2000年代

安田顕…かわいい娘を慶応義塾中等部に入学させる?!




 

「奇跡を呼ぶ男」や「ミラクル安田」、「やってはいけないことをやってしまう男」などの異名を持つ俳優の「安田顕」さん。
そんな安田さんは2002年に北海学園大学時代から8年間付き合っていた一般女性と結婚しています。

2004年に娘が誕生し、2017年には中学生になり、見事に慶応義塾中等部に合格しました。
実はこの中学受験にはこのような背景があったのです。

名前:安田顕(やすだけん)
生年月日:1973年12月8日(45歳)
職業:俳優、タレント
所属:CREATIVE OFFICE CUE
出身:北海道室蘭市
学歴:北海学園大学経営学部




Sponsored Links
 

2004年には念願の第一子(娘)が誕生した安田顕さん。
安田さんの娘は2017年から慶応義塾中等部に入学にしていますが、実はこれにはワケがあリました。

元々、家族は北海道で暮らしていました。
しかし、徐々に安田さんの仕事が忙しくなっていきます。

そのため安田さんは東京に単身赴任…
娘と妻は北海道に残ることになりました。

そうして、どんどんと多忙になって来た安田さん…
北海道へ帰る機会が少なくなり、月に一度と北海道に帰るというような生活を送っていました。

しかし、安田さんは携帯の待ち受けは娘さんの写真、「疲れた時に奥さんと娘さんから来たメールを何度も続み返すと元気になる」というほどの愛妻家で 娘がかわいくて仕方がありません。

テレビ番組で「奥さんにしても娘にしても頭が上がらないです。感謝しかありません」と話し、娘への想いを語っています。
そんな状況を何とか打開したいと思った安田さんは家族を東京に呼ぶことを考えます。
そのために娘の中学受験を東京にしたのでした。

しかし、娘さんが受験したのは外部か受験が難しいと言われる慶応義塾中等部です。
娘は1年間ずっと塾に通って受験勉強を行い、夏休みなどは上京して夏期講習を受けるなど猛勉強し 見事に2017年4月に慶応義塾中等部へ合格したのです。

ちなみに、2017年の慶応義塾中等部(女子)の一次入試の出願者は420名(受験者数347名)でした。
2012年以降で最多の受験者数だったのです。
合格者は126名で実質倍率は2.75倍となりました。

また 一次合格者のみで行われる二次入試の状況(女子)の受験者は122名で、合格者数は56名でした。
実質倍率2.18倍となっています。
つまり、一次から考えると受験した347名のうち合格できるのは56名で、実質倍率6.2倍(合格率は16.13%)と非常に挟き門だったのです。

2019年の今年はちょうど中学3年生になる年齢です。
そのため高校受験が控える年にもなりますが、おそらく慶応義塾女子に進学されるのでは思われます。

娘が合格したことで、安田さんも「これで、ずっと一緒にいられる」とコメントしていました。
かわいい娘が見事に東京の名門中学に入学できたこと、これからは東京で暮らせることなど、本当に心から嬉しかったのだと思います。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 「ナンシー久美の店」は横浜駅西口で母親が運営するスナックだった?!
  2. 尾野真千子…元旦那の名前は「森博貴」で双子の兄はCEO?!
  3. 多岐川裕美…元夫・阿知波信介との婚約発表会見とその後
  4. 西川きよしは「シーランド公国」の伯爵になっている?!
  5. 鳳啓助…元嫁(鏡子)に勝手に離婚届を出されていた?!

関連記事

  1. 2000年代

    イアンソープ…引退理由は「ドーピング」って本当?!

    オリンピックで5つもの金メダルを獲得し…

  2. 2000年代

    高橋みゆき…旦那の倉本裕希との馴れ初めはバーだった?!

    バレーボール選手で、現在はタレントとし…

  3. 2000年代

    磯野貴理子…行列のできる法律相談所で元旦那が懺悔?!

    「結婚できない女」がウリだった「磯野貴…

  4. 2000年代

    芸人・口笛なるお…結婚後もキレ芸を続けていくのか?!

    「わらふぢなるお」は、サンミュージック…

  5. 2000年代

    細木かおり…旦那は細木浩汰で子供3人の誰かが後継者となる?!

    タレントとして、また占術家として名高い「細木数…

  6. 2000年代

    福山雅治…結婚のショックで株価も下落?!

    「信じられない」…「ウソじゃないの?」…あちらこちらから女性た…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで
  2. 1980年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1984年度)
  3. 2000年代

    一柳亜矢子アナウンサー…バツ2から3度目の結婚相手Tまでの経緯
  4. 1980年代

    小池朝雄(刑事コロンボの声優)…肺不全(死因)のためにこの世を去る
  5. 2000年代

    芹那が消えた理由は「声」だけではなかった件
PAGE TOP