1990年代

林真理子…夫・東郷順との馴れ初めと結婚秘話について




 

デビュー作“ルンルンを買っておうちに帰ろう”を皮切りに、直木三十五賞(1986年)や吉川英治文学賞(1998年)などを受賞した小説家の「林真理子」さん。

私生活では1990年に36歳でサラリーマンの一般男性とお見合い・結婚しています。
今回はそんな林さんの結婚式に関するお話です。

名前:林真理子(はやしまりこ)
本名:東郷真理子(とうごうまりこ)
生年月日:1954年4月1日(64歳)
職業:小説家、エッセイスト
所属:有限会社林真理子企画事務所
出身:山梨県山梨市
学歴:日本大学藝術学部文芸学科




Sponsored Links
 

林真理子さんが、エリートサラリーマンの東郷順(とうごうじゅん)さんと、東京カトリック神田教会で挙式したのは1990年の5月18日のことです。
1月14日にお見合いしてから、わずか4カ月のスピード結婚でした。

当時、恋多き女性というイメージの強かった林さんが、お見合い・電撃結婚というニュースは周囲を驚かせました。
けれども本来なら挙式と同時に入籍して、名実ともに夫婦になるのですが、東郷さん夫妻はずっと未入籍のままだったのです。

そのために色々な憶測が出ていたのですが、林さん自身が1990年11月に「この2~3年は、夫婦別姓でいこうと思っています」と発言しており、時代の先取りをする林さんらしいと周囲から受け止められていたのです。

しかし、1991年の1月17日、林さんは突然入籍を済ませ、東郷真理子となりました。
入籍手続きしたのは東郷さんの母親で、この日に新宿区役所に行って届けを出したと言います。

夫婦別姓を主張していた林さんが、突然入籍に踏み切ったのには何か理由があったのか?
東郷さんの母親によると、東郷さん夫妻は1991年元旦に東京・渋谷にある新居で林さん手作りのおせちで新年をお祝いした後、2人で連れ立って新宿にある東郷さんの実家に新年の挨拶に行ったと言います。

元日には特に入籍に関する話は出なかったようですが、1月16日になって、今度は2人が母親を夫妻の新居に招待します。
そして、その時に東郷さんが「よろしくお願いします」と言って、入籍の書類を託したとのことでした。

東郷さんの母親は、忙しいために手続きに行く時間がない2人に代わって、翌1月17日に届けを済ませ、夜になってから手続きを終えたことを連絡しています。
しかし、夫婦別姓については、

(真理子さんから)夫婦別姓の話は聞いてはいませんが、だからどうという心配も全然しておりませんでした。

と入籍に関して東郷さんの母親は語っています。

なぜ、突然入籍を思い立ったのかに関しては、林さん自身のコメントもなく、母親も「頼まれたので届けに行った」と説明するだけで、真意は明らかになりませんでした。

また、入籍と同じくして浮上していたのは、林さん妊娠説です。
当時、林さんのお腹がふっくらと盛りあがっており、「妊娠4カ月くらいではないか?」という噂が出ていたのです。

妊娠ということになれば、突然の入籍も納得がいくのですが、この件に関して林さんは次のように語っていました。

友達なんかにも、妊娠4カ月とか言われてますけど…最近、胃腸科系の病院に通っているのを産婦人科と間違えているのかもしれませんね。私、お正月太りでお腹が出ているんですよね。

と完全否定しており、林さんの母親も「別に子供のことは何も聞いていません」とコメントしています。
実はこの時の妊娠騒ぎは、林さんのただの食べすぎだったようです…

とにかく入籍も終わり、正式に夫婦となった林さん。

(入籍そのものは)そんなに嬉しくはないですね。食事を一緒に食べに行ったりして、結婚生活は楽しいですが、特に妻になったという喜びはありません。これは結婚してみて、初めてわかったことですけど。

とクールなコメントを語っていました。

その後2人は、身内向けの披露宴でフランス料理の最高級レストラン・トゥール・ダルジャンを借り切り、一般の披露パーティーは赤坂プリンス旧館で会費制で行ってことでも話題になりました。

そうして入籍から9年後、今度こそ正真正銘の妊娠が発覚し、1999年2月に林さん44歳の時に長女を出産しています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 桑田佳祐と原由子…子供「祐宜」の出産秘話とは?!
  2. 中森明菜…自殺未遂事件の会見と真相について
  3. 鶴ひろみ…首都高車内での死因は「心臓突然死」?!
  4. 和田アキ子…過去に起きた「楽屋泥棒撃退事件」とは?!
  5. 最上もがは年齢が限界で「でんぱ組.inc」を脱退したのか?!

関連記事

  1. 1990年代

    君島一郎…勃発した骨肉の争いと君島グループの行方

    ドラマでもお馴染みですが、有名人の死後、勃発す…

  2. 1990年代

    RIKACOと渡部篤郎…結婚の馴れ初めと離婚理由とは?

    1980年代からモデル、タレント、女優…

  3. 1990年代

    森脇和成…「消えた」と言われながらも舞台で活躍していた?!

    「そう言えば一時期、復帰したはず」…けれど…

  4. 1990年代

    柏原崇は干されたのではなく現在は中国で大活躍中?!

    1993年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテ…

  5. 1990年代

    森高千里の「顎関節症」との戦いの日々

    1986年に行われた「第1回ポカリスエ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 芹洋子…愛馬・キヨヒメで5000万円近くも稼いでいた?!
  2. 美川憲一…大麻取締法違反で逮捕される前に行った釈明会見とは?…
  3. 千昌夫…40億円で香港のホテルを買収したことがあった?!
  4. 金沢明子…若い頃に多忙とストレスで声が出なくなったことがある…
  5. 玉元光男…妻の牧野由美子との馴れ初めから結婚まで
  6. 清水紘治と大谷直子の馴れ初めと結婚・離婚まで
  7. 宇野重吉…息子・寺尾聰も知らなかった生前の昔話
  8. NOKKO(レベッカ)…過去に急性虫垂炎になったことがある?…
  9. 一世風靡セピア…解散の理由は何だったのか?!
  10. つのだ☆ひろ…妻の狭間詠子との馴れ初めは「メリー・ジェーン」…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    秋吉久美子の天然は結婚や出産の時から発揮されていた?!
  2. 1990年代

    「つみきみほ」は現在も変わらず活動中?!
  3. 2000年代

    小林幸子…紅白を落選しても大豪邸の自宅が購入できるワケとは?
  4. 1970年代

    ちあきなおみ…現在も夫・郷鍈治(ごうえいじ)との死別により活動休止
  5. 2000年代

    山本モナ…細野豪志と二岡智宏との不倫で二度も番組降板?!
PAGE TOP