所はもしかして「銀座タワー」?!
  5. 篠原信一…移住場所は安曇野市の「穂高有明」なの!?
  6. 水沢アキ…元旦那スィーヒとの馴れ初めから結婚まで
  7. 新沼謙治…嫁の湯木博恵との馴れ初めから結婚まで
  8. キャロル解散…矢沢永吉とジョニー大倉は何を語ったのか?
  9. 中森明菜…妹・明穂の自殺未遂事件から父母との関係を紐解く
  10. 畑中葉子…檀雄二とのスピード離婚の理由は「お金」だった?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1960年代

    小森和子…若い頃の驚くべき男性遍歴と武勇伝?!
  2. 2000年代

    蛭子能収…サイコパス的な名言の数々に衝撃?!
  3. 1970年代

    三船敏郎…介護は喜多川美佳でなく元妻・吉峰幸子がしていた?!
  4. 2000年代

    畠山愛理(新体操)の山本湧との熱愛報道から現在まで…
  5. 2000年代

    野村宏伸…年の差15歳で結婚した相手は「木下省子」?!
PAGE TOP