1990年代

FUJIWARA原西…死神に遭遇した話(怖い話)を検証してみた件





ラリーゴ、はらにっちゃんでおなじみのFUJIWARAのボケ担当「原西孝幸」さん。

バラエティー番組では一発ギャグを披露することが多く、常に明るいキャラクターの原西さんですが、過去に経験したとても恐ろしいエピソードを持っていました。

そのエピソードというのが、彼は中学時代に「死神」に遭遇した…
という話なのです。

名前:原西孝幸(はらにしたかゆき)
生年月日:1971年3月5日(47歳)
職業:お笑い芸人
出身:大阪府寝屋川市
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
学歴:奈良大学文学部地理学科(中退)




Sponsored Links
 

くり返しにはなりますが、お笑い芸人FUJIWARAの原西孝幸さんは、中学時代に「死神」に会ったことがあるといいます。

若い頃の原西さんは、夜中、家を抜け出しては近所の公園に仲間2人と集まっては一晩中遊んでいました。
この公園は上と下の二層構造になっており原西さんはいつもは上の公園で仲間たちと遊んでいたそうです。

ある夜、下の公園で1人でブランコに乗る不気味な女性を見かけました。
原西さんと1人の友人には女性はうつむいているように見えたのですが、残る友人にはこちらを向いてニタリと笑ったように見えたのだそうです。

翌日、女性に笑いかけられた友人が自転車を運転中、車にはねられ死亡してしまいました。
この死亡事故から原西さんは自分たちが出会った女性は死神ではないかと思っているといいます。

死神がはたして人間の姿をしていたのか不明ではありますが、実は昭和の日本で「死神の夫」と呼ばれた人物が実在していました。
1950年1月17日付けの毎日新聞社会欄に「死神の夫」と題して以下のような記事が掲載されています。

「結婚魔か否か、集団見合いで結婚した男が7年間の間に4度も結婚し、そのうち3人の新妻が妊娠中に死亡したほか近親者4人が死んでいるという『死神』を持ち歩く謎の男・K(仮名31歳)が署の尋問で捕まった」と…

記事には1950年5月、Kの3人目の妻であるTさん(仮名)と、その父親がたて続けに亡くなったことから、当時の夫であるKが捜査線上に浮上しました。
しかし、Kの話で自分は計3回結婚しているが、何故か自分と結婚する女性はみんな不幸になる、と自供しているのです。

Kは結婚願望が非常に強く、若い頃から集団見合いや結婚相談所を利用していましたが、これまで妻が妊娠すると必ず難産になり胎児を含む計6人が死亡していました。

Kと結婚した女性は難産による死亡のため事件性はなく、Tさんの父親の死亡も全くの偶然のため、Kは逮捕されるものの証拠不十分として4日後に釈放されています。

その際に「死んだ3人の妻の霊を弔うため信仰の力を使い再出発したい」と警察官に語っていたといいます。
その後のKの消息はわかっていません。

1950年当時は食糧難により胎児および妊婦が多く死亡していた時期であり珍しいことではありませんが、数年間の間に3人の愛した女性および胎児が死んでいたという事実は悲惨というほかありません。

原西さんが見たという女性の死神も100%完全に否定できないような気持ちになってしまうエピソードでした。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 三上真奈アナの悪評にライアン小川は耐えられるか?
  2. 岡村孝子…石井浩郎との馴れ初めから離婚まで
  3. 上原さくら…元旦那と泥沼離婚を経て現在は「東海大」の大学生?!
  4. 野坂昭如と大島渚の殴り合いの原因は何だったのか?!
  5. おいでやす小田が結婚した経緯がネタより面白い?!

関連記事

  1. 1990年代

    田原俊彦のジャニーズ 退社理由がお粗末?!

    1994年に失言が理由で一時、芸能界を追放され…

  2. 1990年代

    脚本家・ジェームス三木…女性関係を元妻に暴露され泥沼離婚

    脚本家として一時代を築いた「ジェームス三木」さ…

  3. 1990年代

    安田成美のNHKドラマ「春よ、来い」降板劇の裏側とは?

    宮崎駿監督の長編アニメ「風の谷のナウシカ」(1…

  4. 1990年代

    具志堅ティナ…現在は専業主婦ですでに引退していた?!

    現在、30代くらいの人にとっては妙に懐かしい女…

  5. 1990年代

    伊丹十三…死因の真相は本当に写真週刊誌が原因だったのか?!

    「マルサの女」、「マルタイの女」を始めとした「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    加山雄三…父・上原謙と共にホテルの経営破たんに頭を悩ませた日々
  2. 1960年代

    中村メイコの旦那や息子・次女や娘婿(杉本哲太)が凄い!
  3. 2000年代

    磯野貴理子…行列のできる法律相談所で元旦那が懺悔?!
  4. 2000年代

    宍戸錠…家族の反対を押し切り整形して頬の膨らみを除去!?
  5. 2000年代

    大成安代アナウンサー…元夫と離婚した理由とは?
PAGE TOP