1970年代

伊藤咲子…城みちるとの恋愛騒動と別れ秘話

1979年3月16日の昼下がり、東京・溜池にあるレコード会社の一室で会議が開かれていました。
出席者は同社の制作部長、邦楽本部長、宣伝部長、チーフプロデューサー、プロダクションの役員、そして「伊藤咲子」さん(当時20歳)です。

名前:伊藤咲子(いとうさきこ)
本名:千葉咲子
生年月日:1958年4月2日(59歳)
職業:歌手
所属:ミュージック・オフィス合田
出身:東京都
学歴:堀越高等学校




Sponsored Links
 

伊藤さんは前年の1978年12月から芸能活動を休止していました。
彼女は事務所やレコード会社から“恋をとるか歌をとるか”を迫られていたのです。
結論が出るまで仕事を入れないとまで言われていました。

それから3カ月、恋人と別れることを決断した伊藤さんがそのことをレコード会社に報告しに来たのでした。
時間にわたる話し合いの末、歌手活動の再開が決まったのです。

恋人とは城みちるさん(当時21歳)…
2人とも「スター誕生!」出身です。
1973年12月「イルカにのった少年」でデビューした城さんに続いて、伊藤さんも1974年4月「ひまわり娘」でデビュー…
アイドルとして華々しいスタートを切っていました。

レコード会社も通う高校(堀越学園)も同じ…
一緒のステージに立つことも多く、10代半ば2人は互いに好意を持ち始めました。

伊藤さんは城さんのマンションに行って勉強を教えてもらったり、同居する姉の手料理をごちそうになったりしていました。
プラトニックな関係が大人の愛に変わるのは、城さんが1976年、突然芸能界を引退して駒沢大学に進んでからです。

城さんが引退したのは近い将来、広島の実家が営む電器店を継ぐことを決意したから…
あっさり芸能界を去る潔さに伊藤さんは惚れ直し、城さんと結婚したいと真剣に考えるようになったのです。

伊藤さんはだんだん仕事に身が入らなくなりました。
城さんのことばかり考えるようになったからです。

泊まりの地方公演を日帰りにするように要求したり、長期巡業を拒否して、周囲のヒンシュクを買ったのです。
少しでも長く城さんと一緒にいたいという女心でした。
そんな時に歌か恋かの選択を迫られたのです。

2月26日深夜馴染みの新宿の喫茶店で2人は話し合います。
いつも相談相手になってくれる店のマスターも同席する中、伊藤さんは涙をこぼしながら「やっぱり歌を捨てられない」と切り出しました。
悩み抜いた末の結論だったのです。

城さんは「サッコが歌を選ぶのなら、引き留めたりはしない。ボクの分までがんばって欲しい」とエールを送りました。
そして2人の恋は終わったのです。

その後、城さんは大学を中退し、家業を継ぎました。
25歳で結婚しましたが、すぐに離婚し、「風雲!たけし城」で芸能界復帰…
30代半ばで広島の地元タレントと再婚しています。

伊藤さんは31歳で飲食店経営の実業家と結婚…
夫が経営する会員制クラブのママに転身しますが、49歳で離婚しました。
その後は2010年に会社員と再婚し、芸能活動を続けています。

別々の人生を歩む伊藤さんと城さんが共演を果たしたのは2012年11月…
26年ぶりに復活した「レッツゴーヤング」のコンサートに一緒に登場したのです。
伊藤さんが「私たち付き合っていました」と笑顔で告白…
別れてから30年以上が経過していました。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 東野英治郎…30年の別居の末に息子の承諾なしに再婚する!?
  2. 竹内涼真…弟がダウン症というのは完全にガセだと判明?!
  3. 永瀬正敏…小泉今日子との馴れ初めと離婚理由とは?
  4. 西川きよしは「シーランド公国」の伯爵になっている?!
  5. 長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1975年)

関連記事

  1. 1970年代

    アグネス・ラムは現在もしっかりと稼いでいる?!

    ここ最近で話題を呼んだ黒船グラピアアイドルといえば、2006年に来日し…

  2. 1970年代

    欧陽菲菲…夫・式場壮吉との出会いと結婚

    片言の日本語人気で「雨の御堂筋」、「ラヴ・イズ・オーヴァー」を大ヒット…

  3. 1970年代

    紅白のトリだった美空ひばりが出演NGとなったワケとは?

    1973年11月21日、NHKから紅白歌合戦の出場メンバーが発表されま…

  4. 1970年代

    田宮二郎…自殺の原因と2人の息子の現在とは?!

    俳優や司会者として活躍し、クールで憎いほどダンディーだった「田宮二郎」…

  5. 1970年代

    倍賞美津子とアントニオ猪木の馴れ初めから離婚まで…

    最近でも「君に捧げるエンブレム」(2017年・フジテレビ)や「マッサー…

  6. 1970年代

    海原小浜の半生と孫のやすよ・ともこ

    上方漫才界の生き字引…1975年に「上方お笑い大賞」を受賞し、上方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 三浦洋一…死因の「食道がん」を明かさずに舞台に挑んでいた?!…
  2. 金原あすか…現在は「愛内りりあ」に名前を変えて活動中?!
  3. 沖田浩之…自殺(死因)の理由は家系が関係していたのか?!
  4. 河相我聞…現在はラーメン屋を廃業して息子たちが活躍中?!
  5. 尾崎亜衣…彼氏との関係と今後の姉妹の活動について
  6. 工藤兄弟…今現在の姿は体操教室やサマーキャンプを主催している…
  7. 田村英里子…降りかかった事件の数々を振り返る
  8. 松田聖子…コンサート中に暴漢に襲われ怪我をする?!
  9. 今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで
  10. 野坂昭如と大島渚の殴り合いの原因は何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    矢田亜希子…押尾学との結婚・離婚を経た現在
  2. 1970年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1979年度)
  3. 1980年代

    松本明子と旦那のなれそめに兄弟が関係している?
  4. 1970年代

    泉谷しげる…過激な発言で番組を打ち切りに追い込む?!
  5. 1990年代

    プリンセス・プリンセス…解散から再結成までの経緯
PAGE TOP