2000年代

大島康徳…阿佐ヶ谷の自宅が欠陥住宅で「細田工務店」と裁判になる?!




 

元プロ野球選手・監督で野球解説者でもある「大島康徳」さん。
プライベートでは5000万円を超える自宅を建て、1994年に引っ越していますが、この新居が欠陥住宅であることを告白しています。

では、そんな欠陥住宅とされる大島さんの自宅はどのような状況だったのでしょうか。
また、大島さんの自宅はどこのハウスメーカー・建設会社が建築してものだったのでしょうか。

名前:大島康徳(おおしまやすのり)
生年月日:1950年10月16日(68歳)
職業:元プロ野球選手・監督、野球解説者
出身:大分県中津市
学歴:大分県立中津工業高等学校




Sponsored Links
 

大島康徳さんの新居建設は1993年に、親戚と一緒にハウスメーカーHの先代社長に面談し、「安心して任せてください」と先代社長の右腕とされる建築部長を紹介されたことがきっかけで始まりました。
大島さんの要望としては地震に強い家であること、台所の食器棚は壁面収納で安全第一であること、防音・断熱であることをお願いしたと言います。

場所は大島さんの妻の実家が近い方が何かと都合が良いことから、東京都杉並区の阿佐ヶ谷を選びました。
土地の広さは32坪、半地下もある地上3階建てで、価格は5000万円を超えました。

自宅の建設はスムーズに進み、1994年に引渡しが終わります。
当時の大島さんはちょうど現役を引退した頃、これからのプロ野球解説の仕事や家のローンのことで頭がいっぱいで、妻の「(新居が)欠陥住宅ではないか?」という意見も、それほど重要視していませんでした。

しかし、徐々に大島さんも自宅の異変に気がつきます。
2002年に大島さんが監督を退任し、家にいる時間が多くなってからは、さらに家が不具合だらけであることに気がつきます。
一例をあげるのこのようなものでした。

・断熱材が無い
・すきま風がすごい
・設計図を無視している
・蛍光灯を接着剤で固定している
・洗濯機で家が揺れる
・車庫が浸水する
・雨音でテレビの音も聞こえない
・エアコンから水があふれ出した etc

専門家の調査によると、16ヵ所もの大きな欠陥が見つかったとのことでした。
また、ハウスメーカーに自宅の欠陥に対して修繕の依頼をしても、こちらが費用を負担するケース以外は積極的に動いてくれなかったと言います。

酷い時には雨漏りを指摘すると、応急処置だと言ってその部分にティッシュを詰めて、1年半もほったらかしにされたと大島さんは語っていました。

こうしたハウスメーカーの不誠実な対応が重なったため、何度も催促せざるを得なかったのですが、その行為がクレイマーだとされてしまいます。

そこで大島さんは、建築ジャーナリストの岩山健一さんに家の検査を依頼し、その検査結果を持って会社に対応を求めたのですが、それでもなかなか回答を出てきませんでした。
そうして2ヵ月が過ぎたある日、突然裁判所から調停の書類がと届いたのです。

つまり、ハウスメーカー側が大島さんを訴えたのです。
その訴状には大島さんの人格を否定するような表現があったとのことで、到底納得できない事態に弁護士に相談して裁判をすることになりました。

ここから5年半も続く裁判が始まったのです。
持病を抱える大島さんにとって、この裁判はまさに命がけでした。

では、大島さんと裁判をすることになったこの「ハウスメーカーH」とはどんな会社だったのでしょうか?
杉並区阿佐ヶ谷でハウスメーカーを検索してみると「細田工務店」(株式会社細田工務店)という建設会社があがってきました。

細田工務店はイニシャ儿はHで、Wikipediaで「杉並区」を調べてみると、主な企業としても紹介されている地場のハウスメーカであることがわかります。
また、インターネット上でもいくつか大島さんが裁判をしていた建設会社が細田工務店だという記載もありました。
もちろん、推測の域を出ませんが、かなり可能性は高いのではないでしょうか。

裁判結果は到底納得のいくものではなかったという大島さん…
現在、大島さん一家はマンションに引っ越して、大人4人とペット1匹で2LDKの部屋で暮らしています。

杉並区の自宅は別の建設会社・秀光ビルド(株式会社秀光ビルド)に依頼しました。
大島さんは秀光ビルドの社長と直接会い、今回裁判に至ってしまった経緯や将来への不安などについて話したところ、誠意をもって対応してくれたとのことです。

長かった裁判も終わり、今度こそ大島さんが望むような自宅に家族みんなが安心して過ごせるようになればと願うばかりです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 堀江しのぶ…死因の「スキルス性胃がん」を知らずにこの世を去る
  2. 倉持明日香…自宅には「小さいおじさん」がいる?!
  3. 宮沢磨由の妹「宮澤那名子」はヴェルサイユ宮殿で歌った最初の日本人のメンバーだった…
  4. 春日俊彰(オードリー)…結婚相手とされる彼女Kのインスタを発見?!
  5. 清原和博の元彼女(愛人)はリッツクラブの雇われママ!

関連記事

  1. 2000年代

    石坂浩二…浅丘ルリ子と離婚してスピード再婚したのはDr.コパの影響?!

    今や俳優業にとどまらず司会者、作家、画家など多…

  2. 2000年代

    福原愛と錦織圭…熱愛報道から破局に至った理由とは?!

    誰もがご存知の今や一流アスリートとして知られる…

  3. 2000年代

    森脇和成の結婚や離婚・子供など現在まで色々とあった件

    元猿岩石であの有吉弘行さんの相方であった森脇和…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 金村義明…息子がキャディを始めたワケとは一体?!
  2. 紺野ぶるま…旦那はオードリー若林似の会社員?!
  3. 佐藤二朗…嫁のルミは息子に「オジサンみたい」と言われたことが…
  4. 清貴…LGBTをカミングアウトして本来の自分を取り戻す?!
  5. つちやかおり…娘(次女)は病気を乗り越えグラフィックを学んで…
  6. 山本譲二…交通事故で全治2ヵ月の重傷を負ったことがある?!
  7. 古尾谷雅人の息子・高藤疾土は父親の名前で再び役者を志す?!
  8. 王理恵…姉は理香で妹は理沙で2人とも一般女性?!
  9. 安田猛…患った癌(がん)はどのようなものだったのか?!
  10. 阿藤快…息子・基と元嫁・雅恵との関係や現在の活動について
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    田淵幸一…前夫人・谷口博子との馴れ初めから結婚披露宴
  2. 2000年代

    佐渡裕…再婚相手の公子と芦屋の自宅にワケアリ!?
  3. 2000年代

    misonoの旦那Nosukeの「精巣がんによる胚細胞腫瘍」ってどんな病気?
  4. 2000年代

    小園凌央の弟・隼輝は成城大学卒業後は芸能界デビューする?!
  5. 1980年代

    堀江淳の「死亡説」はこうして生まれた
PAGE TOP